<   2012年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「銃・病原菌・鉄(下)」

「銃・病原菌・鉄(上)」の続きなんですが、なんていうか、妙に長かったというか、上巻と比べると文字数以上に長かったような……。
感想もちょっと、なんと言えばいいのか、なかなか難しい。

まあ結論は結論でいいとして、そこに至るまでの過程が長い道のりでした。
無駄に、という言い方は適切じゃないけど、しかし無駄と言って言い過ぎではないだろうというくらい、無駄にニューギニアの歴史に詳しくなった感がありますね。
本書におけるニューギニアの意義については理解してるつもりでありますが、しかし、もうちょっと簡潔にしてくれたら読みやすかったのになあ。
途中、向かってる先を見失いそうになりましたよ。

とにかくニューギニアが、人種から習慣から何から何まで塗り替えられる征服を免れた稀有な地域と言われれば、なるほど、あの民族の特殊性はだからなのかと納得できます。
逆に言えば、他の地域は全て民族のオリジナリティがなくなってるか薄まってるかしてるってことで、地球の歴史、っていうか人類の歴史は、均質化・同質化の歴史なんですね。
今更な感想なのかもしれませんが。

ニューギニアやアフリカの歴史は全く知らなかったので興味深く読んだのですが、日本についての記述には首を捻りたくなるところもあって、自国民の認識と外から見る目ではいろいろと違うものなのかなと思いました。
日本が江戸時代に銃を放棄したのはとりあえず正しいとして(完全に放棄したわけじゃないけど)、放棄した理由が刀の方が武士の象徴だからというだけではちょっと説明不足なような気が。
とはいえ、周囲に脅威となる国がなかったから銃の放棄という武装解除ができたのだというのはわかります。技術の放棄は自分達だけの都合では成しえないこと、現在の原発是非論が外国の存在抜きにして語れないのを見ても明らかだし。

結局のところ人間社会は他者との関係性によって発達するし滅びもするし、人が存在する限りその軋みは存在し続けるってことなんですかねえ。
でもって軋みがある限り核なんかも存在するということで、人間社会は膨張の果てに自爆するしかないんじゃないかと、読んでてイヤな気分にもなりました。

中国ではなく欧州が世界の覇権を握った理由には納得。
多様性がある方が発展するのは確かだし。
ただ、より発展した国が遅れた地域を征服するのは歴史の必然だとしても、アフリカやアメリカの先住民に対する大々的な殺戮、奴隷化、アジアの植民地化は、何をどう言い訳しても犯罪と言っていいと思います。
欧州が力強く発展したのは結構なことなんだけど、人種的に劣っていたから征服されたわけじゃないと言うのもいいんだけど、やりきれなさが残りますね。

みんな仲良く、とは絶対にならないんですよねえ。
これから先も膨張と発展の先の自爆を免れたとしても、大きな犠牲は避けられないんじゃないかって気がしてしょうがないし、歴史を知るのは楽しいけど、知って未来が不安になるのもなんか悲しいものが。

というのが読み終わっての大体の感想でしょうか。



にしても歴史を綴るって難しいですね。
あらゆる分野の科学的数値や定説・新説をもとに昔の社会を頭の中で築いていくというのは、よほどの知識と知性がないと出来ないことだなあと感じました。
その頭の中の社会も、築き方は学者一人一人によって違うし、かといってあれもこれも読むほどこっちも余裕があるわけじゃないし、いろいろ読んだってより事実に近いのはどれなのか自分じゃ判断できないし、知りたいのは知りたいけど、限界がある頭の持ち主には悩ましいものがあります。
ホントにね、タイムマシンでササッと過去を確かめに行けたらこれ以上のことはないんですけどね。

仮に過去に行くとしたら、1000年前とか1500年前とかがいいな。
新大陸発見以前は地球がバラエティに富んでて楽しそうだ。
日本では漢字が入ってき始めた頃、日本語の話し言葉に文字を当て始めた頃が見たいし、世界中を回ってそういうのを見ることができたら楽しそうだな。

うん、いろいろあるけど、歴史を知るのは楽しいのだということを、たくさん感じさせてくれる本ではありましたね。




[PR]
by teri-kan | 2012-07-04 11:23 | | Comments(0)

