ジニー・ウィーズリー

兄妹でただ一人の女の子、しかも末っ子。家族中から可愛がられたのは疑いようがなく、となると六男のロンの影が家庭内で薄くなってしまうのはどうしても避けられなかったろう。この点7巻でロンの心の内を反映したらしいヴォルデモートの魂の台詞は、彼の心に潜在していた感情そのままであったと思われる。
実際ジニーはロンよりフレッドやジョージと気が合ったらしく、度胸の良さなど性格的に彼らの影響を受けていると思われる面が多々ある。頭の回転も早く、美人で人気者というより性格も含めての人気が高かったのだろう。
彼女とハリーが二人きりの場面描写はかなり少なく、恋人同士としての会話に至っては主人公の恋愛の割にはほとんど描写されていない。それでも二人はきちんと理解しあえており、会話を重ねても上手くかみ合わなかったハリーとチョウの場合とは見事に逆なのが印象的である。
一応そうなるべくしてなった二人ということか。
[PR]
by teri-kan | 2008-10-30 14:37 | ハリーポッター原作 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ジェームズ・ポッター論 フレッドとジョージ >>