人気ブログランキング |

カテゴリ:スポーツ( 85 )

高い技術の上に芸術性は成り立つと言うけれど

先月下旬から世間と時間の感覚がズレてて、いまだにオリンピックのフィギュアスケートのことを考えてたりするのですが、ぼんやり考えているうちに、世界ジュニア選手権で女子が四回転を2種類決めた!なんてニュースが入ってきたりして、なんかもういろいろとついていくのが大変、なことになっております。

ロシアの女子は恐ろしいですねえ。





More
by teri-kan | 2018-03-12 17:00 | スポーツ | Comments(8)

レスリング界も大変そう

最近世間の話題にさっぱりついていけてないのですが、気になっているのが伊調へのパワハラ問題。

テレビで彼らを見ているだけの人間にとっても、「伊調と栄監督の関係ってどうなんだろ?」という感じだったというか、どっちかというと「伊調と栄監督門下の選手との関係ってどうなんだろ?」というものだったんだけど、とにかく何気に疑問に思うような空気感だったので、この話題が出た時は「やっぱりね」だったのです。
そこまで伊調が冷遇されていたとは思いもしなかったけど。

こういう問題って表沙汰になった時点で大問題で、どうやったってもう今まで通りにはいかないのだから、とにかく選手を守ることが第一ですね。
栄監督のもとで頑張ってる選手はもちろん、伊調の状況をなんとかしてあげないといけません。
そこのところでなんの情報も入ってこないのが不満かな。
協会は「パワハラの事実はない」って言うのはいいとして、「じゃ、今の伊調の置かれてる立場についてはどう考えてんの?」ですよ。
東京オリンピックに対する伊調の考えをきちんと聞いているのかどうか。
そもそも「目指せ五連覇!」をオリンピックの目玉にするのかどうか。
すれば盛り上がること間違いなしだけど、したくない勢力もあるようで、その辺どう考えてんの?ってことです。

スッキリしない話ですよね。

結局レスリング界の内部抗争っぽいんだけど、なんで東京オリンピックの前にこんなことが?というより、東京オリンピックが控えてるからこそ起こったと考えた方が正しいのかもしれません。
ボートのドーピング問題もだけど、地元開催のオリンピックに向けて、あらゆるレベルでの抗争が起こってるって感じなのかも。

誰だって地元のオリンピックに出たい。
教え子を出してやりたい。
遠い海外でやる大会とは比較にならないほどの注目度だし、選手はもちろん、周囲の人間の期待もすごいでしょう。

もしかしたらこれから他の競技でも問題が起きるかもしれません。
選手選考はものすごいことになるかも。
東京オリンピックの代表になるかどうかって、関係者にとっては死活問題。
ちょっと恐ろしくなってきました。




by teri-kan | 2018-03-09 15:59 | スポーツ | Comments(9)

フィギュアスケート選手の華

無事オリンピック代表が決まりました。
女子シングルの代表枠は二つ、男子はエース羽生が欠場ということで、なんだか異様な緊張感漂う全日本選手権でしたが、選ばれた選手の顔ぶれは納得。





だらだらと感想
by teri-kan | 2017-12-27 15:18 | スポーツ | Comments(5)

大相撲への愚痴

特別相撲にも相撲界にも詳しくない、面白いから相撲中継を時々見る、といった程度の人間にとっても、こないだの九州場所は萎えに萎えました。

万全でないとはいえ、全く横綱らしくない稀勢の里、続々出る故障による途中休場者、事件絡みで日馬富士もいきなり休場、さすが白鵬は安定して強く、大相撲は白鵬で持ってると言っても過言ではないと思っていたところに、あまりにも見苦しかった物言い事件勃発、反省して殊勝な態度をとるかと思いきや、優勝インタビューで「土俵にあげてやりたい」などと分をわきまえない発言をし、挙句の果てには万歳三唱。
もうね、ガッカリというかうんざりというか、本当に萎えた。

それでも万歳三唱は別に違反行為ではないし、こういうところは日本人と感覚が違うのかな?と思っただけで、それをどうこう言うつもりはなかったのだけど、場所後の暴行事件の推移の仕方のあまりの異様さに、これはやっぱり今盛んに言われているモンゴル力士会なるものが諸悪の根源なのか?と、それについてじっくり考えてみなければいけない気になってきました。

もうねえ、全然知らなかったですよ。
彼らの星の融通疑惑なんて。
そりゃあれだけ人数がいるんだから相撲界にモンゴル閥はあるだろうと思ってたけど、星をやり取りし合うモンゴル互助会と呼ばれていたなんて、なんなのよもうって感じ。
しかも今回の事件の真相が、それに与してなかった貴ノ岩へのモンゴル互助会による集団リンチである、なんて話になってて、もう心底げんなり。
ダメだもう。
こんな汚いところを見せられてはダメだ。

