お兄さんがすごい人、旦那さんがすごい人

井上真央が主演を務める再来年の大河ドラマは「花燃ゆ」。
主人公は吉田さんちの文(ふみ)さんだそうです。
……って、ダレソレ?

ホントに誰それ?ですよね。
なんと吉田松陰の妹さんなんだそうです。
で、久坂玄瑞の奥さん。
のちに群馬県初の県令(県知事)の楫取素彦(かとりもとひこ)と再婚。
幕末・維新という激動の時代を生きた女性ということらしいです。
……ふーん、へええー。

NHKこれでいいのか?と正直問いたい。
かなりビックリしましたよ。
多分ドラマの序盤はお兄さんの活動をメインに話が進んでいくんだろうな。
で、お兄さんと仲良しの人、というかお兄さんと同志の幕末の志士と結婚し、彼の死後は明治に活躍する大人物と結婚する。そして夫を支え、新しい時代の地域・国家のため尽力し……って、どっかで見たことある話ですよねー。
って、今見てるじゃん。
まんま八重さんじゃん。
本当に、これでいいのか?NHK。

あまりにあからさまで驚きました。
もしかしたら「八重の桜」で長州が悪者になりすぎたためなのかなあと、変な深読みしてみたりもしました。
長州の事情もドラマにしないとバランスが悪いと思う人もいるだろうし、そういった裏事情が働いてるのかなあとか。

いやあ、だってねえ、そうでも思わなきゃ今年の焼き直し感がハンパない。
超マイナー人物なうえに時代も生き方もほぼかぶってるような女性が主人公なんてねえ。
井上真央、ハズレを引いちゃったかなあ……。

長州を舞台にするのはいいと思うんだけど、無理して女性を主人公にしなくてもいいんじゃないかと思いますね。
長州は徳川にとことん冷遇されたせいでとてもドラマ的だし、長州女目線も面白そうなんだけど、「八重の桜」と近すぎるのがね、如何なものかって感じです。

それに、どうですかねえ、会津の人にとっては。
今でも恨んでる人は恨んでるって聞きますしねえ。
長州には長州の事情があるのはわかってるんだけど、たとえば「八重の桜」を見てても、斗南藩のあれは会津人の人減らしとしか思えないやり方だったし、いろいろとやっぱりひどいよなあと思っちゃいますもんね。

それに、最近幕末多すぎ。
戦国時代も飽きたけど、もっと他に目新しい時代はないのだろーか。
古代やってよ古代。
マイナー女性を軸に添えて周囲の有名人を動かすドラマを作るなら、河内源氏の歴史を主人公3人交代でやるとか、型にとらわれないものをやってみてもいいんじゃないかなー。
サブタイトルは血みどろの一族。
これはこれで面白そうじゃないかい?

まあ毛利家が結構出てきそうな感じなのは楽しみです。
薩摩や土佐は殿様がよく登場するのに、毛利の殿様はとんとドラマに出てきませんからね。
長州藩士と毛利の殿様の関係は他とちょっと違ってるし、そこら辺は楽しみです。

文さんについては……なんとも言えん。
井上真央がんばれとしか。
「八重の桜」とかぶらないようにねって感じです。
[PR]
by teri-kan | 2013-12-06 15:22 | 大河ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< サッカー四国デー 新スタジアム構想 >>