<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

BBCの「戦争と平和」

「マスケティアーズ」の流れで見てるんだけど、「戦争と平和」ですからねえ。
マスケの明るい冒険活劇から気持ちを切り替えるのが上手くいかなくて、しばらくどんよりしたロシアの天気のようにどんよりと視聴しておりました。
仕方ないことではあるが、爽やかさは一切ない……。

原作は読んだことなくて、知識としてはオードリー・ヘップバーン主演の映画のみ。
でも彼女が何をしたか全然記憶にない。
覚えているのはヘンリー・フォンダ(ピーター)が戦争見学してたことと、モスクワの荒れたからっぽな光景と、悲惨極まりなかったフランス軍の撤退風景。

あ、ナポレオンはよく覚えてる。
すっごく「らしい」顔してましたよね。
あははー、ナポレオンだーって感じの。
ドラマのナポレオンとは全然違ってた。
ドラマは「あれがナポレオンですよ」と言われなきゃわからない感じ。

映画は当然のことながらお金がかかってて、でもこのドラマも負けてません。
戦争シーンは力入ってますね。
この作品を映像化するということはそこをしっかり描かなければダメで、BBCは馬の数もケチってなかった。
街並み、建築物、室内調度、そういうところもきちんとしているのが、さすがBBCです。

にしても、貴族なんてどこの国もダメダメだけど、ロシアのダメさ加減ときたらなんだろう。
ホントに心底「ダメだこの人達」な気分にさせられちゃうんですよね。
多分屋敷の中と外の気温の差が激しすぎるからだと思うんだけど、農奴と貴族の差の大きさが、農奴の実態を画面に出さなくてもわかり過ぎてしまうのが辛い。
薄い絹のドレスを見るだけで結構腹立ってくるというか(笑)、これは映画を見た時も思った記憶があるんだけど、「極寒の地で農民から搾取して自分達は暖かいお屋敷で薄着かあ」と、可愛いオードリーにさえ「うーん」な気持ちになったものです。
今回もドラマを見ながら、ほんまこいつらどうにかならんのか、です。
ニコライの馬鹿さ加減とか、あああーもう!な気分。

そんな社会に鬱々としたものを感じて、生きるのに苦しんでるのがアンドレイでありピエールであるという、本作の主人公達。
小説のあらすじを確認するだけでもドラマのダイジェスト風味あふれるスピード展開には驚くばかりだけど、そんな展開でも、「ああ、これは時代を越えて読まれる人達のお話かも」と、彼らを見てると思えたりする。
彼らの苦しみは普遍的なものですね。
生きている限り抱えざるをえない、若者の苦しみです。



マスケのような爽快さや愉快さは皆無だけど、さすがしっかりしたドラマではあります。
ロシアの大地は美しい。
美しさと、厳しさと、その在り方はあまりに素朴で、でも人間は別。
厳しさが勝ちすぎて醜悪になりがちで、ヨーロッパになりたい、フランスの真似上等!だけど、それはロシアにとって幸せなことではなかったかなあ。
うーん、「こんなだから革命がー」な気分になって、ロシアものはどうしても鬱々としてしまう。

やっぱり爽やかさ皆無。




[PR]
by teri-kan | 2016-10-11 14:23 | 海外ドラマ | Comments(2)

ロード・トゥ・ロシア 日本VSイラク@埼玉スタジアム

ほたるうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!
ありがとおぉぉぉぉぉぉぉぉ!
うれしいぃぃぃぃ!
でも全然ロシアに行ける気がしないーーーー!!



……まあ、ああいう劇的な勝ち方をしたら、流れが変わる可能性はあります。
どの監督の時もああいうのってあって、それでムードがよくなって調子が上がったこと、日本代表は何回もある。
奇跡的な勝ち方ってのは馬鹿にできない。
結局メンタルがモノを言いますからね、最後の最後のところでは。

この試合の内容は全然褒められたものじゃないどころか、ボロクソ言ってもいいくらいだと思うのですが、内容が良くて負けるのと内容が悪くても勝つのでは、公式戦においては、特にW杯予選においては、勝つことの方に絶対的な正義がある。
ハリル批判はこの試合だけで止むことはないだろうけど、もともと彼に託された仕事は超難しいものなので、今は勝てばそれでいいと割り切ることも必要かと。
今の日本は誰が監督になっても厳しいのが現実だと思います。

鍵はロンドン世代の台頭だよねえ。
やっとこの試合で彼らが中心になり、結果を出してくれた。
清武、原口、山口蛍は良かった。
でも彼らより早くから出場機会を得ていたW酒井には不満だらけ。
ザック時代より得点力が落ちてるのって、両サイドバックの出来が落ちてるからだよね。
ウッチーの攻撃力が懐かしすぎて困る。
サイドバックはどうにかならんもんかね。

今の攻撃はハリルが求めてるものじゃないと思うんだよねー。
あんな遅い攻撃を目指してるんじゃないし、それならザックだって元々はああいうのを求めてはいなかった。
あのメンバーだとどうしてもああなってしまうというのが実情だと思うんだけど、でも本田を使いたいんだろうなあ、遅くなることがわかってても。
体が強いからというのがやっぱり一番の理由なのかなあ。
当たり負けしない体って大事なんだよね。
トルシエが鈴木を絶対に外さなかったのもそうだけど、前線でボールをおさめられる選手って貴重なんだ。
まあ昨日の本田はそれ以前の部分で問題アリだったけど。

結局流れの中から取れた点はカウンターのあの一発だけだったってことです。
イラクのDFにきちんと並ばれたらまともなチャンスは作れなかった。
DFに並ばれる前に仕掛けない攻撃にはイライラMAXになったし、ハリルのこれまでの言動からして本人もあれにはイライラしてたでしょう。
オーストラリア戦で本田をどうするか、注目ですね。
コンディションはともかくとして、やはり使いようだと思うから。



実はオーストラリア戦は全く期待してないのだけど、なんとか首がつながったのだから頑張ってもらいたい。
半ば「ロシア大会はヒマになってもしょーがないなー」な気持ちでいるけど、まだどうなるかはわかりませんからね。
ギリギリまで足掻いてもらいたいです。
遅くて守備が脆弱でメンタルも強くないくせに「いいサッカー」を求める周囲の声だけデカい日本代表を変えられる薬になれるかどうか。
駄目でも協会をボコボコにしてくれるなら、まあいいかなあ。
大転換期の只中にいることを楽しめるくらいの気持ちでいないと、今の日本代表はしんどいばかりですね。




[PR]
by teri-kan | 2016-10-07 12:49 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

Santiago Cabrera as Aramis

イケメンアラミスで超楽しませてくれたサンティアゴ・カブレラ氏について。
ホントーにホントーにありがとー!の気持ちを込めて、つらつらと思ってることを書かせていただきます。





ヒゲとムキムキとサッカーとセクシー
[PR]
by teri-kan | 2016-10-05 10:52 | 海外ドラマ | Comments(10)

「クリスタル・ドラゴン」その9

なんと、27巻が出ました。

雑誌の連載を時々立ち読みしてるのですが、ホントに毎月の進みがちょっぴりで、「こんな亀の歩みで一体いつになったら終わるのやら~」な気持ちにさせられるのだけど、亀でも何でもとにかく歩いていたらいつかは目的地に到達する、中継地点に到達する、ということで、この度めでたく最新刊の発売となったのでした。
いやー、めでたい。





感想
[PR]
by teri-kan | 2016-10-03 10:56 | 漫画 | Comments(0)