現実的な息子たち

親父がドリーマーだと息子は自然と現実的になってしまうものなのか。
大河ドラマ「平清盛」、とうとう平治の乱が勃発しましたが、清盛は目の前の権力争いよりも、義朝は目の前の戦況よりも、友情やライバルに思いを馳せて何やらしんみりする時間が多かったです。

反対に息子たちは現状をシンプルに認識して、的確な進言、あるいは親父をじっと静かに観察。
まあ六波羅で留守番してる人達はろくな案が出せませんでしたが、それらも含めてそれぞれの育った環境からくる立場の違い、考え方の違いが意見の一つ一つに表れていて面白かったですね。

源氏は板東武者の悪源太と京育ちの頼朝の差がはっきり出て、とても兄弟とは思えないほどの違いっぷり。
平家は忠正処刑の受け止め方がそれぞれに違っているのが興味深く、頼盛は単に私怨拭えずって感じだったけど、重盛は私怨を押し殺し、それでいて最上の信西見殺し計画を思いつくあたり頭がいい。
残念ながら父の思いとはまるっきり逆の提案だったけどね。
重盛は父の信西への思いをどれだけ理解できたんでしょうね。

「オレは誰なんだー!」「誰でもよーい!」の出会いから振り返ってみれば、若かりし清盛と信西の語りあった場所は、都システムから離れたところばかりだったんですよね。
夜の大路、安芸の国、瀬戸内海の海賊船、どれも京に住む貴族にとっては異界と言っていいくらいの場所で、そんなところで胸を開いて語り合えば、確かに友情も芽生えてくるというものでしょう。
西行の友情と比べてわかりにくいかもしれないけど、システムの外からシステムを眺めて理想を語りあった者同士の、深いところでの繋がりというものは確かにあったはずで、今回少々長たらしい回想場面ではありましたが、清盛と信西のこれまでを振り返る演出は必要だったと思います。

が、信西まで自分探しをしていたというのは唐突でした。
信西が信西自身を見つけるのは良いとして、その意味は一体どこに? これまで清盛を諭す場面はあったけど、信西自身が自分の在り方に苦悩するシーンってあったっけ?
演技力で魅力的な信西になっていたのはいいけれど、もうちょっと脚本・演出の部分で信西を掘り下げる必要があったのではないかと、信西のラストを見て感じましたね。
頼長の日記を読んだ時の涙とか、いろいろあったはずなんだけど、ちょっともったいない感じがします。



まあ、信西は恨まれてもしょうがないことをしてたし、仕方ないと言えば仕方ないんですが、かわいそうなのは師光。
崇拝する師のあの最期は師光にとっては耐えがたかったことでしょう。

師光あらため西光。
この後もいろいろある西光。
突然だけど、髪を切ったボロボロの西光が岡野玲子の「陰陽師」に出てきそうな顔そのまんまだなあと思ったのは私だけ?
マンガの中の髪を下ろした晴明っぽいんですよね。
まあどうでもいいことなんですけどねー。



後白河院が幽閉されても平常運転だったのが良かったです。
猫と一緒に避難する上西門院もGOOD。
二条帝の声は何回聞いても驚く。この声が帝のキャラに必要なのだと考えようとしてもやっぱり驚く。
美福門院と忠通の会話は良かった。成り上がり貴族と比べたらなんだかんだで品がある。

で、信頼なんですが、信頼はねえ、信頼は……やっぱりどうしようもないな(苦笑)。
軽々しく事件を起こした報いを後からしっかり受ければいいよ。



毎回さりげなくいい味出してる時忠ですが、彼の意見は現代人のツッコミなんですね。
現在の私達がタイムスリップして時忠になったかのような、あまりにも私達に近い意見を口にする役回り。
でもそれが効いてる。当時の社会では浮いてる意見ということで、ことごとく平家一門にスルーされてるのが上手く出来てる。
本当に毎回ほんのちょっとの出番なんだけどね。
でもそれが妙に効果的で、よく効く薬味みたいですね。
[PR]
by teri-kan | 2012-07-02 16:44 | 大河ドラマ | Comments(0)

守りの美学(7/2追記)

ユーロ2012のセミファイナル、ドイツ対イタリアは2-1でイタリアが勝利しました。
コンディションの差が懸念材料でしたが、前半で2点差ついたことでイタリアが完全に主導権を握り、終了間際のPKはともかく、終わってみればいかにもなイタリアの試合だったと思います。

