取られては取り返し取られては取り返し

日本VSセネガルは2-2のドロー。
早い時間帯の失点のせいなのか、予想とは違ったゲーム展開になりました。

後から思えばあの1失点目が余計というか、後から考えなくても余計なんだけど、考えたら精神衛生上よくないことになるので、しょうがない、水に流すことにする。
いいことだけ考えよう。
こっちのゴールは二つとも素晴らしかったし、もう1点取れててもおかしくない内容だった。
勝ちきれなかったのは悔しいけど、それはセネガルも同じ。
むしろ二度とも追いつかれた向こうの方がガッカリ感は大きいはず。
日本としては前向きに結果を受け止めた方がきっと次に繋がる。
だっていい試合だった。
充足感は大きい。
正直こんな日本代表の試合がワールドカップで見られるとは!です。

充足感の最たるものは、日本がフィジカルで逃げてなかったこと。
ガシガシ当たってる姿は好ましかった。
ちゃんとやり合えてたし勝てた時もあったし、空中戦でも負けてなかったし、スピードでもそこまで振り切られてなかった。
セネガル速かったですけどね。
でもこれに関しては長友ご苦労さん!
なんとかついてたし、カバーもきちんとしてたと思います。

セネガルはシセが監督をしてて、思えば彼が選手として日韓大会に出て世界を沸かせた時も、セネガルはきちんと組織だったチームでした。
それまでのアフリカのイメージを変えた国って感じだったかな?
今回もフィジカルだけじゃないんですよね。
ムラのない、規律あるチームといった印象。
出来としてはポーランド戦の素晴らしさに比べたら、日本戦はちょっとイマイチだったかもしれないけど、やりにくくさせたのは日本のせいもあると思うので、やはり良い試合だったと思います。

にしても、やっぱり肉体改造だよなー。
大迫も原口も以前のまま一見ひょろっとしてるけど、全然強い。
日本はデュエルも向上してる。
良い傾向だと思います。

やっぱり強い体があってナンボだよね。
そりゃアフリカンの選手の方が比較にならないほど強いんだけど、でもなんとか昨日はやれてた。
それが見れただけで良い試合だった。
身体の強さに比例してるのかわからないけど、メンタルも強くなってるよね。
選手個々の能力はちょっとずつでもレベルアップしてるのだと、嬉しく思ったセネガル戦でした。




[PR]
by teri-kan | 2018-06-25 22:47 | 2018ワールドカップ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 決勝トーナメントに進むのって大変 「SWAN」ドイツ編 その16 >>