人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

年末のご挨拶

今年一年ありがとうございました。
当ブログにお越し下さった方、コメント下さった方、本当にありがとうございます。

皆様、よいお年をお迎えください。
寒いですので風邪などひかれませんように。

by teri-kan | 2018-12-30 09:00 | 身近な話題 | Comments(2)

「サルベーション」の陰謀と謎と幻の3

海外ドラマの中途半端な打ち切りは何なんでしょうね。
ストーリーを完結させる責任感というのは皆無なんだなあ。
クリエーターとしてどうよそれ?
悪人二人組がいなくなっただけではないかー。

というわけで、ここからは悪人の悪事について。





中途半端感半端ない
by teri-kan | 2018-12-28 12:00 | 海外ドラマ | Comments(4)

「サルベーション2」はえええええええええええ!?

今週は第11話~第13話。
面白かったけど、ええええええええ!?

誰か物理がぱっぱらぱーの私に教えてくれ。
結局アレはなんなのだ?

まさかまさかのヤツラの目的。
こんな展開、全然予想してなかった!

ずっと疑問だったのは、なぜ敵は小惑星対策をしてるダリウスの邪魔をするのかということで、敵だって死ぬのは嫌なはずだし、もしかしてダリウス以上に有効な策でも持ってるのか?と考えたりしてたんだけど、まさかその策が箱舟ドロボーだったとはーーーっ!

というわけで、最終回ということで、まずはキャラそれぞれの感想を。





みんな頑張った!
by teri-kan | 2018-12-26 14:42 | 海外ドラマ | Comments(2)

ハズキルーペのCM

これが流れるたび未だにテレビ画面に目を向けてしまう。
好きなんですよ、ガーシュインの「キューバ序曲」。
この曲、「キューバ序曲」でよかったですよね?
とにかくこれが流れてくると見てしまう。
恐ろしや、ハズキルーペ。

気分のあがるこの曲にゴージャスな高級クラブがピッタリなんです。
いや、批判的意見があるのは知ってますよ?
特に連続でお尻で踏みつけていくシーン。
第一弾で菊川怜が一人でやってるやつでギリギリかなあと思ってたので、まさかお姉ちゃんが何人も「キャッ」「キャッ」ってやるとは思わなかったです。
よくやったなって感じだけど、うーん、好きなシーンではないけど勢いに流されちゃってるかなあ。
それもこれもガーシュインがいけない。

誰がこの曲を使おうと思ったのかわからないけど、ナイスなチョイスだと思いますね。
起用してる俳優の贅沢さもそうだけど、高級クラブといいウキウキにアゲアゲな曲といい、この組み合わせを考えた人はすごいと思います。

美女をはべらす男の光景が気に入らないという人もいるようなのて、第三弾はその逆をやってみたらいいかもしれませんね。
若いホストをはべらす熟女。
でもお尻で踏んづけてもダイジョーブはやっぱりお姉ちゃんでやるのかなあ。
ここはもうこれまでとは違う新しいあっと驚くようなパターンを期待。



別にハズキルーペの使用者ではないのに書いてしまいました。
これ、性能はどうなんでしょうね。
使い勝手は良いのかな?

まあ、個人的にはハズキルーペより「キューバ序曲」。
CMを機会に久々にCDを引っ張り出して聴いたけど、やっぱり良い曲ですねえ。
自然と楽しい気分になります。
あのリズムだーい好き。




by teri-kan | 2018-12-24 00:00 | その他のエンターテイメント | Comments(0)

「サルベーション2」は予想外の展開

今週は第8話から第10話。
やっと壁を1個乗り越えたと思ったら、またまた新たな敵が!?
もう、Q-17ってなんなん!
なんて忙しいドラマなんだー。





悪人は小惑星のことをもっと真面目に考えたらいいと思うの
by teri-kan | 2018-12-21 11:00 | 海外ドラマ | Comments(2)

「ロシュフォールの恋人たち」(1967)

「三銃士」関連でロシュフォールを検索かけたら必ず上位に出てくるタイトル。
ずっと気になってたので見てみたら、なんとまあ素敵なミュージカル映画でした。

色が素敵、洋服の色がとにかく素敵。
ロシュフォールの町の風景にピッタリ。
踊る色彩が映えに映える。

帽子が素敵。
普段使いであれはないわーってくらい派手でゴージャスだけど超可愛い。
とにかく素敵。

音楽がもうとにかく素敵。
この曲はこの映画だったのかーってのが何曲もある。

徹底して恋愛なのがさすがおフランス。
ありえない展開もミュージカルならいける。
明るくカラッとした町の空気感とピッタリ。

終わりの余韻の持たせ方もさすが。
町を出ていく人は恋人とめぐりあえない人達なのか、と思いきや!
最後の最後まで素敵だった。
さすがフランス映画。

いやー、良かったですねえ。
重々しさとか深い味わいとかそういうものはないけど、とにかく素敵。心地よい。
インテリアに例えるなら、立派な壺といった芸術的な調度品ではないけど、私室に一点置いておきたいようなお洒落で素敵な雑貨って感じ。
ホント心地いいんですよー。



