春ですね

忙しいですね。
外は花盛りですが、3月後半はバタバタしてました。
バタバタしてる間にフィギュアの世界選手権が終わっていました。
ちょっとだけ見たけど、日本人選手頑張ってましたね。

浅田のSPは素晴らしかった。
浅田のいいところが最大限、パーフェクトに発揮されていたと思います。
伸びやかな手足、大きくて柔らかな動き。
体がよく動いてましたね。
調子いいんだろうなあと思いました。
フリーは1個ジャンプがもったいなかったけど、そもそもソチを越えるものを求めるのが難しかったか。
あの時のあれはあの場でしか表現できないものだったでしょうから、あの演技にTVの前とはいえ立ち会えたことを幸運と思うべきなんだろうなあ。
素晴らしいSPは今回見れたし、トータルで考えたら良いシーズンだったですね。

羽生と町田の戦いも面白かった。
どちらも意地のフリーだった。
男子は来シーズンも日本勢で楽しめそう。

鈴木はお疲れ様。
スケート人生って選手それぞれなんだと教えてもらいました。
演技力という点では日本選手の中で一番だったでしょうか。
高橋はダンスで一番って感じだし、うん、日本選手はそれぞれ強みを持った個性的な選手が揃ってましたね。

浅田はどうするのかな、これから。
もうゆっくり休めばいいじゃんとも思うし、もったいないとも思うし、悩ましいですね。
こっちが決める話じゃないんだけど、こっちまで悩ましい。
他の選手が「どの技が高得点か」といった基準の下で汲々としてるように見える中で、自分の可能性にこだわる浅田の姿勢は好ましかったです。
アスリートはチャレンジしてなんぼだと思ってるんで、いろいろ失敗してもチャレンジし続ける浅田は本当にアスリート。
なので、それが見られなくなるのは残念かなあ。
採点を含めたスケート業界の環境がもっとよくなれば「もっと続けてくれ」って心から思えるんですけどね。



これは全然競技内容と関係ない話なんだけど、フジの実況の人の言い回しって、なんか変わってますよね。
もう前から思ってることなんだけど、もうちょっと、こう、なんていうか、もう少し、こう、普通にならないものですかねえ。
ソチの男子のフリーの実況もこの人だったですよね?
羽生のフリーの最後で手のひらを氷の上に置くところ、TVでビデオが流れるたびに変なセリフを耳にしてたんだけど、あれ、なんなんですかねえ。
なるべく聞かないようにするんだけど、どうか普通にしゃべってくれーという感じでした。
あの言い回しを好きな方には申し訳ないんですけどね。
[PR]
by teri-kan | 2014-04-01 14:48 | スポーツ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「日本史の謎は「地形」で解ける」 即興曲 第2番 嬰ヘ長調 作品36 >>