2016年 03月 16日 ( 1 )

キース・エマーソン

プログレの雄、EL&Pのキース・エマーソンが亡くなりました。
享年71歳。
死因は拳銃自殺でした。

近年は右手に病を抱えて、思うような演奏が出来なくなっていたようです。
昨年その演奏を批判されたりもしたそうですが、4月に予定されていた日本でのライブを前に、命を絶つ選択をしてしまいました。

これは悲しい……。

キース・エマーソンほどのミュージシャンがこんな悲しい理由で死んでしまうなんて。
いや、だからこそと言うべきなのか。
胸の内を推し量ることなど到底無理ですが、それにしても他に道はなかったのか、考えてしまいます。



プログレッシブ・ロックは、私よりも前の世代の音楽ですね。
後追いで聴いたくらいで、CDを買って聴いたのも、EL&Pとキング・クリムゾンと、あとはイエスくらいかな。
ピンク・フロイドやジェネシスはいつかと思いつつ、とうとう買う機会がないままでした。
やっぱり一昔前というイメージですかねえ。

好きなミュージシャンが好きだから聞いてみた、というパターンですよね。
キーボーディストはステージ上のパフォーマンスも含めてキース・エマーソンの名を挙げていたような記憶があります。
昔のライブビデオを観たことがあるけど(わざわざ市の視聴覚ライブラリーの所蔵ビデオを観たんですよー)、確かにすごかった印象があります。
インパクトのある人だったですね。



にしても、今年のこの年代のミュージシャンの訃報の連続はどうにかならないものか。
ここに度々書くのもなんだしなあということで、グレン・フライは書かずにいたんだけど、あれもものすごくショックだったんですよ。
なんなんですかね、これって。

こんな調子じゃ毎年グラミー賞は追悼パフォーマンスでいっぱいになるじゃないですか。
ナタリー・コールの追悼パフォーマンスがなかったことが物議を醸していたけど(私もなんでなかったのか不思議)、こんなんじゃホントに追悼する時間が足りない。
世界中の誰もが知ってる大物がどんどん鬼籍に入っていって、寂しいったらありゃしないです。

それでも病気による寿命は仕方ないと思えるけど、そうでない場合は……。
なんでこんなことになってしまったかな、キース・エマーソン。
本当に本当に残念です。
[PR]
by teri-kan | 2016-03-16 13:31 | 音楽 | Comments(0)