とりあえず「ハリーポッター」シリーズから

実は読み始めたのは今年に入ってから。
映画「不死鳥の騎士団」を観たものの「もう原作を読まなければついていけん!」ということになって、冬に1巻から6巻までを一気読み。7巻は発売後すぐに購読して、それからまた最初から読み直して今に至るという感じです。

面白かったのは面白かったんですが、読後感がなんとも微妙で、この微妙さの原因はなんだろうとひとしきり考えました。先に進ませる面白さは抜群でベストセラーもうなずける。テーマもしっかりしてる。何より大勝利で後味スッキリ。なのにどうにも不完全燃焼……。
で、いろんな方の感想を読んでみたのですが、このお語、実は翻訳がものすごく悪いのだとか。確かに指摘されている誤訳を見てみるとその通りで、なるほどそれが原因かとも思うし、でもやっぱりそれだけでもない。
とまあいろいろ考えているうちに、結局このモヤモヤの原因は「ハリーポッター」がハリーの成長物語だからだという結論に達したのです。

そもそも自分が映画を見て「原作読まなきゃ」と思った理由はヴォルデモート対ハリーの戦いの本質がよくわからなかったからなんですね。でも敵側のヴォルデモートをよく知ろうと思っても「ハリーポッター」シリーズをただ読むだけでは不十分。なぜかというとこの物語は全てハリー目線で描かれており、ハリーが見たこと・知り得た事しか描写されてないからです。
ダンブルドアもしかり。世間では7巻で一気に株を下げているそうですが、批判されている「腹黒い計画」をたてるに至った経緯を見もせず非難するのは無理がある。そしてその経緯を理解するのが実はかなり難しい。本文中のダンブルドアの事跡の紹介があまりにバラバラで、彼の思考の道筋を辿ることが容易でないからです。


なわけで、ちょっと頑張って物語から読み取れる限りの描かれていない箇所を勝手に補完して時系列に並べてみました。

テーマは「ヴォルデモートと如何にして戦ったか」。

「ハリーポッター」はハリーの成長物語ですが、こちらはダンブルドアの生涯を辿るといった形でハリーがランダムに知った事実を時代に沿って見ていきます。

なぜダンブルドアの生涯かというと、彼の「腹黒い計画」は成功し、その結果平和な魔法界になっているから。物語の背後に一貫して流れる「善対悪」のテーマはそのまま「ダンブルドアの信じる愛 対 ヴォルデモートの絶対悪」と言えるから。
それがどのように存在してどのようにハリーの勝利までつながっていったか、大変長い上に論文調で堅いのですが、読んでみようかなと思われた方、こういう捉え方をした奴もいるんだなと、温かな心でみてやって下さい。


では次回から始めます。
[PR]
by teri-kan | 2008-10-09 15:51 | ハリーポッター原作 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ダンブルドア私見 その1