2018年 02月 13日 ( 1 )

いっぺんにメダル3つに!

いやー、よかったよかった。
メダルが1個も取れないままだと、日を追うごとにどんどん雰囲気が重くなっていくので、なるべく早く第一号が出ないものかと思ってたけど、昨日一気に3個獲得できました。

どれも素晴らしいメダルでした。
本当におめでとう!

特に高梨は良かったというか、正直言って安心しました。
今回メダルが取れなかったら、ホントにどうなっちゃうんだろうと心配してたので。
プレッシャー、ものすごかったと思います。
よく乗り越えましたね。

高木は金じゃなくて残念だったけど、でも十分すごくて、高木が割って入らなければまたまたオランダメダル独占だったということで、オランダのすごさと高木のすごさの両方を思い知らされた感じでした。

モーグルの原は渋谷の子なんですね。
早くから海外留学をしてたということで、いろんな経歴の選手がいるなあと感心しました。
今は冬のスポーツだからって北国出身の子ばかりじゃないけど、にしても都会っ子もいいところ。
最終滑走者で、見てるこっちが緊張したけど、本人は案外そうでもなくて、メンタルの強さも印象的でした。



モーグルの男子って面白いですよね。
男子滑降とか男子モーグルとか、普段は見てないけどオリンピックでは見たいと思ってる競技っていくつかあるんですが、日本の有力選手がいなければテレビでスルーされたり、大々的にコマーシャルされなくて、これまで中継を見逃すことが多かったのです。

今回久々にじっくり見て、やっぱり面白いと思いました。
笑えるくらいすごいよね。
ホントすごいわー。
冬のスポーツは人間技じゃない!と思うしかないような競技ばかりです。

4年に一度だけ真面目に見るというと、実はフィギュアスケートもそうです。
真剣なファン以外は日本では普段はシングルしかテレビで見れないので、ペアとアイスダンスはしっかり見るのは本当に4年に一度って感じになります。

で、今回団体戦を見て、ロシアのペアの演技に感動したのでした。
SPで登場したタラソワ・モロゾフペア。
これぞロシア、ていうか、ソ連。

ソ連の頃のペア、好きだったんですよね。
研ぎ澄まされた、あの凛とした感じ。
冷たい氷の世界と一体化したようなロシアは、ペアの緊張感と相性がいいのかもしれません。
同じ北国でもカジュアルな雰囲気のカナダとは違う。
調べてみるとこのペアは大崩れする時もあるそうだけど、それも含めて、個人戦が楽しみになりました。

団体戦は、うん、まあ、日本は残念だった。
稼ぎどころのシングルで男女とも決勝で最下位の5位だったのが痛かった。
SPはみんな良かったと思うんですけどね。
アイスダンスもペアも。

個人戦では頑張ってもらいたいなあ。
宇野以外はみんなちょっとずつ心配なところがあるので、とにかく全力を出し切ってもらえたらと、それだけ願ってます。



今日も期待の競技がありますね。
ガンバレニッポン!




[PR]
by teri-kan | 2018-02-13 13:55 | スポーツ | Comments(0)