人気ブログランキング |

タグ:あまちゃん ( 15 ) タグの人気記事

ユイちゃんの気持ち

月曜日の「あまちゃん」のアキとユイの大喧嘩はすごかったですね。
ここまでこつこつと積み上げてきたストーリーのたまもので、18歳の女の子の内面の描写がとてもよかった。

春子の言ってた「二人とも子供」の通り、子供の言い争いではあるんですよ。
でも18歳の女の子だからその中身は微妙で繊細で複雑。子供だから無神経だけど精細なガラス細工のように脆くて、ほんのちょっとの何かで崩れてしまうものだったりする。

アキの「お母さんは帰ってこない」のポロッと出たって感じのセリフはよかったな。
アキが性格悪い子だったら続けて「お母さんは他の男といた」って腹立ち紛れの大暴露をするところだけど、それを言っちゃ全てが壊れるからね。
ユイのお母さんのことが頭から離れないけど肝心なことは言わずにとどまるってとこが、アキのユイへの友情を感じさせてよかったと思います。

で、私は年代的にも完全に春子目線で彼女達を見てるので、春子がユイを抱きしめた気持ちがとてもわかるんだ。
ユイはね、やっぱり可哀想なんですよね。
せめてこの人生が急転した4ヶ月の間、親友がそばにいてくれたらどんなに救われただろうかと、本当に可哀想に思うのですよ。

長くなるので続きはここから
by teri-kan | 2013-07-16 15:27 | 朝ドラ | Comments(0)

ええ!?

ユイと種市先輩はつきあってるの?
びっくりーーーーー。

てっきりダメになったのかと思ってた。
これは夜きちんとテレビを見なくては。

あ、ユイとつきあってるということは先輩これからもドラマにちょくちょく出てくるんだね。
それはそれで楽しみかも。
でもアキはしんどいなあ。
せめて二人一緒の姿が目に入らないだけマシってところか。
by teri-kan | 2013-06-03 13:06 | 朝ドラ | Comments(0)

南部ダイバー魂

先週金曜日の「あまちゃん」は良かったですね。
お座敷列車も先輩とのお別れも。

種市先輩、やっぱり爽やか好青年だ。
アキのこと可愛い後輩としか見てなかったけど、後輩としては思いっきり可愛がってくれたもんね。
最後もきちんとお別れしたし。
いい子だったよねえ……。

結局先輩はユイにフラれちゃったんだよね?
なんとなくフラれたもん同士の、微妙なわかり合いの雰囲気もあったような。
まあそうじゃなければさすがのアキもユイと今まで通りに仲良くはできないだろうし、先輩とアキはそういうのも乗り越えて、ものすごく理解し合えてる感じがして、見ててなんだかうれしかったな。
もしかしてこの2人いつかくっつく?とか思っちゃったよ。
ていうか種市先輩これからも出てくるよね?
くっつくにしろしないにしろ、今後全く出てこないとかなったらかなり寂しいかも。
南部ダイバーを一緒に歌ってる2人はすごくよかったし、そうだよ、先輩と後輩の絆は永遠じゃん!2人は南部ダイバー魂でつながってるじゃん!と、思いっきり感情移入して観てました。
初恋は大概実らないものだけど、アキの初恋はいい恋でしたねえ……。

……なんてしみじみしてる間もなく、ドラマは次のステージへ。
うん、これから本格的にアイドルへの道のりが始まるんですね。
実はこの先のストーリーってほとんど知らないんだけど(あらすじやネタバレは極力避けてます)、高校とかどうするんだろうね。

あー、いろいろと気になるー。
by teri-kan | 2013-06-02 10:18 | 朝ドラ | Comments(0)

