人気ブログランキング |

2ステージ制になると1点が重い

J1ファーストステージ第3節にして首位決戦だった広島対浦和。
前半広島、後半浦和といった試合内容でしたが、手の内を知り尽くした者同士の戦いは全体的に慎重で、これといって見るべきもののないゲームとなりました。
結果は0-0。

スタメンを見ていて思ったんだけど、この数年で完全に戦力に差が出ましたねえ。
面子を比べたら明らかに浦和の方が上で、まあ元々あちらの方が良い選手が揃ってる上に、毎年主力を引き抜かれてるから当然ではあるのですが、同じ土俵で戦うのはちょっと無理があるかなあと感じました。
同じシステムでお互い攻め合うなんて、少なくとも広島にはムリムリ。
唯一浦和より勝っているDFの守備力を最大限に生かした戦い方をするしかなく、だからあのゲームプランは正しかったなと、今から振り返ってみると思います。

前半に得点できていたら違っていたでしょうけどね。
でもJ1初出場だか2回目だかの茶島に「もっと落ち着いて狙ってシュートしろ」って言ってもねえ。
決めてくれたらお祭りだったけど、まあしょうがないな。

終盤の引き分け狙いは、個人的にはOKです。
あれで失点してたら目も当てられなかったけど、状況を考えたらしょうがない。
浦和戦は悪縁のせいで広島側は皆ピリピリしてるし、変にスイッチ入れたらうっかりバランスを崩しかねない。既に5連敗中だし、冷静さを失うくらいなら試合を殺した方がまだマシだった。
もともと浦和優勢の時間帯で何か出来るような雰囲気じゃなかったし、6連敗を喫しない確率の高い方を選ぶ気持ちは理解できる。
下手に攻めに出ない選択は結果的にも良かったと思います。
実際のところは出たくても出れなかったんだろうけど。

勝つのがもちろんベストだけど、6連敗だけは絶対に許されないし、負けたらボロクソ叩いていた自信はあるので(苦笑)、結果論ですけど、あれで良かったと考えます。
見ていて楽しい試合じゃ全っ然なかったですけどね。

まあ浦和戦はこれでいいよ。
サッカーファンはブーブーだろうし、憎い相手だからこそ攻める内容で!って言う広島サポーターも多いだろうけど、そういう相手だからこそ相手の力を殺す戦法というのもある。
浦和相手に玉砕はまっぴらごめんなんでね。
最優先すべきは「浦和と試合をする時にやりにくいと思う心の克服」だと思うので、連敗をとりあえず止めたということはポジティブに捉えたいし、しばらくはこういうやり方でもいいかなあと思います。

あ、他のチームには攻めていってもらいたいですよ。
前線のコンビネーションがこなれてからの話だけど、もっと攻撃が機能するようになれば、もう少しマシな内容になるかなあと期待します。
ここ数年の2シャドーが二人ともいなくなったので、ものになるのは半年後とか来年とかの可能性もあるけど、それは気長に待ちますよ。

最低限の勝ち点1でしたが、2シーズン制になったので1点の重みは去年までの比ではありませんね。
広島対浦和は塩試合の0-0でしたが、おそらくJ1全体でも今年はドローが増えるのではないかと予想します。
引き分けと負けによる勝ち点の差は1点ですが、相手に1与えるか3与えるかは順位に大きく影響します。
去年の半分の試合数で順位が決まるとなると、目先の勝ち点に必死になるのは当然だし、試合内容よりも結果という風潮になっていくかもしれませんね。
守備の強いところが上位に行く傾向が強まるかな。
2シーズン制になってJリーグがどう変わっていくのか、そこら辺は興味が尽きないところです。
by teri-kan | 2015-03-25 15:33 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< マッサンが終わってしまう 春のお彼岸 >>