タグ:ショパン ( 22 ) タグの人気記事

羽生とショパン

羽生の「バラード1番」はショートプログラムなので、フリーの「SEIMEI」ほどテレビで流れることは今後ないかもしれないけど、個人的には最も好きなプログラムです。
短い時間にギュッと濃縮されてる分、ミスのない演技の時は美が結晶化したかのような完璧な美しさです。
ほぼパーフェクトだった今回のオリンピックは、だから本当に素晴らしくて、「ボレロといったらトーヴィル&ディーン組」のように、「ショパンといったら羽生」と言ったっていいのではないかと、個人的にはそれくらい思っています。

男性なのに重さから解放されてるかのような羽生の滑りは、ジャンプすら羽のように軽やで、繊細なショパンのピアノの音とピッタリ合っています。
それでいて力強さも感じられる。
繊細さと美しさと、内に秘めた情熱と力強さ。
羽生はまんまショパンです。

思えば二人は遠い異国から困難に喘ぐ故郷を思っているところも同じです。
身体があまり強くないことも共通してる。
一見線が細く、根性や力強さからは遠くみえる彼らですが、困難を抱えているからこそ、燃える心を持っていますよね。
確かにテクニックに秀でた羽生がショパンのピアノを一音一音表現することは可能なことだと思いますが、ショパンの内面まで表現できる状況に羽生は十分あったのだと、今回のオリンピックで気付かされました。
SP「バラード1番」の素晴らしさは、そういった背景も無視できないように思います。

ピアニストの中には「ショパン弾き」と言われる方達がいますが、個人的には羽生には「ショパン・スケーター」と言いたいというか、今度は是非フリーでショパンを滑ってくれ!とお願いしたい気持ちです。
あれだけ「バラード1番」を掘り下げて滑った本人にしてみれば、「もうショパンは勘弁」って気分かもしれませんが、個人的には見てみたいなあ。
できれば「幻想曲」で。
「バラード1番」はツィメルマンの演奏のものが好きだとネットの記事に出てたけど、ツィメルマンは「幻想曲」も素晴らしいのです。
「バラード1番」よりも多分カッコいいです。
ショパンの男らしさがあふれてるので、繊細さというより「盛り上がるううう」って感じの曲。
羽生が滑ったら絶対カッコいいと思うんだよね。
めくるめく難しい曲なので大変だと思うけど、羽生なら平気でこなせそうな気がするし。



……といったアホなことを、ここ数日つらつら考えていたのでありました。
怪我を治すのが先なのに。
とりあえず本人まだ競技者として頑張るつもりのようだし、羽生を見れる幸せはもうしばらく続くよう。
しっかり完治させて、滑りたいように滑る羽生が見られる日を、とりあえず気長に待っていましょう。




[PR]
by teri-kan | 2018-02-19 16:47 | スポーツ | Comments(4)

練習曲 作品25第1番 変イ長調 「エオリアン・ハープ」 / ショパン

美しい曲です。
本当に美しい。
優美で、詩情にあふれて、美しい風が体の周りを、体の中までも軽やかに流れていくかのようです。
本当に、ただただ綺麗。

「エオリアン・ハープ」という名称がピッタリで、私は長いことエオリアン・ハープがどんなものかを知らないまま、「なんて美しい曲にピッタリな美しい名前」と、名前ごとお気に入りにしていました。

エオリアン・ハープとは、ギリシャ神話の風神アイオロスに由来する、自然に吹く風で音が鳴る弦楽器のこと。
風の神様のための楽器。
聞いたことはないけど、音色は繊細で神秘的なのだとか。
この曲の呼び名になったのは、シューマンが「まるでエオリアン・ハープを聞いているようだ」と言ったからだそうですが、風を感じられるから、というのが理由としてはあるかなあ。
「エチュードというよりは詩」という彼の言葉は、まさしくその通りですね。

