人気ブログランキング |

タグ:クイーン ( 7 ) タグの人気記事

「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディ・マーキュリー その2

前回の続きです。

この解釈が的外れか良い線いってるかはさっぱりわかりませんが、「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞を眺めていたらこういう捉え方もありではないかと思い、書いてみました。
できれば広い心で読んでいただければと思います。





西洋社会に流れ着いた複雑で繊細なボヘミアン
by teri-kan | 2019-02-13 00:00 | 音楽 | Comments(2)

「ボヘミアン・ラプソディ」のフレディ・マーキュリー その1

先日「ボヘミアン・ラプソディ」のスカラムーシュ部分で、西洋キリスト教社会とフレディの関係について考察しましたが、今回はその続きを。
前回手を付けられずにいた「Bismillahビスミラ」と「Beelzebubベルゼブブ」について。
そこから発展させて、フレディを成り立たせている少数派民族としての彼と性的少数者としての彼の葛藤について。

長くなったので歌詞の原文と和訳は載せてません。
歌詞をご覧になりたい方は、勝手ながらこちらのサイトさんがわかりやすいかなと思いましたので、こちらを参考にして下さい。→ http://studio-webli.com/article/lyrics/299.html
あと、以前の考察を読んでないとわからない部分があります。御了承下さい。

では、以下は考察です。





神も悪魔もフレディを苦しめる
by teri-kan | 2019-02-12 00:00 | 音楽 | Comments(0)

「ボヘミアン・ラプソディ」のスカラムーシュ その2

前回の続き。

スカラムーシュはフレディ自身。
煽りが得意で、でもその真意は言動の通りではない。しかもそれは誰にも気付かれない。
フィガロは体制批判の象徴。
ガリレオは権威に対抗して真実を貫いた人。

これらを踏まえた上で「ボヘミアン・ラプソディ」のオペラパートの最初部分の解析の続きです。





イタリアだらけ
by teri-kan | 2019-01-18 00:00 | 音楽 | Comments(0)

「ボヘミアン・ラプソディ」のスカラムーシュ その1

前回感想を書いたサバチニの小説「スカラムーシュ」のおかげで、スカラムーシュについてのイメージが出来上がりました。
なので、それに基づいてクイーンの代表曲(の一部)を分析。





スカラムーシュとガリレオ、フィガロ、マニフィコ
by teri-kan | 2019-01-17 00:00 | 音楽 | Comments(0)

「スカラムーシュ」

ラファエル・サバチニ著、大久保康雄訳、創元推理文庫。
1921年刊。

フランス革命を背景にしたブルターニュの青年の冒険物語。
舞台はフランスで主人公もフランス人。
でも作者の名前はイタリア人。
そしてなぜか言語は英語。

サバチニはイタリア生まれながら欧州のあちこちで教育を受け、最終的には母の出身国イギリスに定住し、英語で小説家になった人です。
習得した言語は六ヶ国語。
歴史が大好きで、両親はオペラ歌手。
経歴を知れば本作もなるほどと思える内容です。

そんないろいろな要素が詰め込まれた小説の感想です。





イタリア産の即興演劇(コンメディア・デッラルテ)を知りたい
by teri-kan | 2019-01-15 00:00 | 本(小説) | Comments(0)

ミュージカル「ウィ・ウィル・ロック・ユー」

クイーンの楽曲ばかりを使ったミュージカルです。
2002年にロンドンで初演されてから世界中で公演され、日本には2005年に上陸、好評だったため2006年にも来日公演がありました。
私が観に行ったのは2005年で、場所は新宿コマ劇場。
もう十三年前ですが、やたら楽しかったことが記憶に残っています。





抑圧、抵抗、自由、謎
by teri-kan | 2018-11-30 23:11 | その他のエンターテイメント | Comments(0)

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018)

クイーンのヴォーカル、フレディ・マーキュリーを中心に描かれたクイーンの名曲満載の伝記映画。
現在大ヒット上演中です。





感想です
by teri-kan | 2018-11-28 16:52 | イギリス映画 | Comments(4)