アギーレジャパン丸が船出しました

ウルグアイ戦とベネズエラ戦、どちらも勝てませんでしたが、印象は悪くなかったです。
いろいろ感想ありすぎですが、とりあえず思ったことをつらつらと。








とにかく新鮮でした。
ザックジャパンの停滞感から解き放たれた感がひしひし。
ザックの終わり1年は新戦力も台頭したけど、既にあるサッカーにどれだけ順応できるかに留まり、前向きな化学反応が起こることはなかったのですが、この度いったん更地にした分、断然チームの血の巡りは良くなりました。
システムと選手の組み合わせと配置は年内はいろいろテストされるでしょうから目が離せませんね。
久々にこの手のワクワク感を感じられて正直言って楽しいです。

そういった意味で、ウルグアイ戦の皆川と坂井の起用は、チームの更地化の表明が目的だったのかも?と推測しています。
ザックの時はマイクを入れようが豊田を入れようが、本田も遠藤も彼らを生かすプレーを全くしようとはしませんでしたからね。
とりあえず、しみついた「自分達のパスサッカー」から自由になることはできたのかな? やってる方も、代表招集を熱望している他の選手達にも。
ウルグアイ戦はそういった面で見れば、なかなか意義のある試合だったと思います。
早急に監督人選を進めた協会を評価していいでしょう。
この時期にアギーレの意向を反映した選手を集められたことは、今後のスケジュールを考えても大きいと思います。

ベネズエラ戦は一転、これまでの日本のいいところも踏襲するような内容でした。
得点につながった攻撃の形は素晴らしかった。連携はまだまだですが、先の明るさが見えるものでしたね。
問題は2戦通じて守備にミスが出まくったこと。
というか、4失点とも「ありえない」としか言いようのないアホミスが原因で、改めて日本選手の守備の個人能力の低さを思い知りました。
連携や戦術がこなれてない分、ザックジャパンより個人能力がわかりやすかったのですが、なんていうか、いろいろと、根本的なところで守備の哲学がないんだなあというか、守備についての「そもそも論」が身についてないんだなあという印象を受けました。
守備陣のパス交換のミスがこうも頻発するなんて理解不能です。
やり慣れてないシステムをこなすことに精一杯だったとしても、最低限外してはいけない部分をこうもあっさり外しちゃうというのは、根本的な何かが足りないんだろうなあ。
これは誰がというより、日本選手全体として。

うーん、ジュニアユースあたりから守備のプロフェッサーをイタリアかどこかから呼んできたらいいなじゃないかという気持ちになってきました。
アギーレジャパンの課題は、ザックジャパンの反省の上に立つべきなのは明らかで、とにもかくにも守備!守備!守備と攻撃の正しいバランスの構築!に尽きると思うのだけど、この2試合、組織で守ることは結構出来てて、そんなに崩される場面もなかったのに、個人のミスでポコポコ失点してるというのがね、正直アギーレにも驚きだったんじゃないかと思いますねえ。

まあ、守備の下手さは想定内だったし、むしろ課題が丸見えになってかえって大収穫と言えるのではないかという2試合でした。
ウルグアイとベネズエラという対戦相手も良かった。
実は次の2試合がジャマイカとブラジルということで、日本代表が苦手な中南米チームが続くんですよね。
偶然か意図的かわからないけど、結構なことだと思います。せっかくアギーレが監督になったんだし、個人能力に長けたあちらの代表とこれからもたくさん試合ができたらいいなと思います。

今のところこれくらいかな、思うことは。
あ、武藤は良かったですね。プレーも容姿も物言いも非の打ちどころがないほど爽やか君。過度の期待は禁物ですが、見ていて楽しい選手なのは違いありません。
柴崎は、目標設定が高いのはいいけど、もうちょっと明るく!
ああいうキャラなのはわかってるけど、ちょっと危うく感じてしまうので、プレー以外の面でも頑張ってもらいたいです。
[PR]
by teri-kan | 2014-09-10 16:15 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ショパンのマズルカ 錦織、全米オープン準優勝! >>