幕末と松陰のパワーとしんどさ

昨日の大河ドラマ「花燃ゆ」はとうとう視聴率が1桁になってしまいました。
統一地方選の影響もあったと思いますが、1桁は「平清盛」以来ということで、残念ながらニュース扱いです。
確かに1桁はちょっと寂しいですね。

「平清盛」の時は、世間の評判は評判として、個人的には「実際に見てみたら楽しいよ」と、しょっちゅうブログで感想書いたり、人にオススメしたりしてたのですが、「花燃ゆ」はさすがに辛いかな。
やっぱり幕末ってしんどいですよ。
外国の圧力の絡んだ政治信条の戦いってお互い引きどころがないというか、行き着く先がどうしてもテロや暗殺というか、戦だらけの戦国と比べても、爽やかさに大いに欠ける。
なんだかんだで戦国モノは楽しいんだなあと、去年と比べて題材の重さに今更ながら打ちのめされています。
幕末は誰にスポットを当てようと、しんどさに変わりないですね。

最終的に長州は勝ち組なんで、幕末とはいえ案外気楽に見れるんじゃないかと思ってたんですが、実際はそんなこと全然なかった。
松下村塾シンドイ。
松陰先生、ホントしんどい。
文さん目線で見た松陰&松下村塾というドラマなら、血生臭さや猛々しさが少しは和らぐかなあという希望的観測は大外れでした。
長州藩士の妻や妹になって泣くドラマよりも、いっそ渦中に入り込んでしまった方が気は楽なのかもしれません。
やっぱり男主人公で久坂玄瑞やら高杉晋作らになりきってしまえるドラマの方が良かったんじゃないかな。
イケイケ松陰ゴーゴーと能天気に思えるようなドラマだったら……。
今時そんなドラマじゃそれこそ薄っぺらすぎてやめてくれって感じだけど、そうでない長州藩はなんだかしんどいばかりです。

幕末男子ウンヌンというコピーは、今では全く気にならなくなりました。
ていうか、はっきり断言するけど、あれは全く以て不要だった。
なんて言うかなー、たくさん男がいればいいってもんでもないよね。
この先もっとそれぞれの個性が立って皆魅力的になっていくのかな?

今後は塾生がどれだけ魅力的になれるか、それでこのドラマが持ちこたえるかどうかが決まってしまうと思います。
松陰死後誰がドラマを引っ張っていくのか、そこがカギかなあ。
久坂にほとんど期待できないので高杉には頑張ってもらいたいなあ。
伊勢谷友介が結構ハマっていて、本人が松陰にかなり傾倒してるからだろうけど、そういうのって結構ドラマを見ていてもわかるものだし、そういったパワーのある人が今後出て来てくれたらなと思います。

文さんは今でも悪くないので何も言いようがない。
井上真央の心がくじけないことだけ願ってます。
文さん役に意味を見つけ出せるとしたら、幕末の志士の妻として生きた当時の女性達の代表というものでしょう。
同じ幕末でも鉄砲持って戦った「八重の桜」とは違います。
あれは超特殊な例で、だからこそドラマの主人公にもなった女性。
でも文さんは本来主人公にはなりえない、その当時普通にいた女の人で、だから案外女優さんを選ぶ役柄ではあるのです。決してイヤミのあるタイプにはできない。
で、井上真央は確かに万人に受け入れられるタイプの女優なんですよね。気立てが良さそうというか。
だからくじけず頑張ってほしい。
なんか主役に決まった時からことあるごとに書いてる気がするけど、井上真央はこのドラマに関しては全く悪くないと思うので、主人公として視聴率の低さを嘆くことはしないでもらいたいですね。
低いのはもっと根本的な問題だから。
[PR]
by teri-kan | 2015-04-13 16:22 | 大河ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「出雲大社の謎」 粛々と >>