人気ブログランキング |

タグ:アニメ ( 16 ) タグの人気記事

「もののけ姫」(1997)

宮崎駿作品のテーマの一つに「人間vs自然」がありますが、それを真正面から取り上げたのがこの映画。
あまりにストレートすぎて、他の作品と比較したらある意味わかりやすいというか、ちょっと説教くさい。しかもハッピーエンドじゃない。
まあ他の宮崎作品だって全てがハッピー!で終わるわけじゃないけど、「もののけ姫」のエンディングはそれでも他とは全く違う。

だからですかねえ。この映画、ヒットした割にTVであまり放送されません。

まあね、見終わった後スッキリするどころか結構ブルーになっちゃうし、しかも自分達の生活というか、人間の営みに関するお話だから、人ごととして済ませられないんですよね。

森が暴れまくった後、整然とした里山が現れた時に感じた脱力感・喪失感は何とも言いがたいものがありました。しかもそうならなければ自分達現代人は生きていけないのだと考えた時、自然を惜しむ人間の気持ちにすらエゴが見えて、更に気が滅入る。
とはいえこっちも人間ですからね、人間が生きるために闘っていく姿にはやっぱり共感するわけで、荒ぶるままの自然じゃやっぱり困るわけですよ。今もそうだけど、特に昔はそれこそ自然との闘いは人間にとって生きるか死ぬかの闘いなわけで。
やっぱり死にたくないじゃないですか。少しでも安心して、ラクに生きていきたいじゃないですか。自然には大変申し訳ないけれど。

せめてジレンマに悩み続けることくらいか、自然に対して人間が出来ることって。
この映画の「自然は壊されたんだよ」「壊されるんだよ」という終わり方は、せめてそれくらい自覚しましょうってことなのかもしれません。

まあそんな自分のエゴに向かい合って落ち込む人間に対して「自然はそんなヤワじゃないよ」とばかりに、この映画は最後森の再生も見せてくれるのだけど、あの小さいコダマに思いっきり救われて映画館でポロリと泣いちゃったりした私。
なんていうかなあ、人間の営みは自然と対立するものだけど、しかし人間もまた自然の循環の一部であるというようなこと、どこかでずっと意識していたいものだと思います。
それすら忘れちゃさすがにいかん。



真面目な映画なんでどうしても真面目に語ってしまうんですが、エンターテイメントとしてももちろん素晴らしい作品でした。
あまり見返したい映画じゃないけど、映像は圧倒的。
あらゆる面においてパワーに溢れてましたねえ。

最初から最後まで、この映画はエネルギーに満ち満ちていました。
自然の力はものすごいですが、人間の生命力、もとい、エゴのパワーもものすごい。
その二つの力がぶつかりあった映像の迫力は、あれはもうアニメならではなんでしょう。
宮崎駿のイマジネーション、表現力ってすごいと思います。
by teri-kan | 2010-10-22 10:23 | その他の映画 | Comments(0)

「ルパン三世 カリオストロの城」(1979)

先週TVで放送してました。
1~2年に1回くらい?放送頻度。
個人的にはちょうどよいペースかな。

宮崎駿の描くルパンが「正しいルパン三世か否か」という問題は確かにあるけど、この作品のクオリティの高さの前にはそんなのどうだっていい。観てるこっちが楽しけりゃいーんだよ、ということで、もう好きで好きでたまらないこの映画、TVで誰かが「無人島に1枚DVDを持っていくのならこれ」と言っていたけれど、私も1枚だけと言われたら絶対に「カリオストロの城」を選ぶ。

もうね、最高ですよ。何度観てもいい。というか何回観ただろう。TVとビデオとDVDと合わせたらとんでもない回数いってるかも。

この映画について書いてたらキリがないんだけど、一個だけ魅力を挙げるならば、やはりカリオストロの「城」でしょう。
キャラクターの素晴らしさとか、ストーリーの巧みさとか、どれもいいけれど、最大最強の魅力はやっぱりお城。本作の舞台となっているお城に溢れるロマンはものすごいです。
この映画のタイトルは、全く以って正しいのだと思いますねえ。



ところで、今更ながら「カリオストロの城」を取り上げようと思ったのは、この映画から本家本元のアルセーヌ・ルパンに興味を持った方がきっと今もいるに違いないから。
もしいたならば、是非是非本家の本も読んでもらいたいからです。

というわけで、前にもちょっと触れた事があるけど、この映画の元ネタをいくつか紹介。

どうかアルセーヌ・ルパンに興味を持って下さい!!
by teri-kan | 2010-10-20 01:05 | その他の映画 | Comments(2)

「天空の城ラピュタ」(1986)その1


地球ーはまーわーるー 君ーをのーせーてー
いつかきっと出ーあうー ぼくらをのーせーてー


「ラピュタ」いいですねえ、何度観ても何度聴いても。
スピード感、ワクワク感、おかしかったりホロリときたり、最高のエンターテイメントです。

やっぱり宝島が空に浮いてるっていうのはすごいですよ。
失われた王国とか財宝とか、それらを求めるお話はいくつもあるけど、あんな所に存在してるなんて、もう想像をはるかに超えて、初めて観た時の興奮ときたらそりゃもうすごかったです。
で、今観てもワクワクするんですよねえ。
もう何回も観てるんですけどねえ。

この作品は名セリフのオンパレードで、特にムスカは最高。
ジブリ作品の中でもこの人のセリフの輝きは際立ってるんだけど、やっぱりキャラがいいんでしょう。特にムスカがラピュタの王族というのがわかった時は、こっちも仰天したもんなあ。
ああ、そうか、ただの私利私欲じゃなかったんだって。
いや、まあ私利私欲なんだけど、根拠のある(笑)私利私欲ということで。

