人気ブログランキング |

SP 106.33 + FS 216.07 = Total 322.40

キミは凄いよ羽生くん!!

少々遅れましたが、NHK杯の羽生の300点越え。
すごかったですねえ。
この子どこまで行くんだろと、空恐ろしいものを感じました。
とんでもないもの見ちゃったですよ。
演技中から言葉を失って、インタビューが終わるまでボーッとテレビに目を向けてるだけだった気がします。

「4回転って実はチョー簡単なんちゃう?」なんて思ってしまいそうなほど、ジャンプに入る前もランディングも流麗で力みがなく、文句のつけようがありませんでした。
着氷が綺麗だから無駄な体力を使わず最後までスタミナが持つという解説には納得。
後半にとんでもないジャンプを組み込んだプログラムでしたが、終盤ヘロヘロになっていたかつての羽生はもういません。
最後の最後まで背筋も手足も伸びた力強い清明でした。

実は終始印象的だったのが背筋の良さで、脳天を通って天から背骨を引っ張り上げてるがごとくに芯がしっかりしてるなあと、見ていて感じました。
腰の入り方が良いというか。
ジャンプの調子の良さはそのせいなのかな?と考えたのですが、そうではなくて、これは野村萬斎の清明のイメージなんですね。
萬斎は姿勢がスッとしてて動きが美しいけど、羽生のフリーの演技の基本もそこなのかなあと。
フリーが映画の「陰陽師」になったと知った時、ただ単に「へー、次は和風かあ」と思っただけだったけど、羽生のスケートに対する姿勢は求道者みたいなもんだし、この萬斎の清明のコンセプトは実は彼にピッタリ合ってたんだなと、演技を見ていて思いました。

もっとこなれていけば、これはますます良いプログラムになるのかも。
世界最高点を更新するのはなかなか難しいでしょうが、ステップや細部の表現にもっと磨きをかければ、もっと見ごたえのあるものになるのかもしれません。
って、既にもう見ごたえ十分なんですけどね。
322.40ですよ322.40。
ウソみたいな数字です。
まるで未来から来たフィギュアスケーター。
去年怪我や病気があってあれだけやれたんだから、元気ならどれだけ出来るかってだけの話ではあるんだけど、それにしてもすごすぎる。
あんな可愛い顔してお化けみたいな選手です。
メンタルほんとにハンパない。



NHK杯のフリーを見るまではサッカーのチャンピオンシップ準決勝について書こうと思ってたんだけど、世界最高得点を出しちゃいましたからね、羽生を書かないわけにはいきません。
チャンピオンシップもすごかったんですけどね……恐ろしくて残酷で。
この週末はスポーツがいろいろあって、なんか忙しかったですね。
by teri-kan | 2015-11-30 11:54 | スポーツ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 妾問題 「骨が語る日本人の歴史」 >>