「ごめんねDarling」

80年代アイドルの活動再開が増えている、という記事を先日目にしました。
子育て等が一段落したからとのことで、森高千里や荻野目洋子らの名前が出ていたのですが、80年代アイドルを評価する理由として、現在のアイドルと違って歌も踊りもしっかりしてるのが良いって書かれてて、それがちょっと面白かったですね。
確かに昔のアイドルは3分ないし5分のステージを1人で担って、それなりのものをお茶の間に届けることができてましたからねえ。
人数の多さと勢いと口パクで勝負みたいな、芸のないことは少なくともなかったような気がする。
でも歌の下手な人は昔もいっぱいいたよ?
アイドルの価値は歌の上手い下手だけで決まるものでもないですけどね。

そんな80年代アイドルの中でも、岩崎良美は歌唱力を評価されたアイドルだったと記憶しています。
実際上手かったですよね。
でも当時の人気アイドルのような「カワイイ~!」という声質じゃなかったなあ。
落ち着いてて、安心して聞ける声。歌も安定していて、不安定な発声や音程を心配しながら聞くようなことはなかったです。

彼女の代表曲は断然「タッチ」で、もしかしたらこれのおかげで誰もが彼女を知っているって感じなのかもしれないけど、私が好きな岩崎良美の曲は「ごめんねDarling」でした。
作詞作曲は尾崎亜美。
指輪をプレゼントしてくれた彼氏とのことを歌った歌で、すごく可愛い内容です。
可愛いすぎて、この年ではカラオケで歌えません。
昔はレパートリーにしてたんですけどね。
今歌ったら周りから物を投げられると思います……。

ちなみにこんな歌。
http://www.youtube.com/watch?v=snjzGaWyEZA

衣装が80年代ですねー。
でもアイドルの基本だと思います。
で、本当に安心して聞ける。
無理して声を張り上げてる感じがないのがいい。

彼女はお姉さんが偉大すぎて、いろいろと悩むことの多い芸能活動だったらしいけど、歌の上手さは変わりないので、これからもがんばってほしいものです。
あまり知らなかったけど、ずっと地道に活動してるんですよね。
もっと評価されていい歌手なんじゃないかと思います。

うん、アイドルというより歌手ですね。
そっちの方がピンときます。
[PR]
by teri-kan | 2014-10-31 11:12 | 音楽 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 洋楽のカバーか、洋楽がカバーか チェロソナタ ト短調 作品65... >>