「セブン」(1995)

キリスト教の七つの大罪をテーマにしたサイコ・サスペンス。当時大ヒットし、ラストが随分話題になりました。
七つの大罪を一つずつ告発するといった形で猟奇殺人を続ける犯人とそれを追う刑事(モーガン・フリーマンとブラッド・ピット)の物語なのですが、観ていくうちにまず思うのは非常に映像がオシャレだということ。グリーンがかった画面は陰気だけど美しく、オープニング・クレジットはカッコいいし、エンドロールも下に流れていって斬新。デビッド・ボウイとナイン・インチ・ネイルズの曲も映画の世界観にピッタリで、何から何までカッコいい。
カッコいいといえばこの映画で初めてブラピをカッコいいと思いました。若い頃の彼の何が苦手といってあのほっぺたの肉がダメだったのですが、今作は痩せて精悍さもアップ。若い刑事という役どころにピッタリはまってました。
しかし終わってみればそんなカッコよさもこの映画の本質を語る上では些細なことになってしまいます。最後のブラピの選択に思うことは皆それぞれあるでしょうし、当時は「救いがない」という感想を多く耳にしたものですが、個人的にはそういった感想はありませんでしたね。ブラピの行為は衝撃的でしたが人ならば当たり前と受け入れられました。








そりゃ映画を観ながらこっちも葛藤しましたよ。

「うわ、こいつを殺しちゃダメ!殺したら負けちゃう!殺すな!…でも人間だもん、殺すよね。いや、やっぱり耐えるかも。いや、殺すかも」

銃声と共に葛藤から解放された、あの瞬間の感覚はなんていうのでしょう。あれはブラピと共有していたと思います。と同時に彼が可哀相で可哀相で、あんな選択をさせた犯人を架空の人物とは思えないほど憎みました。
一体なんの権利があって1人の人間をあんな手段であそこまで追い詰めるのか。それを言うなら犯人がそれまで犯した殺人もそうなのだけど、傲慢も暴食も誉められたことじゃないにしろあんな残虐に殺されなければならないほどの罪といえるか? 残虐さで人の罪深さを世間にアピールすることが正義なのか?
ブラピと犯人の最後の場面で、犯人は挑発するが如くいろいろと語り、自分の魂を差し出すかのようにブラピの決断を待つのだけれど、その時スクリーンに大写しになるあの顔には本当に腹が立ちました。スクリーンに向かって足を上げて靴の底でぐりぐりに踏みつけたいくらいでしたよ。
結局大罪の一つ「憤怒」にかられたブラピが罪を犯して「七つの大罪完了!」と1人満足して犯人は死んでいくわけだけど、こんなエゴイズムの塊見たことないです。何かを正したくて行った犯罪じゃ全然ない。もっともな事を口にしてたけど、結局は自分1人が救われたかった究極のエゴイストなんです。
本当に反吐が出ますよ。今まで見た映画の中で最も嫌いな罪深い登場人物は誰かと問われたら間違いなく「セブン」の犯人を挙げますね。観賞後1週間くらいはあの顔のアップを思い出すたびに怒り狂ってたくらい、それほど大嫌いでした。

これね、ケビン・スペーシーなんだよねえ。「ユージュアル・サスペクツ」にしろ「LAコンフィデンシャル」にしろ印象ある役ばっかりやってて、しかもどれもすごく上手いんだけど、「セブン」のあの顔があまりに腹立つのでどうしても好きになれない俳優さんですね。
そういったわけで「セブン」は好きな映画だけど公開当時の一回しか観ていません。その割には結構覚えてると思うけど、ちょっと曖昧な部分もあるかも。

ブラピはああいう選択をしてしまったわけだけど、あそこで耐えられるのは神様か聖人くらいしかいないでしょうね。もしくは人生捨ててる先のない老人とか。
あそこで罪を犯してしまったからこそ人間で、人間がそもそも罪深いものだというなら、いっそ罪深くて何が悪いと開き直りたくもなってくる映画ではあります。生きているのは神じゃない、人間だ、何か文句あるか、って気分ですよ。そして、だからこそ規律正しく生きていかなきゃいかんなあと、モーガン・フリーマンの言葉を反芻しながら思いを新たにしたのでした。
そう、この映画を観た後の私の感想、「きちんと真面目に生きていこう」だったのです(笑)。
素直な若者でしたねえ。
[PR]
by teri-kan | 2008-11-04 13:40 | アメリカ映画 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< セブルス・スネイプ考 「デッドマン・ウォーキング」(... >>