この曲にはもう一つ呼び名があって、それは「牧童」というもの。
エオリアン・ハープが何なのかを知らなかった頃は、それこそ「エオリアン・ハープを翻訳したら牧童になるのか?でもハープと牧童じゃ全然違うんだけど?」と、変な悩み方をしておりました。
調べてみると、こちらはショパン本人の言葉が由来になってるそうです。

「牧童が、近づいてくる暴風雨を避けて洞窟に避難している。遠くで風や雨が吹きずさんでいるが、牧童は静かに笛を取って美しい旋律を吹いている。そういうところを思い浮かべてみなさい。」
門弟にそう語ったとのことだけど、うーん……難しい。

私は「牧童」の愛称からは、「爽やかな晴れた牧草地」をイメージして聴いてましたので、「暴風雨」とか「風や雨が吹きすさんでいる」とか、ええええー?でした。
洞窟に避難してる牧童が吹く笛の音と言われても……ショパンは難しい。

勝手に想像するなら、ショパンはそういった状況にあった時にこの曲を作ったってことかな?
周囲が騒がしく、うまくいっていない時に、薄暗い洞窟に雨宿りするように、美しい音色を奏でてた。
イヤな喧騒から逃れた場所で、心を穏やかにさせる綺麗な音を紡いだ……。
お、なんだかますます深みのある、奥深い曲に聴こえてくるような気が。

とことん綺麗なのは、そうでないものが周りにあったから、ということなのかな。
そういう風に捉えたらいい曲なのかもしれませんね。
でも個人的な印象は、やっぱりシューマンの感想に近いです。
これは神様が奏でた音楽ですよ。

そう考えるなら、風が鳴らすエオリアン・ハープはもちろん、風にのる笛の音も、風あってのもの。
これはもうアイオロス万歳ってことでいいのではないか。
はからずも風の神様に捧げた曲とか詩とか、そんな感じで。

大げさだけど、そのくらい綺麗な曲なんですよね。
とても好きなんです。
聴き終わった後、幸福感で満たされているのを感じます。




[PR]
by teri-kan | 2017-11-08 12:55 | 音楽 | Comments(0)

序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3 / ショパン

最近この曲をよく聴いてます。
チェロとピアノのための室内楽曲。
軽やかで明るくて美しくて、大変良い気分にしてくれる作品です。

8分ほどありますが、序奏3分、ポロネーズ5分かな。
タイプの違う2曲が楽しめるって感じ。
どちらも良いです。
序奏は序奏らしく穏やかにしっとりと、ポロネーズはポロネーズなので軽やかに。

人肌を感じさせるような温もりのあるチェロの音と、軽やかでキラキラしたピアノの音が絡み合う美しさよ! ……と書くと、さすがに大げさすぎるかなあ。
とっても気軽に気楽に聞ける曲なんですよね。
押しつけがましくなくサラリとしてる。
印象に残るけど後を引かない。
悪く言えば内容がない。
だけど美しさに嫌味がない。
ひたすら気分のいい、なんとも言えずちょうどいい曲。

ショパン自身は「貴婦人向きの華やかなサロン音楽」と友人宛の手紙に書いてたそうです。
私が貴婦人かどうかはともかく、私にはピッタリ。
まだ十代の、とても若い頃の作品なので、やはり素直だなといった印象を受けます。
難しく考えないで聴けばいい曲ではないかと思います。



この曲、今の形で発表されたのが1831年で、ちょうどショパンがパリに来る前に作られたということになりますが、先日書いたデュマの「ネールの塔」は1832年発表で、二人ともそのちょっと前から名をあげていることを考えると、活躍した時期って結構重なってるんですよね。

今更なことを言いますが、19世紀のパリって現代の人間も虜にする文化文芸が花盛りだったんだなあ。
サロンでショパンを聴き、劇場でデュマを観るという生活も当時のパリは出来てたんですよね。
あの頃の文化人は各ジャンル華やかだし、確かに花の都だなあと思わされます。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-06 15:26 | 音楽 | Comments(0)