滅びの言葉が伝わったのがシータの血筋のみだったというのは、血統的にはそちらが本家といった感じでいいのかな。
なんとなくクラリスとカリオストロ伯爵の関係に近いかも。
王冠をかぶるのは女の子の方で、年配の男はヨゴレ専門というか、きっとムスカの家はそういうのを得意としてた家だったのね。だからあんな末裔を生み出しちゃったんだ。

大地に根を下ろそうとした家系のシータが、最後大樹の根に守られたのは当然といえば当然で、まあ深読みしようと思えばいくらでも出来るお話であります。
ただ話を追いかけて単純にワクワクドキドキもできるし、ロボットや戦争について考えることもできる。

いい物語です。
本当に楽しい。


(追記)

空中に浮かぶ島の元ネタは「ガリバー旅行記」だそうで、そういえばこの映画は「ガリバー旅行記」を参考にしたと聞いたことがあったような気がします。
私の「ガリバー旅行記」の記憶は「巨人の島」と「小人の島」しかないのですが、他にもいろいろあったんですねえ。
今更ですがもう一度真面目に読んでみるのもいいかもと思いました。
by teri-kan | 2009-11-21 02:35 | その他の映画 | Comments(0)

「FREEDOM」

日清カップヌードルのCMがやたら印象的だった月を舞台にしたSFアニメ。
WOWOWで一挙放映されたシリーズ全7話を、先日初めて鑑賞しました。



面白かったです。
ふーむ、こういうストーリーだったのかあと、CMの記憶が甦ってきました。

序盤はCMから想像していた通りの内容で、滅んだと思われていた地球が甦っていたことを知った主人公が、厳しい管理下にある人工都市世界(月)からの脱出を図って地球を目指すというもの。
主人公はかなり単純な男の子で、結構アホっぽかったりするんだけど、まああれくらいアホな方が物語的にはよかったかな。物語の背景自体はかなり重くて、暗くしようとするならいくらでも暗くなる題材なのだけど、少年達の前向きな冒険ストーリーに徹底したところは個人的によかったと思う。そのおかげで短い時間ながらいろんな要素を上手くまとめられていたし。

月と地球の関係や、最後地球を救う手立てがアレだったというのも、成る程って感じ。「地球への憧れ=自由への憧れ」という図式はベタだけどわかりやすく、月(エデン)の支配層の思想が単なる専制でないのもよかった。
ああいった状況でのあの「停滞」は理解できますよ。若者VS老人といった対立に置き換えることもできるけど、そういったありがちな設定は普遍的と同義でもあるから、やっぱり理解しやすい。

最後ちょっと駆け足感もあったけど、一応明るく終われたところも良かったです。



にしても、あのカップヌードルはどこで作ってるのかなあ。
野暮は言わずにあれが出てくる度にニヤニヤしてたらそれでOKなんだけど、地球で主人公がシーフードヌードルに喜んでた時、観てるこっちも「そうだ!地球にはシーフードがある!」と思ったくらいですからねえ。

なんか、おいしそうでしたよね、カップヌードル。最初から最後まで。
by teri-kan | 2009-09-24 12:41 | アニメ | Comments(0)

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」(1978)

ルパン三世の映画といえば何をおいてもまず「カリオストロの城」ですが、ルパン三世らしい映画となると多分こちらの方。皆が皆“らしい”キャラクターで、不二子のお色気シーンもちゃんとある。「カリオストロの城」よりも大人風味がぷんぷんしている作品です。

初めて観たのは小学生か中学生の時だったですかねえ。もちろんTVです。
マモーがとにかくキョーレツで、当時よくチラシの裏に絵を描いて遊んでいました。
描きやすいんですよ、マモーの顔。今でもあの顔は好きですねえ。
キャラもなかなかで、脳じゃない最後のセリフ、「ふじ……こ……」は私のこの作品の名場面の一つになっています。

昨日TVで放映してましたが、今観ても全然古さを感じません。ストーリーも十分いける。
セリフは粋だし。
次元がいちいちカッコいいんですよねー。
「モンローとボガード」ですよ。

オシャレなアニメだなあ。
by teri-kan | 2009-06-20 22:38 | その他の映画 | Comments(12)

「千と千尋の神隠し」(2001)

宮崎駿監督の中でもかなり好きな作品。

夕暮れが訪れ、町に灯りが点され、目の前に大海原が広がり、煌々と輝く船が岸辺へ到着する。
あの一連のシーンだけで花丸がつきます。あのワクワク感ときたらたまりませんでした。

でもあれはお子様には大層怖かったみたいで、映画館で「こわいーこわいー」といった声があがった時には「おお、子供の反応はこういうものなのか」と変に感動したものでした。
夜の帳が下りるのは、やはり子供にとっては怖い時間への移行のようですね。確かに見知らぬ世界の夜なんて怖くて当然かもしれない。そして怖いでいうならカオナシなんてそれこそ怖さの象徴かもしれない。

おそらく民俗学的にみたらかなり深い考察ができる作品でしょう。トンネルを抜けて別世界へ行くことの意味、動物への変化、ありとあらゆるところに存在し、あらゆることをなす神々、湯屋の在り方、名を奪われることの意味……。
でもそんな小難しいこと考えなくてもいいじゃないかという気になれるほど、ここに描かれている世界は圧倒的。実際絵を観るだけで楽しく、賑やかな湯屋や水の上を走る電車だけで満足もできるのです。

懐かしさや目新しさが混合している不思議な世界。
よくまあこんなすごい世界観を表現したものだと、感心することしきりの作品です。
by teri-kan | 2009-04-15 11:05 | その他の映画 | Comments(0)