もちろんまだ噂レベルの話だけど、状況的にも現象的にも疑われて仕方ないというところが、既にダメなんですよねえ。
疑われるような状況を作ってたのなら、それこそ極力大人しくしてるべきでした。
こんな暴力事件を起こしたら、そりゃもうありとあらゆる話が出てきますよ。
増長してたと言われてもしょうがないでしょう。



前の騒動はなんだったんですかねえ。
反省してクリーンな相撲界になるんじゃなかったんかい。
お相撲さんは気は優しくて力持ちじゃないんかい。
横綱が立場的に抵抗できない人間を殴り続けるなんて、どこの暴力人間よ。
しかも一緒にいた横綱二人もすぐに止めずに、おそらくしばらくの間は見ていただけとか、ホントにもう勘弁してって話です。

別に綺麗ごとだけ言うつもりはないんだけど、とにかく入ってくる情報が醜いものばかりなので、鵜呑みにしてはいけないと思いつつも、大相撲に対する印象度がダダ下がり。
熱心な相撲ファンの中には、今回の事件を残念に思う一方で、世間からあまりにバッシングされてることに腹立たしさを感じてる人もいるようですが、さすがに今回は内容が非常に問題なので、普段相撲を見ないような人からも叩かれたりすることは、甘んじて受け入れるしかないと思います。



モンゴル人力士、強いし、個性的な人が多いし、普通に見てて楽しかったんですけどねえ……。
若いうちから一人祖国を離れることは大変だし、異国の中でも特殊中の特殊な相撲界に身を置くわけだから、気心知れた同郷人とつるみたくなるのも理解できるのです。
でもそれが利権集団みたいになっていくのはダメでしょう。
それをコントロールできなかった相撲協会も全然ダメでしょう。

こんなことでは初場所も全然楽しめそうにないなあと、それがホントに残念。
一体何に注目して見ればいいのか。
やっぱり豪栄道か。

相撲協会、一体どうなるんですかねえ。
今回の問題、きちんと処理してもらいたいな。
どちらにしろ鳥取県警待ちですが。
穏便に、なんてのはもう無理だから、腹をくくってほしいと思います。




by teri-kan | 2017-12-01 11:27 | スポーツ | Comments(0)

高校生が豊作の年のドラフト

日本ハムはなんなんだ!
なぜあんなにクジ運が強いんだ!
魔法使いでもいるのか!?
でなければ裏で何か工作が…………げふんげふん。

とでも言ってなければどうにもおさまらない、日本ハムのドラフト強者ぶり。
なんなんでしょうねえ。
ダルビッシュ、大谷、清宮、ついでにハンカチ王子。
人気者はことごとく北海道の大地へ。

ていうか、ことごとくその年の目玉選手はパリーグへ行ってるような気が。
もうずっとずっとその傾向が続いているような気が、
田中のマー君だって楽天だったしさ。

と言いつつ、清宮君は日本ハムで良かったと思っております。
パリーグはDHだし、日本ハムは大リーグへ送り出すのも慣れてるし、型にはまった指導ではなく、清宮君に合った育て方をしてくれそう。
はい、清宮君には良かったと思います。

それに、所詮それもよそ様のお話。
カープはカープですよ。
そう、中村君!!

ヨカッターーーー。
正直緒方のクジ運全然期待してなかったんで、ホントによかった!
監督よくやった!!
やる時はやる男!

なんだかちょっと広島が明るくなりました。
CS敗退のどんより空気が改善されて、皆の心はもう来年に、未来に!

正直地元出身のプレッシャーもあるよなあとか、これからそういうのはどんどん重くなっていくだろうなあとか、地元ならではの心配もしないではありません。
中村君は地元も地元、超地元ですからね。
広陵高校の寮よりカープの大野寮の方が実家に近いというか、まあ、近所?
上手くいってる時はいいけど、いってない時の逃げ場がないんじゃないかとか、今からいらん心配をしてしまいます。

まあ、そんなんでヘタれるやわな子には見えませんけど。
きちんと乗り越えられる子に見えるけど。

チーム内競争が厳しいのは予想できるし、注目が重荷になる時もあるだろうけど、頑張ってほしいなあ。
カープ、大事に育てて下さい。



なんだか今から練習場の観客がたくさんになる予感が。
カープって最近2軍の人気も高くて、ローカル地上波でもたまーに2軍の試合を放送したりすることがあるんだけど、来年はもうちょっと増えるかもしれないなあ。