ナチス支配下のワルシャワと未完成交響曲

土曜の夜にNHK・BSプレミアムで、「玉木宏 音楽サスペンス紀行~亡命オーケストラの謎~」が放送されました。
後半部分しか観れなかったのですが、シューベルトの交響曲第七番「未完成」を第二次世界大戦の映像と共に演奏するところは観れたので、それについて。





More
[PR]
by teri-kan | 2017-07-31 16:04 | 音楽 | Comments(0)

ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21 / ショパン

第1番の一年前に作曲されていたというショパンのピアノ協奏曲第2番。
まだショパンが十代の時の作品で、十代の青年ショパンが作ったと言われたら大納得という、とんでもなくみずみずしく、震えるほど綺麗な曲です。

本当に美しい曲なのです。
精緻なガラス細工のように繊細で、透明感があって、優しくて、ロマンチック。
驚くほど細やかで、本当に何度言葉にしても足りないくらい綺麗。
「ピアノの詩人」ってホントその通りで、キラキラと美しく、情感にあふれている曲です。

例によってこれもオーケストラが弱いと言われていて、確かに「そうかもしれない」と思えるような曲ではあります。
悪い言い方すれば、ノクターンやマズルカに伴奏がついたって感じ?
そんな単純なものでもないけど、そういう印象を抱きそうになる箇所はあるかな。
だから普通のピアノ協奏曲を想像してこの曲を聴いたら、ちょっと「え?」って思う人はいるかもしれません。
でもショパンを好きな方にはオススメ。
ショパンらしさをとことん味わえる曲なのは間違いありません。

この協奏曲、というか第二楽章なんですが、片思いの曲なんですね。
ショパンがまだ話したこともない、見てるだけの女の子を想って書いた曲なのだそうです。
胸がキュッとするような、甘酸っぱいトキメキを聴いてて感じてしまうのはだからなのですが、このちょっと悶々とするような感じ、十代の青年の恋情ほとばしってますといった感じは、言葉にすれば詩情にあふれてるということにもなるんでしょうが、まあなんというか、ほんとストレートだなあと、聴いてて微笑ましくも気恥ずかしくもなってきますね。
若いっていいねえって感じ(笑)。

でもホント綺麗で、焦れ焦れしながらもウットリ。
若い時からショパンはショパン。
とことん綺麗です。
[PR]
by teri-kan | 2015-09-14 15:54 | 音楽 | Comments(0)

24の前奏曲 作品28の15 変ニ長調 「雨だれ」 / ショパン

クラシック音楽にうすぼんやりした好意しかない人(かつての自分とか)にとって、初めてクラシックのCDを買うのって結構敷居が高いです。
同じ曲でも演奏者や指揮者で違うとか言うし、そんなこと言われても違いなんてさっぱりわからんし、今でこそネットで演奏の評価を調べることもできるけど、私が自分の財布で買い始めた昔はそんな情報皆無に近かったし、CD屋さんの棚からテキトーに選ぶしかなかったんですよね。

そんな私が初めて買ったクラシックのCDはショパンのバラード集だったのですが、なぜバラードだったかというと、大好きな2番を聴きたい時に聴きたかったからであります。
演奏者は名前を聞いたことがあったからアシュケナージを選びました。スケルツォもきっちり4曲入っていて、1枚でバラードとスケルツォが揃うという便利さもありました。

そこからショパン好きの道が開かれ、現在に至るというわけなのですが、ではきっかけとなったバラード2番を熱心に聴くようになった理由は何かというと、たまたま家にあったレコードに収録されていたから。
ではなぜそのレコードを聴くようになったのかというと、「革命のエチュード」が入っていたから。
ではなぜ「革命のエチュード」を聴いてみたいと思ったかというと、それ以前に聴きまくっていたショパン前奏曲集のレコードの解説文に、前奏曲24番は「革命のエチュード」に似ていると書かれてあったから。

