W杯直前で思う諸々

最近「巴がゆく!」で検索されて当ブログに来られる方が急増しているのですが、一体何があったのでしょう。理由がわからなくて困惑してます。
映画だったら「テレビで放映されたのかな?」とか、ある程度の想像がつくのだけど、「巴がゆく!」はさっぱりわからない。
「砂時計」も何気に読まれてるようなのですが、うーん、ドラマが再放送されたとか?
わからないなあ……。
過去の名作にスポットがあたるのはうれしいのですけどね。



さて、いよいよ間近に迫ったFIFAワールドカップブラジル大会。
栄えある開幕戦の審判団が日本人トリオに決まったということで、非常にいい気分になっております。

素晴らしいですねえ。
でもブラジルにとって西村氏はあまり験のよくない主審。
4年前のことが思い出されます。あのレッドカードはナイスジャッジでしたし、西村氏の評価をあげた試合といっていいでしょう。
でもブラジル人にとっては苦い思い出。
ガタガタと自分達から崩れていった、あまりにも残念なダメ試合でした。

今のブラジルはあそこまで脆くないと思います。弱点がちょっと思い当たらない。
舞台は地元だし、勝ち続ける想像しかできません。
私の周囲も皆ブラジル優勝予想だし、こうなればどこまで強さを見せてくれるのか、その辺に興味が向かっています。
おそらくブラジル国民もそうではないかな。
だからチームは大変だと思います。
このプレッシャーの中で優勝できたら賞賛するしかないですし、フェリポンの心臓が大会終了まで健やかにいられたらいいですね。

ブラジルの優勝予想は簡単ですが、その他は難しいです。
大物の怪我人が続出していることもあって、各チーム共どのくらい力を発揮できるのかちょっとわかりません。
コロンビアはファルカオがいればかなり上位にいけるはずだったし、ウルグアイもスアレスが万全かそうでないかによって変わってくるでしょう。
グループリーグは100%プレーは無理だとしても決勝トーナメントには間に合うようにするとか、なんとかコンディションを調整してもらいたいです。

やっぱり花形選手の活躍あってこそのワールドカップですからねえ。
祭は派手な方がいいに決まってます。
その中心がブラジルで、日本もいい意味で派手な方の仲間入りができたらいいなあ。
ホント、みんなには頑張ってもらいたいです。
[PR]
by teri-kan | 2014-06-12 11:08 | 2014ワールドカップ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 1-2 コートジボワール戦 ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 ... >>