うん、やっぱり今年のことは忘れて、来年のことを考えよう。
さようなら、悲しいCSの記憶。
監督と選手は忘れちゃダメだけど、私は楽しいことだけ考えることにしよう。
中村君もだし清宮君もだし、ドラフトで指名された選手、みんな頑張れ。
来年が楽しみです!




by teri-kan | 2017-10-27 11:06 | スポーツ | Comments(0)

カープの今シーズン終了

また一から出直しだー。



悔しいというより、がっかりというより、うーん、あきらめ?
こりゃダメだ感が強すぎて、お手上げするしかないって感じです。

久々のダメカープだった。
なんだかちょっとなつかしいかほりがした……。

どう考えてもDeNAの方がソフトバンクと良い試合をするでしょうから、結果は納得なんですよね。
今のカープじゃ全然ダメだ。
コンディション調整、完全に失敗しちゃいましたね。

まあね、イヤな予感はしてました。
去年ってどうだったっけ?って思い返そうとしたんだけど、こんなにもリーグ戦の後にだらけたかな?
いや、選手はだらけてないだろうけど、こっちはすっかり野球のない日々に慣れきってしまってました。

まったりしながら、まだまだ頑張ってる他球団の試合速報をのんびり眺める日々。
よそ様は頑張ってるけど、早々にリーグ戦終わったカープはどうよ?って、さすがに心配になるほどでした。
社会人チームとの練習試合のハイライトをローカルニュースで見たけど、かえって不安は高まりました。
これ、他球団のやってる試合と全然違うんだけど!!
こんなのほほーんな空気で大丈夫なのか!?

……はい、全然大丈夫じゃありませんでした。
何もかもがうまくいきませんでした。

まあね、あれだけ故障者が出ればねえ。
誠也がいれば違ったかもなあと、いろいろ思わないでもありませんが、やはり主力を大勢欠いていつものようにやって勝とうなんて、そんな上手い話あるわけありません。
怪我の誠也の代わりは松山が埋めたけど、不調の松山の代わりは……みたいなことが、いろいろ起こったって感じかな。
一年で最も悪い時期がここに来た、としか思えないカープでした。



まあ、しゃーない。
選手の皆さんはお疲れ様でした。
今年は日本シリーズの相手が福岡だし、広島―福岡間は移動に時間がかからなくていいとか、新幹線代も高速代もガソリン代も安くすんでいいとか、去年と比べてお得感満載なシリーズになるなと思ってたのですが、ううーん、広島は思いっきりヒマに。

こうなったらみんなでゆっくり休みましょう。
やり残した感アリアリの選手はそうもいかないだろうけど、とりあえず休もう。
二連覇に驕るなってことで、来年また一から出直しです。




by teri-kan | 2017-10-25 15:10 | スポーツ | Comments(2)

カープ、連覇で V8!

よかったー。
優勝ってやっぱりいいですねー。
深夜のローカル特番はしご&ネットの記事めぐりが忙しい(笑)。
胴上げとビールかけに赤松と誠也が来てたのは心温まりました。
不自由な足で甲子園まで来たのが無駄骨に終わらなくてよかったー。



今となっては2位と大きなゲーム差があるけど、山あり谷ありなシーズンでした。
去年以上に話題に事欠かなかったような気がします。
あれよあれよと勝った去年と比べたら、今年はちょっとしんどかった。
ネガティブな話題、結構あったよね。

9点差をひっくり返されて負けるとか、三試合連続サヨナラ負けとか、「こんなことがあるんだー」な新鮮な気持ちに何度させられたことか。
去年の沢村賞投手の戦線離脱とか、去年の最多勝投手の戦線離脱とか、去年の胴上げ投手のストッパー戦線離脱とか、四番の長期負傷離脱とか、これだけ見たら、よくまあ優勝できたなと。

……うん、まあ、とにかく打線がすごいんだ。
貧打にあえいでた頃がウソのようです……。

昔はマエケンが一人でゼロに抑えて自ら打たなきゃ勝てないってくらい攻撃がダメダメでした。
なのに今は振れば点が入る打ち出の小槌のような打線。
確かにこれはどんなに負けてても9回まで見る価値があります。

でも、「逆転のカープ」という称号は素晴らしいけど、それだけ先発ピッチャーが先制されてるってことではあるので、それってどーよな気がちょっとしないでもありません。
巨人とかの安定した先発投手陣と比べると、今年のカープはなんとかやりくりして頑張りました!って感じです。
来年の一番の課題はそこだよね。
ピッチャー陣、がんばってもらいたいなあ。