では、そもそもなぜその前奏曲集を聴くようになったのかといえば、これはもう「雨だれ」なんですよね。日本人が大好きな「雨だれ」。ショパンといえば「別れの曲」か「雨だれ」というくらいの「雨だれ」。(今は「幻想即興曲」が人気だけど、昔はこの2曲だったような気がする。)
多分テレビで聞いたのが最初だと思うのですが、とても気に入って、父が「家にレコードがある」と言うので聞かせてもらった……というのがそもそもの始まり。
そう、私のショパンの原点は「雨だれ」なのです。
とても日本人っぽい原点なのです。

というようなことを、この間思い出しました。
上記のような記憶のさかのぼりをやって、「あーそういえば雨だれ大好きだったなー」としみじみ思い出したんですよね。
易しいから子供にも弾けますしね、とてもいい曲です。
ホント、タイトルそのまんま。
したたり落ちる雨のしずく。
高速で地面に激突する雨じゃなくて、軒先から垂れてぽとぽと落ちるしずくです。

前奏曲集は大好きで、1番から24番まで大きな一つの楽曲といった感じなので、聴く時はいつも全て通して聴いていました。
「雨だれ」の15番でしっとり終わったと思いきや、16番でガガガンッと激しく突っ走っていく落差とか好きでした。

ショパン初心者にオススメだと思います。
「雨だれ」が入っているというのは名前で釣るという意味でもオススメしやすいと思います。
7番は太田胃散のCMでもお馴染みのあの曲です。(胃腸とイ長調でとても覚えやすい。)
でも個人的に好きなのは16番以降ですかねえ。
15番「雨だれ」はどうした!?好きじゃないのか!?って感じだけど、ちょっと聴きすぎました。
好きだけど、今は懐かしい曲といったイメージです。
初々しい気持ちになれる曲ですね。



[PR]
by teri-kan | 2014-11-25 13:36 | 音楽 | Comments(0)

チェロソナタ ト短調 作品65 / ショパン

ピアノ曲(独奏曲と協奏曲)しか作ってないイメージのあるショパンですが、実はチェロソナタも作曲しています。
……ということを知ったのは、何年前のことだったか。
とても驚いたのですが、この曲、あまり一般的には知られていませんよね。

そもそもショパンコンクールの課題曲になってないし、コンサートでもあまり演奏されないようで、となると私のような一般人は、ショパンの音楽に興味を持っていたとしても、知らなきゃ知らないままでずーっときてしまうのです。
少しは本なり何なりでショパンを勉強しろよってことなんでしょうが、もったいぶらずにショパンはチェロソナタも作ってるってことを、音楽界はもっと積極的に発信したらいいのではないかと思います。

だってもったいないじゃないですか。
すごく良い曲なのに。

ホントーに素敵なんですよ。
素敵をいくつ重ねても足りないくらい素敵な曲なんですよ。
特に第一楽章は出色の美しさですよ。
ただ綺麗なだけの美しさじゃないんです。
ありとあらゆる感情を内包した美しさなんです。
この感情の複雑さをどう言葉で表現すればいいのか全く思いつかないので、結局ただ美しいとだけ言っていますが、こういうのを聴くと音楽に勝る感情の表現方法って他にあるのか?とさえ思います。
本当に素晴らしいのですよ。

チェロはいいですね。
人間の声に近いと言われていますが、心に響くものを音自体がとても多く持っているような気がします。
でも人の声に近いからか、妙に安心感というか馴染みすぎて、眠気を誘う音でもあるなあと思います。
この曲で眠気はきませんけどね!
人肌に近いチェロの音とピアノの繊細な軽やかさと、絡み合い方が素晴らしく、退屈する間などありません。

とても良い曲なんで、もっといろんな場面で演奏されればいいのになあと思います。
ピアニスト、チェリスト双方に高レベルの技量が要求されるので、なかなか難しいらしいですが。

ショパンの中でも名曲の割にはマイナーなんですよねえ。
映画とかドラマとかで使ったりとか全くないのかねえ。
そうだとするなら本当にもったいないと思います。




[PR]
by teri-kan | 2014-10-29 13:15 | 音楽 | Comments(0)