監督はジャック・ドゥミ、音楽はミシェル・ルグラン。
「シェルブールの雨傘」コンビですが、個人的には「ロシュフォール~」の方が好き。
「シェルブール~」は見たのが昔すぎてイマイチ記憶が定かじゃないけど。

カトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックの美人姉妹が双子役。
「赤と黒」でジェラール・フィリップの相手役を務めた美人女優のダニエル・ダリューが双子のお母さん役。
美人の母子設定です。

脇を固める俳優も有名人揃い。
何気にえらく豪華です。

こんなに素敵な映画だったとは知らなかったなー。
いやはや、良い映画でした。
とにかく色が超綺麗!
お洋服見てるだけで楽しいです。





by teri-kan | 2018-12-19 10:00 | フランス映画 | Comments(2)

ガソリンが買えなきゃ電気自動車を買えばいいじゃない

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」はつくづく名言ですね。
発言の主がマリー・アントワネットじゃなかろうが、贅沢をして国民に嫌われた権力者を揶揄する言葉として素晴らしい。
庶民に厳しい政策をとる度この名言は使い回せます。





More
by teri-kan | 2018-12-17 14:53 | 事件・出来事 | Comments(0)

「サルベーション2」は驚愕の展開

今週は第5話~第7話。
なんかもうみんな大変。





面白すぎて長い
by teri-kan | 2018-12-14 00:00 | 海外ドラマ | Comments(2)

スケートのこととか

・トリプルアクセルの紀平

いや、この子はトリプルアクセルだけじゃないのですが、これがまずすごいので触れないわけにはいきません。
失敗もあるけど基本安定していて、とてもクリーン。
ロシア勢に勝てる選手は貴重です。

特にジャンプがそうなんだけど、えらく動きにキレがあるというか、普通の女子の選手とちょっと体が違うなと思っていたら、なるほど納得の筋肉でしたね。
腕にも芯がきちんと通ってるような動きなんです。
あれだけ体がしっかりしてたら確かに安定するだろうなって感じ。
運動神経がかなりいいみたいだし、アスリート風味が強いフィギュア選手といえばいいのかな?

とても将来が楽しみな選手です。
グランプリファイナル優勝おめでとう。



・宇野はこのままではシルバーコレクターに

毎回銀メダルもすごいことなのですが、さすがに優勝したいですよね。
ネイサン・チェンも万全といった感じではなかったので、ミスなく滑れば機会はあったと思うのですが、ちょっと残念なグランプリファイナルでした。
試合に調子が合わないというのは辛いですね。

難しいプログラムなんだろうけど、ミスが多かったなあ。
個人的なイメージとしては宇野はあまりミスしない選手だったんだけど、きちんと全部揃えるというのは大変なんですねえ。

世界選手権は頑張ってほしいな。
ていうか、銀でも素晴らしいんだけど、金を取れる実力はあると思うので頑張ってほしい。



・月はソ

そういえば今年の宇野のフリーはベートーヴェンの「月光」ですが、先日「らららクラシック」でやってた月の曲特集が面白かったです。

月がテーマの曲は「ソ」の音が多用されているということ。
大地っぽい音の「ド」は主音、「ド」に対して「ソ」は属音。
地球は「ド」、地球の衛星である月は「ソ」。
へええええ~でした。

そう言われてみれば「ソ」の音は遠くへ抜ける感じがします。
なんとなくだけど。
多くの作曲家が月とくれば「ソ」という話は興味深かった。
解析すれば絶対何かあるんでしょうね。

月はソ。
音って面白いですねー。




by teri-kan | 2018-12-12 00:00 | スポーツ | Comments(0)

今年のJリーグについての世間話

入れ替え戦は順当に磐田がヴェルディに勝って今年のJリーグは終了。
(ついでに天皇杯決勝も元日じゃないけど終了。)
サッカー界は今年もいろいろありました。





ほぼ雑談
by teri-kan | 2018-12-10 17:36 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)