本音を言うと地元で優勝を決めてもらいたかったですが、なかなかうまくいかないですね。
台風がうらめしいけど、最下位ヤクルトにホームで負けてるんだから言い訳できません。
でもあの日は「どうせ勝てない」と思ってたサンフレッチェがセレッソに勝ったから、しっかりとサンフレッチェの勝利を味わえたし、今から思えば「まあいいか」な気分です。
今のサンフレッチェが勝つことはカープがマジックを一つ減らすことよりすごいことなので、そういう意味ではまあよかったかなと。
地元胴上げはまた次目指しましょう。

というわけで、カープのみなさん、カープファンのみなさん、優勝おめでとうございました!
CSと日本シリーズも頑張って下さい!
残りのリーグ戦、個人記録も含めて頑張って下さい!




by teri-kan | 2017-09-19 15:43 | スポーツ | Comments(2)

9秒98とか、週末のスポーツいろいろ

・9秒98!

テレビをつけてたらピロリロリンって速報が出て、てっきり「また北朝鮮か」と思ったら、なんと桐生が10秒の壁を破ってた。
めでたい~!

いやー、よかったよかった。
日本人が9秒台に突入したってのもそうだけど、壁を破ったのが桐生だというのがよかった。
彼が高校生の時に出した10秒01が私達に希望を与えたのです。
光を見せてくれた本人が悔しいままで終わってたら、こっちもやるせなかったです。

後半の伸びが素晴らしかったですね。
力みがなくて、まるで風のようでした。
足に不安を抱えてて、それでかえって開き直れたのがプラスに働いたとか、この大会の本人にとっての意義とか、精神状態が及ぼす影響というものの大きさを改めて思い知りました。
ボルトは走るために何が大事かをよく問われてるんだけど、いつも「自信を持つこと」とか「楽しむこと」とか答えてて、「そりゃその通りなんだろうけど、もっと具体的なことってないのかなあ?」って聞いてていつも思ってたんですが、ホントにその通りってことなんでしょうね。
他のレーンは気にしない、自分の前に選手がいても気にしない、自分だけに集中する、かといって力み過ぎない。
これをレースで実践するって難しいんだろうなあ。

きっとこれから他の選手も9秒台が出てくると思います。
日本の男子100メートルはますます盛況になる予感。
歴史の扉は開かれました。
大快挙おめでとう!



・まるで負ける気がしないカープ

いや、負ける気はしてるんだけど、負けないんですよね。
マジック再点灯した阪神戦も、二試合サヨナラなんて、そんな都合がいいこと考えられませんよ。
うまくいきすぎて不気味。

でもCSを仮に勝ち抜けたとしても、ソフトバンクに勝てる気がしない。
ソフトバンク、強すぎですやん……。
サファテ何あれ。
カープを出ても頑張ってほしいなあと思っていた気持ちは、既にはるか遠くに……。
あれ、打てるの?



・まるで勝てる気がしないサンフレッチェ

新潟に勝ちきれないようでは厳しい。
もう勝てそうな相手はほとんどいない。
いろいろと来シーズンのことを考えたりするけど、寿人とJ2で再会することもありえるんだなあとか、しゃれにならないビミョーさがある。
サッカーは厳しいね。




by teri-kan | 2017-09-11 13:20 | スポーツ | Comments(0)

いざ、決勝 (追記あり)

夏の全国高校野球で中村くんがすさまじい活躍をしています。
とうとう一大会個人最多本塁打6本。
清原の記録を抜きました。
最多塁打、最多打点も新記録を打ち立てました。
強肩キャッチャーとして守備でも魅せまくりです。
俊足の持ち主として盗塁だってやってます。
全てが高レベルでバランスよく備わっているのです。
素晴らしいとしか言いようがありません。

面構えも大変よろしい。
ギラギラと前向きながら、落ち着きが感じられます。
いやあ、すごい逸材がいたものです。
中村くんが打席に立つと甲子園が湧く。
明日も楽しみです。

そんな中村くんのチームは広島の広陵高校。
今大会、勝ち進むたびに「10年前に準優勝して以来の~」と言われています。
10年ぶりのベスト8、10年ぶりのベスト4。
ことごとく言われています。
「あの」を付けるがごときの言い方で。

10年前の決勝戦、広陵の相手は佐賀北高校でした。
マウンドに立っていたのは去年セリーグで最多勝だったカープの野村。
8回裏、ストライクをことごとくボールにされ、投げるコースがなくなった野村がド真中に投げた球が満塁ホームラン。
歴史に残る大逆転負けとして、広陵は深いトラウマを抱えることとなりました。

