シャーリー・バッシーと007

「007ゴールドフィンガー」や「007ダイヤモンドは永遠に」、「007ムーンレイカー」の主題歌でおなじみのシャーリー・バッシー。

声が映画の雰囲気に合ってるんですよねえ。
とてもカッコいいヴォーカルなので、007を見てない人にも是非聞いてもらいたい、と思うのですが、多分007を知らなくても彼女の歌を聞いたことがある!という人は、日本にはたくさんいるでしょう。
CFの影響力は絶大です。
聞けば「あー、あの車の!」の一言だと思います。

「Get The Party Started」
ホンダステップワゴンスパーダですね。
もとはPINKの曲ですが、シャーリー・バッシーの声にもよく合ってます。
ビデオがとても素敵です。

でも個人的にオススメしたいのはプロペラヘッズと組んだ「History Repeating」。
多分、知ってる人は知ってるのだと思います。
私は見てないんだけど、映画「メリーに首ったけ」で使用されてるようで、これも聞けば「あー、あの曲!」なのでしょう。
とてもオシャレでカッコいい曲です。
やはり声がいい。
あと、プロペラヘッズはやっぱりいい。

ちなみにこんなの → 「History Repeating」
自然と体が揺れてきます。

プロペラヘッズは映画「マトリックス」のビルのエレベーターホール襲撃場面で使われてた曲の人達ですよと言えば、これもまた「あー、あのカッコいい場面の!」となること間違いなしだと思うのですが、あれは「Spybreak!」ですね。
彼らのオリジナルアルバム、「Decksanddrumsandrockandroll」に収録されています。

このアルバムはとても出来が良くて、1998年リリースだからちょっと古いんだけど、今でもドライブに耐えられると思います。
カッコいいですよ。
シャーリー・バッシーの「History Repeating」も入っています。
これもまた運転に合うんだ。

でもこのアルバムのイチオシは「女王陛下の007」かもしれない。
正しくは「On Her Majesty's Secret Service」で、「女王陛下の007」のリメイク。
初めて聴いた時は、「おおっ、女王陛下の007が今風に更にカッチョよくなっている~」と嬉しく思ったものでした。
シャーリー・バッシーの歌があって女王陛下があって、「ナニこの007ファンにおいしいアルバム!」という一枚です。

ちなみにこんな曲 → 「On Her Majesty's Secret Service」

007の音楽って古くならないし、今風にお色直ししても違和感ないし、なんだかいろいろといいんですよね。
で、プロペラヘッズってやっぱりイギリス人なんだなあというか、イギリス人って007好きですよねえ。
日本人が言うのもなんだけど、老いも若きもいい感じで007に関わってる気がします。

あ、当然のことながら、シャーリー・バッシーもイギリス人です。
デイムの称号も受けていらっしゃいますね。



なんだかシャーリー・バッシーを宣伝したいのかプロペラヘッズを宣伝したいのか、わけわからなくなってきましたが、要するに、007の音楽っていいよね!ってことが言いたかったのでした。
孤独なスパイの音楽はハードでスタイリッシュなオシャレ曲です。




[PR]
by teri-kan | 2016-07-29 11:46 | 音楽 | Comments(2)
Commented by 間諜X72 at 2016-08-09 23:50 x
随分前に東京に行って中古レコード屋さんで「ゴールド・フィンガー」と「ダイヤモンドは永遠に」のシングルレコード盤を買いました。もちろん素晴らしい!
それと同時にB面に入っている「そして今は」と「美しき愛のかけら」も良かったです。

>デイムの称号も受けていらっしゃいますね。

さすが!恐れ入りました。
Commented by teri-kan at 2016-08-10 11:29
間諜X72様、こんにちは。
いつもありがとうございます。

シングルレコード盤。懐かしい。
ていうか、「ゴールドフィンガー」のレコードなんてあったんですね。
よく考えればあって当然なんですが、全然思いが及びませんでした。
007は主題歌もサントラもどれも売れてるはずなのに。

買い求めてるのが筋金入りのファンって感じで、すごいです。
この2曲は私もとても好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 秘め事の「マスケティアーズ」 最近のいろいろ >>