亡霊もどきの成仏

「あまちゃん」、アキにだけ見える若春子の亡霊もどき。
前に書いた時は「春子のかなえられなかった夢の象徴」と思ったんだけど、それとは別に、
「歌われるべき人に歌われなかった潮騒のメモリー」という歌の象徴だったんですねえ。
もっと言えば「潮騒のメモリー」という歌に関わったアイドルとアイドルになれなかった女の子二人の心の象徴か。
どっちも辛かったし、どっちも割り切れないものを抱えてここまで来た。
でも春子がそれを吹っ切って、で、今回鈴鹿さんも吹っ切れて(鈴鹿さんの勇気はすごいと思う)、これでやっと若春子の亡霊もどきは真に成仏できた……ってことなんでしょうね。

で、なんでアキにだけ彼女が見えたのかというと、彼女がアキの生みの親みたいなものだからだろうな。「潮騒のメモリー」という歌がもたらした運命の絡み合いがなければ、アキはこの世に存在しない子だからです。
とんでもない因縁にまみれている歌だからこそ、歌そのものに念が残っちゃったみたいな感じ?
でもそこは春子のキャラクターのおかげでドロドロしてなくて、さわやか感すら漂っていて良かったですね。

にしても、この展開は驚いたなー。
太巻が大泣きするのも当然だ。
これでホントのホントに太巻も解放されるだろう。
鈴鹿さんの歌声はそれほどの威力がありました。

鈴鹿さん、さすが女優。
十回に一度以下の確率だったのに、本番で合わせるなんて本当にプロです。プロのアイドル、アイドルのプロ。
歌詞の替え方も感動的なまでに気がきいてた。
歌の意味、海女カフェで歌う意味、映画でアキの母親役を務めた意味、全てのことをきちんとわかっているからこその歌詞でした。

薬師丸ひろ子の歌、久々に聞いたけど相変わらず綺麗だったなー。
ドラマの最後にこの歌を歌うため彼女をキャスティングしたというのなら大当たりだ。
これ、キョンキョンと入れ替わってたらどっちも合わないしね。
ホントぴったりの配役になってると思います。

笑顔の若春子の真正面アップは昔のキョンキョンぽくてかわいかったですね。
思えばあれほどの若春子の笑顔、これまでなかったかもしれない。
彼女が心の底から幸せそうにしているのが印象深かったです。
こっちも幸せな気持ちになりました。
[PR]
by teri-kan | 2013-09-26 00:56 | 朝ドラ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 海女と甘とアマの「あまちゃん」 「ウネルヴィル城館の秘密」 >>