試合自体は大変感動的なもので、佐賀北は称賛の嵐に包まれました。
公立校だったのがそれに拍車をかけました。
確かに佐賀北は素晴らしかったです。
今なお伝説の試合扱いされているのも納得の戦いぶりです。
でも私は当然のことながら広陵を応援していたので、審判の判定に顔が能面のようになるのを抑えられませんでした。

あれから10年。
いやー、時は流れるものです。
決勝に向けた意気込みを語る中村くんは、「10年前の借りを返す」と口にしていましたが、その心意気やよし!と言いたい気持ちもありつつ、今の子達が過去にとらわれることはないんだよ?と言いたくもあります。

今大会はどのチームも本当によく打つ。
ホームランの総数も記録をとうに越えてます。
満塁ホームランがポンポン出ても全然おかしくない。
大逆転だっていくらでも起こり得ます。

なので広陵には過去にとらわれることなく、力むことなく、全力を出しきってもらいたいです。
中井監督は「まぐれ」を連発してるけど、ホントにそれくらいの気持ちでいいのかもしれない。
何が起こるかわからないのは10年前に痛みと共に経験してる。
審判は敵になりえるし、観客が味方じゃなくなることもありえる。
準決勝も9回裏の天理は恐かった~。
どこも皆強いです。
周囲で何が起こっても飲み込まれず、ただ単にのびのびとプレーしてくれと、決戦を前にして強く思うのでした。



(追記)16:50

花咲徳栄 14-4 広陵

広陵、残念でした。
試合は見れてないのだけど、ここまで差がついたらしょうがない。
選手のみんな、お疲れ様。
久々に高校野球で楽しませてもらいました。

いやあ、なかなか優勝ってできないものですねえ。




by teri-kan | 2017-08-23 00:00 | スポーツ | Comments(0)

世界陸上からオリンピックへ

今やってるロンドンの世界陸上。

これまでの大会と比べてイマイチ日本で盛り上がってないように見えるけど、時差があるからこんなものなのかな?
次のオリンピックが自国で開催されるというのに、それへ向けての盛り上がりがイマイチ欠けてるというか、でもまあ3年前だとこんなもの?
さすがに次の大会は1年前だし「東京へ向けて!」みたいなことになるんだろうけど、3年なんて短いのに、「いいのかな?こんな雰囲気で」とちょっと思ってしまう。

「いいのかな?こんな内容で」と感じるのは競技自体にもあって、うーん……、日本選手、伸び悩んでますねえ。
私もあまり見れてないけど、決勝進出できた種目って……今のところもしかしてゼロ?
いたらごめんなさい。
でも東京はこれで大丈夫なんだろかって心配になるくらい、言ってはなんだがパッとしない。

男子100mくらいかなあ、先に期待が持てそうなのは。
これだけは大会がどうこうというより、10秒00台を走る選手が増えたことで、競技自体が日本で盛り上がってます。
サニブラウンの準決勝にはガクーッときたけど(期待してた分ガッカリ感が大きかった)、彼を筆頭に男子100mは本当に楽しみ。
これはオリンピック云々抜きで楽しみです。



でも他が……。
特に女子がダメだ……。

日本で女子の陸上といえば何を置いてもマラソンでしたが、肝心のマラソンがとうとう入賞者ゼロ。
もはや期待をすることは選手のためにならないような気がしてきた。
マラソンがダメだと女子は苦しい。
女子マラソンの不振が盛り上がりに欠ける要因の一つには、多分なってますよねえ。

男子と女子のマラソンが同日開催だったのも、テレビの盛り上がり的には辛かったかな。
分かれてた方が見る方も楽だったし、得をしたのは運営側だけのような気が。

あ、男子のマラソンは別の意味で面白かったですね。
川内はやはり見るに値するランナーです。
代表はこれが最後とのことだけど、もったいないなあ。
まあ本人が言ってる通り、川内に頼ってるようじゃ日本のマラソンはいよいよ末期なんですけどね。



んー、パッとしない話題ばかりです(苦笑)。
思えば女子マラソンと室伏でメダルを計算出来てた頃は華やかだったなー。
今は苦しいですね。
3年後に向けていい感じなのは競歩と、やっぱり男子100m。
サニブラウンの200mも。
あとリレー。

なんとか他の種目も頑張ってもらいたいな。
3年後に期待が持てるような、せめてそういうのをよろしくお願い。




by teri-kan | 2017-08-09 11:01 | スポーツ | Comments(0)