2015年J1ファーストステージ開幕

先にカープの黒田のこと。
オープン戦初登板をテレビで見たけど、素晴らしかったですねえ。
サクサク気持ちのいいピッチングでした。
この調子で秋までヨロシク。
でもカープは打線が不安大……。



サンフレッチェ広島は久々に地味な開幕戦を迎えました。
ここ3年は難敵が対戦相手というのが続いてましたが、今回は注目度がグンと下がって、相性は悪いですが、監督交代したばかりでまだまだこれからという甲府が相手でした。
正直「勝たなきゃウソ」という試合で、結果的に無事に勝って、とりあえずヨカッタヨカッタ。
次節はやりにくそうな松本山雅戦ですが、連勝して勢いに乗りたいものです。
上位チームとやる前に、是非いいムードを作っておきたいものです。

今回の開幕戦は、そのカードもダービーだったり移籍や監督交代の因縁だったり、話題に上りそうな組み合わせだらけでした。
神奈川ダービーなんて、できればマリノスがもっと戦術的にこなれてから見たい試合でしたが、J開幕ののろしをドーンと上げたかったんでしょうねえ。
観客減、人気のジリ貧をどうにかしたいという現れだったのだろうと、とりあえずは理解しましたが、でもやっぱり肝心なのは、激しくて面白くてフェアな試合を観客に届けること。
その点において今回の開幕戦はいろいろと残念なことが多く、致命的な誤審が出たことにはガッカリでした。
ガンバ大阪対FC東京、清水対鹿島の誤審は、かなりマズかったですね。

ちなみにもう一つ騒がれている浦和のホールディングについては、あれは正しいジャッジだったと思います。
W杯初戦のブラジル対クロアチア戦を思い出しましたが、あの後の西村さんの解説をテレビなんかで見た人は、湘南対浦和のあのジャッジには納得できたのではないでしょうか。
浦和の槙野と森脇の手を使ったファールは悪癖と言ってもいいくらいだと思うんですが、彼らももう何年も言われているはずなので、なんとか直してもらいたいと思います。

昔ああいった場面で、マルディーニがルーニーのユニフォームの襟の後ろを、指で引っかけて下にクイッと引っ張ったことがあります。
それだけでルーニーは重心が動かされるから、一瞬バランスを崩して、で、その一瞬でマルディーニはボールを奪い取ったんですね。
エリア内だからルーニーを倒せない、だからほんのちょっとだけ体勢を崩させる。
ベテランマルディーニの老獪な頭脳プレーということで、どこかのサッカーブログの方が感心してたのを読んだことがあるけど、ま、どうせ観戦するならそこまで洗練されたものを見たいものです。
大仰に両手をかけて相手を引きずり倒すプレーより。
残念ながら洗練されたプレーは素人にはわかりにくいということで、詳しい人の解説が必須になるわけですが、そこら辺はサッカー解説者に精進してもらって、わかりやすく素人に伝える努力をしてもらいたいものです。

誤審に限らず、そのジャッジはどうなんだ?と思われるような出来事の解説一つでサッカーへの印象は変わります。
FC東京や鹿島に気の毒だった誤審についても、第1節から萎えるとしか言いようのない事件ですが、それを積極的に話題にしてあーだこーだ論ずる方向に持っていった方が、案外盛り上がるんじゃないかなあという気もします。
誤審はあってはならないというより、人間のやることだからどうしても起こるものだという認識の方が強いと思うし、それならそれをとことん掘り下げる方がいいと思うんですけどねえ。本当にJリーグを盛り上げようと思うなら。
いい加減フタをしてやり過ごすやり方はやめたらいいのになあ。

ということを思った2015年のJリーグ開幕でした。
ていうか、こういう誤審についてはずっと同じことを書いているような気がする。
なんかいつまでたっても変わらないですねえ。
[PR]
by teri-kan | 2015-03-09 12:15 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 4年目の3.11 「神道と風水」 >>