第二次ベビーブーム前後の世代、全員集合!

「半分、青い。」は今週から高校生編。
1989年の雰囲気が画面からほとばしっています。
ユーミンの歌がメインでとりあげられてるけど、それ以外にも、美里だTMだランバダだと、懐かしさに身悶えしそうな音楽が次々流れます。

地方の田舎の公立高校の雰囲気も、そうそう!って感じです。
携帯はおろかポケベルもまだありません。
のんびりのどかな高校生活です。
当時荒れてる学校はありましたが、のほほんとした学校もありました。
私の通っていた学校はのほほんの方で、ドラマの雰囲気はよく似てる。
懐かしいですねー。

そして私も実は高校時代は弓道部。
上手くなかったけど、なおちゃんよりはマシだったような気がする。
でも隣の的に当てたことはある(笑)。
弓道部は弓を引くのに男も女も関係なく、男女皆が仲のよいクラブでした。
ドラマで出てきた弓道部の雰囲気も懐かしかったですね。
そういえば律のお母さん役の原田知世は「時をかける少女」で弓道をやってたなあ。
美少女と弓道は相性がいいんですね。

小学三年生の時に川で糸電話をやった四人はそのまま仲良しで、相変わらずブッチャーの想い人を勘違いしてる律はやっぱりちょっとズレてるんだけど、でも好きになった人を正直に打ち明けるところは、なんというかまあ、高校時代を思い出しても、ちょっとかわいすぎるかな(苦笑)。
ノリが小学生っぽいよね。
きっとずっとそんな雰囲気で来た四人だったんだろうなあ。
小学生のノリのまま高校三年生まできた仲良し四人組って感じです。







ところで、当時をよく知ってる視聴者が、しかもかなり細かく覚えてる視聴者がこの年代は多いということで、おそらく小さなツッコミはあちこちでちょこちょこ入っているのではないかと思います。
私が気になったすごくどうでもいいことは、ドラマのラジオからTMの「Dive Into Your Body」が流れたこと。

私にとって「Dive Into Your Body」の記憶は、当時広島で開催された「海と島の博覧会」とセットなのです。
ザ・ベストテンの広島からの中継でTMがこの曲を歌った時、ディスコ(と呼んでいいんだよね?まだあの頃は)で博覧会のマスコットキャラクターが曲に合わせて踊ってたのがものすごく印象に残ってて、あれからこの曲を聴くたび、私は踊るマスコットキャラのアビ丸を思い出すのです。

アビ丸のきぐるみ、結構可愛かったんですよ。
アヒルみたいにお尻が大きくて。

ですが、この記憶って、多分夏休みのものなんですよね。
ホントに真夏の記憶。
で、確認してみたら、「Dive Into Your Body」は7月21日リリースでした。
実際にTMがサンバとコラボした夜のヒットスタジオは7月12日出演だったから、うーん、リリース前とはいえ、もうこの頃にはラジオで普通にかかってたのかな?

ドラマの今って多分七月初めくらいだと思うんだけど、ラジオで流れるには微妙に早いというか、結構ギリギリ?
とはいえサンバランドとか夏の夜にはピッタリなので、あのシーンであのイントロが流れるのは正解でした。
当時の雰囲気はよく出てましたよね。
イケイケバブルの雰囲気が。
田舎の喫茶店だってバブルの時期はバブルです。



といったことを思った、木曜日までの「半分、青い。」。
今日のはまだ見てませんが、とても楽しみ。
朝ドラが楽しいと毎日が楽しくていいですね。
23時30分、絶対起きていなければ!

DVDレコーダーがとうとう壊れ、新しいのが来るまでは録画ができないのです。
なぜこの時期に!?って思うけど、とりあえず今日は録画なしで頑張ります。
23時30分、眠くても頑張る!




[PR]
by teri-kan | 2018-04-20 11:49 | 朝ドラ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< サンフレッチェが止まらない 「死者を起こせ」 >>