カテナチオ脱却が話題の今大会のイタリアですが、W杯優勝したリッピのアズーリも守る時は徹底して守りつつも、そこそこ攻撃を組み立てて攻めるチームでした。
いつまでたってもカテナチオカテナチオ、イタリアは守って守ってカウンター、と言ってる人がいますが、別に今回ガラッと変わったわけではなく、少し前から既にそうだったと思うんですよね。
ただ守備が堅いっていうのが変わってないだけで。(2010W杯は除く。)

なぜイタリアが守備が強いのか、なぜチャラいイタリア男が守備に必死になれるのか、なぜあんな色男達が皆が皆コースに体を入れてマゾっぽくボールに当たりにいけるのか、などなど、こういった疑問は結構昔から言われているのだけど、スッキリとした答えは多分いまだ出てなくて、私もいまだによくわからないのですが、でも色男が体を張る姿は超絶にカッコよく、それが中盤、最終ライン、キーパーと連動しているのだから、もうステキの一言なんですよ。イタリアの守備は色気にあふれているのです。

で、攻撃も色気にあふれてるのです。
昔からファンタジスタが愛されたお国柄で、バッジョのプレーなんかホントセクシーでしたが、今ではピルロのパスですよね。ゆるゆる中盤でパスを回しつつ、スッと「え?そこ?」といったところにボールを送る。
ドイツ戦の1点目のカッサーノも良かったですね。デカいドイツ人に囲まれつつ、ゆるゆるキープしてたかと思いきや「え?」というタイミングでヒュンッとクロスを上げ、その「え?」という瞬間に既にゴールが決まってる。
あそこだけ早送りしたかのように時間が進みましたよね。
あれは気持ちよかったなあ。

個人的にイタリアの面白いところって、攻守のスイッチの入り方、攻撃のギアの入れ方、その瞬間にあると思ってて、特に攻撃に行く時にチーム全体にスイッチが「カチッ」と入る時の一体感には感動すら覚えることがあります。
急にギアが上がるとこも良いです。ロウから4とか、時には一気にトップまで行きますが、それが特定の選手だけじゃなくチーム全体に行き渡るところがすごくて、それがセクシー守備と絡み合ってるんだから、良い時のイタリアはホントに観ていて楽しいです。

2010W杯はそんなイタリアのいいところが全くなくて、こりゃもうイタリアも終わりかと思ったのですが、どっこいやっぱりイタリアはすごくて、もうプランデッリ様様です。
戦術オタクな監督を続々輩出してる国だからか、イタリアの選手は皆戦術理解度が高いし、3バックになったり4バックになったり、今大会中もいろいろやりつつ、でもちゃんと対応できているのだからすごいです。
なんだかんだでやっぱり面白いですよねえ。
キャラも相変わらずいろいろ揃ってるし、ネガティブな話題が先行することも多いけど、間違いなく華のあるチームですよね。



ドイツは上手くなったけど個性がちょっと薄まっちゃったかな。
ドイツと言えばエッフェンベルクのような強烈な容姿と個性の人達がたくさん、というイメージが強かったのだけど、ああいう悪っぽい選手、今はあまりいないのかな。
シュバインシュタイガーの顔はあの系譜だと思うけど、全体的に好青年っぽい顔が増えましたよね。



決勝はイタリアとスペインの戦いになりましたが、予想は難しいです。
キーパーがキーになるかな。もしかしたら前回大会のようにPKになるかも。
スペインがここ数年ずっと好成績を残しているのは守備が良いからで、なんだかんだでカシージャスの存在あってこそなんですよね。バルサ型で良い攻撃してるからとか言われたりしてるけど、優勝できているのは絶対的にカシージャスのおかげなんで、決勝もそこがポイントになるかなと。
イタリアは……バロテッリが能力を発揮できるかどうかにかかってるかな。
どちらにしても良いゲームになると思います。
楽しみですね。



(追記)

予想大ハズレー。
グループリーグで既に対戦していたのがイタリアにはアダとなった?
スペインの実力はイタリアより全然上でしたー。

なーんて、試合は見てないんですけどね。
でも4-0じゃビデオ見る気も失せる……。

というわけで、さらばユーロ。
また4年後に。
[PR]
by teri-kan | 2012-07-01 17:13 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)