J2の3位と6位の悩ましさ

J1昇格をかけた戦いが激しさを増す中、上位3クラブとそれ以下との差が開いてきました。
やってるサッカーの内容と精神的充実度が違ってて、この3クラブがそのままJ1に上がったら問題ないんだろうなあと思わずにはいられない。
プレーオフ制度についてまたまた考えさせられてしまいそうです。

プレーオフが導入されて数年がたちますが、これまで3位で終わったクラブは一度も昇格したことがありません。
そしてなぜか6位のクラブが6位にすべり込んだ勢いを借りて昇格まで勝ち上がる。
サッカーにおけるメンタルの影響を考えずにはいられないのですが、その結果起こることは、僅差で自動昇格を逃し、3位という力を持っていながらその後ズルズルとJ2に定着するクラブが出るということ。
分不相応(とあえて言う)のままJ1で戦い、ズタズタに打ちのめされてJ2でもなかなか浮上できないクラブが出てくるということ。
J2の3位と6位は短長期的に悪い影響を少なからず受けているというのが実情だと思います。

そういうことを考えてるとプレーオフってどうよ?な気分になるんだけど、でもJ2全体の面白さと底上げには貢献してるんですよね。
悩ましいです。
6位争いが面白いんですよ。
今年も愛媛とか、これまで昇格争いにかすりもしなかったクラブが躍進していて楽しいんですね。
一昨年の徳島も去年の山形も、本当に面白かった。
でもやっぱりJ1最下位を独走するのが始まる前から確定してるかの現状は、如何なものかと思う。

今年の山形は頑張った方ですけどね。
粘れる良いチームでした。
それ以上にありえない清水のおかげで最下位ではなかったし、6位あがりでもそこそこやれるんだというのは見せてくれたと思う。
だから来年も昇格組には頑張ってほしいんだけど、でも頑張れそうなのは今現在どう見ても上位の3クラブなんだよなー。
このままでフィニッシュしたら3位は福岡なので、できれば福岡にはプレーオフで3位としての実力を発揮してもらいたいです。

優勝しなければならなかったはずのセレッソは、今のところはダメですね。
この時期になっても戦い方の核とか形とか、見ていてよくわからない。
山口蛍は自身のキャリアのためにも新天地を探した方がいいかもしれません。このままではもったいなさすぎる。
セレッソは下手すればまたJ2に長居することになるかもしれないですね。

千葉も本来ならJ1にいてしかるべきクラブなんですが……。
今年は現在8位。繰り返すことすらできないのかって書かれてて、繰り返してた状況はまだマシだったのかあと思わされる始末。
坂道を変な体勢でつまずいたら転げ落ちるしかないってことなのか。
クラブ運営って恐ろしいですね。

そういう意味で真面目に心配してるのが実は清水で、かつての磐田よりも心配。
今のJ2は6位争いの活況にみられるように、レベルの底上げがなされてるし、特に中位はそう簡単に勝てる相手ではないです。
以前の広島や柏が落ちた頃のJ2とは全く違う雰囲気。J2で1年修行したらかえってパワーアップできるなんてそう簡単な時代じゃない。
磐田はこのままいけば2年で復帰ってことになるけど、清水はどうだろう。
厳しそうな予感がします。

順位争いがシビアになってからJ2は本当に変わりました。
良いことだけど、でも複雑。
3位と6位の実力差は、毎年思うことだけどやはりある。
リーグを戦い抜く力の大事さと一発勝負の恐ろしさと興奮と、そこでのジレンマに悩ましくなる季節が今年ももうすぐやってきます。
[PR]
by teri-kan | 2015-11-02 14:06 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 時代の変わり目で生きるのはしんどい 「クリスタル・ドラゴン」その8 >>