人気ブログランキング |

タグ:グインサーガ ( 2 ) タグの人気記事

「グインサーガ」その2

作者死去の後に発売された何冊かの新刊を、先日まとめて読みました。

まあ、なんといいますか、せめてタイス編をさっさとすませていたら少しは話が進んだだろうにと、やっぱり思ってしまいましたね。
はっきりいってこれからが本番じゃないですか。なんかもうつくづく残念です。

あとがきに別の誰かが続きを書くとか書かないとか書いてありましたけど、事情が許すなら是非書くべきだと思います。熱心なファンの中には「別の人が書いたグインサーガなんてグインサーガじゃない」って人もいるようですが、この作品をこれからの人にも読んでもらいたいと思うなら絶対に続きは必要でしょう。

外伝も合わせたら150巻にもなるという「全然終わってない話」を、新たに読みたいと思う人間がどれだけいるのか、結局はそういう話なんですよ。
少なくとも私なら読みたいとは思わない。きちんと完結してる話、又は完結に向かっている話の方を優先して読むし、実際そういう人がほとんどじゃないかと思います。

個人的には「グインサーガ」がここで終わっても構わないといえば構いません。作者がいないのはもうしょうがないことだし、まあ今まで楽しませてもらったし、読み返して理解を深めるという楽しみ方だって既に読んでいる読者にはある。
でもそれじゃ「同時期に生きた人間のための本」でしかないですよね。

そういうのって作家の心情的にはどうなんでしょう。作家の内面を想像するのは難しいですが、普通は自分が死んだ後も世代を越えて読み継がれていくことを願うものなんじゃないかなあ。
で、私は「グインサーガ」がそうなるためには、やっぱり続きが必要だと思うのです。違う作家だろうと物語が完結すれば、栗本薫自身が書いた部分も生きる。

ま、いろいろ難しそうではあるけれど。
特にグインの記憶喪失については問題がありすぎるし。



にしても、今回読んだヤガが舞台のあれこれはなかなか面白かった。
スカールはいいですね。さしもの作者もスカールの心情はサクサク書くしかないらしい。同じ思考の中をぐるぐる回る人物が多い中、スカールの明快さはとても快適です。

作中で出てきたサイロンの怪異って具体的にどんなだったっけと、外伝1を箱からひっぱり出して今読んでるところなんですが、昔の印刷は文字が小さいですねー。今と全然違う。
ていうか作者が晩年にこれを書いたなら、きっと1冊では終わってないですね。もしかしたら4冊ぐらいになってたかも。
「七人の魔道師」や「ノスフェラス編」の圧倒的な分量とスピード感と力強さは、若さゆえのエネルギーのたまものだったんだなあと、今回改めて思って、ちょっとしんみりしてしまいました。
病床にありながら強靭な人だと感心していましたが、もともと持ってるパワーが大きな人だったんですよね。
いろいろな意味でもったいなかったなあと残念に思います。




by teri-kan | 2010-05-19 12:05 | 本(小説) | Comments(6)

「グインサーガ」

作者の栗本薫氏が先日亡くなられ、未完となってしまった作品。
しかし既に覚悟は出来ていたので、そのこと自体については冷静に受け止めています。

体がお悪いことを知っていたからの覚悟でしたが、おそらくお元気でいたとしても、この作品は彼女が生きている限り未完のままだったような気がします。大往生を遂げられたとしても、彼女の手からこの物語が離れることは決してなかったと想像するので、どちらにしても永遠に完結は来なかったんじゃないかな。

それほどこの話はズルズルズルズル長引かされた作品でした。タイスでのグダグダが何巻も続いた時には、さすがの私も本を床に叩きつけたい衝動にかられたくらいで、気の長い私でさえこの有様なのですから、そうでない方々が「50巻あたりでやめた」「100巻でやめた」と口を揃えるのは当然だろうと思います。

あの方はそう簡単に人生諦める方ではなかったとお見受けするので、もしものために、なんてことは考えなかったかもしれませんが、しかし百数十冊もの本を買い続けてきたファンのために、続きのプロットを残しておくとか、そういったことをしているのかいないのか、その辺は少し気になりますね。
何も残していないのだとしたら、それはまた残念なことだと、ずっとこの作品を読み続けてきた者の一人として悲しく思います。もし何かメモなり何なりの形で残っているのだとしたら、いつかそれをどのような形態でもいいので、発表してもらえたらと思います。


「グインサーガ」の前半は本当に素晴らしい話で、あれを思うと途中からの停滞が口惜しいほどに残念なのですが、こうまで作者と一体になってしまった物語であるなら、それも仕方ないのかなと。
しかしきちんと完結させていたなら、おそらく後々まで読み継がれる作品になっていたのではないかな。

かえすがえすも残念です。




by teri-kan | 2009-05-30 15:40 | 本(小説) | Comments(0)