女の友情はサランラップより薄い

「男が絡むと女の友情は紙より薄くなるよね」
「オブラートの方が薄くない?」
「サランラップがあるよ?」
「そうだ、サランラップだー!」

……なんてことを友達と話してた高校時代を思い出しました。

果たしてアキとユイの友情はサランラップ以下なのか!?
男が絡むとやはりダメなのか!?
あー、青春だ青春。
なんだか懐かしー。

先週の「あまちゃん」の金曜日から土曜日前半にかけては、「うおーーーっ、たーねーいーちーーー(怒)!」状態で観てたんだけど、実は先輩もユイに振り回されている側だと判明。

ユイはお台場と付き合うんだね。練馬だったらダメなんだ。
とんでもない子だけど、でもある意味はっきりしていて爽快ですらある。
本気でアイドル目指すなら計算も必要だし。

かわいそうなのは知らず知らず2人のキューピット役を担っていたアキで、いやあ、切ないね。
先輩に好きな人がいるとかどうとか、全く考えたことなかったんだな。
いや、先輩の態度も態度だったんだけどね。でもそれも今から思えばキューピット様を無下にはできないという、そういう意味もあっただけのことで。
ううーん、かわいそうだ、アキ……。

としんみりしていたら、自転車をこぐアキはなんとそのままお空に駆け上っていきました。

ごめん、思いっきり笑った。
直後のオチでも笑った。
ものすごく切ない回だったんだけどな。
なのに笑いながらこれを書いている自分がいる。
いやホント、アキはかわいそうなのにね。
ラストが素晴らしすぎて、思わず楽しく感想を書いてしまいました。

にしても、しみじみと青春だー。
女の友情サランラップ以下と見せかけて、実は恋愛トラブルじゃないってところがね、みんな大変だ。
3人ともガンバレーって感じです。
今週も楽しみー。
by teri-kan | 2013-05-27 00:52 | 朝ドラ | Comments(0)

さわやか「あまちゃん」

NHKの朝ドラ、久々に画面をじっくり見てます。
7時45分からの放送がなくなってからは普段の日は音を聞くだけのことが多かった朝ドラですが(土曜日分は一応ちゃんと見てる)、「あまちゃん」は画面を見なきゃもったいなくて、今月から夜の再放送をきちんと見ることにしました。

いやあ、かわいいですよねえ、アキ。
文句のつけようがないくらい普通の子です。
「そんなおっちょこちょいで医者になれるのか?」とか「正論だけどちょっと無神経すぎないか?」とか、そういった突っ込みどころがほとんどない。
珍しく嫌味のない子、というか、嫌味のない物語になってます。

まあ前のドラマが波乱万丈すぎましたからね。しかも最後の1週間は暗すぎた。
そのせいで爽やか感が5割増くらい余計に感じられるのかもしれないけど、やっぱり朝は爽やかに越したことないですね。

爽やかといえば種市先輩。
久々に爽やか好青年が朝ドラに登場。
そういえばこういうのも前のドラマにはなかったなと、「純と愛」の特殊さを今になって実感。
アキは先輩のことが好きだけど先輩の視線はどうも違う方を向いてるっぽいという、いかにも青春な爽やか恋愛劇も良い。
こういうのも久々だなと、いろんな久々感を楽しんでます。

80年代半ばの雰囲気がそのまんまで、当時を知る人間にとっては懐かしくもあります。
若かりし春子の風貌が当時から抜け出たようにまんまなのが素晴らしい。
頬のちょっとしたふっくら加減がもろ当時。
この映像を正方形じゃない画面サイズで観ていることが新鮮です。

東京と地方、現在と過去の関係性がこれほど上手く絡み合ってる朝ドラもなかなかないかな。しかも実在した人物がモデルじゃない主人公のお話で。
観光客が増えてるというのも納得です。
今回の朝ドラは地方の海辺の田舎が舞台であることにドラマの中でちゃんと意味があるし、こういうのが時々出てくるから朝ドラってやっぱりいいですね。
by teri-kan | 2013-05-13 11:07 | 朝ドラ | Comments(0)