ショパンのマズルカ

「いつまでもショパン」の感想で、マズルカのCDはBGMになってると書きましたが、さすがにそれはいかがなものかということで、しばらく真面目にマズルカを聴きこんでいました。
私の持ってるCDはアシュケナージのマズルカ全集。
曲数が多いので充実の2枚組。
それをじっくりしっかり聴いてみました。

うん、やっぱりいいですよね。
1曲が短いのもあって入り込みやすいし、飽きがこない。えんえんエンドレスでもOK。

CD1枚目は1番から29番(作品41-4)まで収録してあって、2枚目は30番以降、作品番号なしの遺作もいろいろ入ってます。
この作品番号なしの曲がうまく区別がつかなくて、結構好きな曲もあるのに、一体なんて呼べばいいものかって感じです。
CDの最後を飾る「変イ長調」は58番と言えばサッと通じるのかな?
なんか曲の指定が難しいんですよね。
作品番号なしのニ長調なんて2作あるけど、これなんてどっちがどっちか、かなりややこしくないかなあ。

最後の58番の「マズルカ変イ長調」は、ちょっとプラットホームの音楽っぽいですね。「間もなく電車が入ってきまーす」のお知らせ音楽っぽい。
なごめるし、結構好きです。
この辺に並んでる曲は明るいエキゾチックという感じがして良いですね。

個人的な好みとしてはCDの1枚目よりも2枚目で、聴く量としては圧倒的にディスク2の方が多いです。
特に好きなのが作品56の3曲で、Op.56-1(33番)は青空に向かって抜けていくような浮遊感が心地よく、大変気持ちの良い曲だと思います。
Op.56-2(34番)は打って変わって地を跳ねて踊るような躍動感。土の匂いがふんわり。
Op.56-3(35番)はドラマチックですね。もろ好みです。

作品56の前後も好きで、Op.50-3(32番)からOp.56(33~35番)の3曲を経てOp.59-1(36番)まで、CDで聴く時は気合が入ります。
あとは、作品番号なしの50番「ノートル・タン」と51番「エミール・ガイヤール」が印象に強いかなあ。
この二つは副題がついているので覚えやすいんですよね。タイトルが覚えやすいだけではなく曲自体も個性があって覚えやすい。

アシュケナージ以外のマズルカはネット上でいくつか聴いたけど、比較するとアシュケナージのは綺麗ですね。気品があるというか、
他が綺麗じゃないというわけではなく、うーん、アシュケナージのはクセがないって感じ?
楽に聴けると思います。
その分土着感は少ないかなあ。
綺麗な旋律の下に流れる民族の血のたぎりみたいなものは薄いのかなあと思います。




[PR]
by teri-kan | 2014-09-12 11:23 | 音楽 | Comments(0)

ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 作品11 / ショパン

超有名なショパンのピアノ協奏曲ですが、オーケストラ部分が弱いとか、オーケストラがピアノの添え物とか、そんな言われ方をしている作品です。
個人的な感想としては、初めて聴いた時は「ピアノとオーケストラが分離してるなあ」といったもので、特に第一楽章、冒頭えんえんとオーケストラが続いたかと思えば、いざピアノが始まったとなるとオーケストラはどこへ?みたいな感じになって、もっとこう、掛け合いとかそういったものはないのだろうかと思った記憶があります。

でも好きなんですよねえ。
ピアノを聴きたくて聴いてるはずなのに、なぜか冒頭のオーケストラえんえん部分が大好きで、あーショパンってホントに美しいな~ってウットリする。
ピアノも綺麗なら弦も綺麗。ショパンはなんでも綺麗。

この曲はテレビでも耳にする機会が結構あって、それらの演奏もそうだし、持ってるCDもそうなのだけど、オーケストラ部分は結構あっさりさっさと進んでいくイメージがあります。弱いと言われているから仕方ないのかもしれませんが、私が大好きな冒頭部分もあっさり薄味風味で演奏されます。
が、後にツィメルマン弾き振りのCDを聴いて驚きました。
オーケストラがあっさり薄味じゃない。ねっとり濃い味。さらさらソースじゃなくどっしりペースト状。
気合入れて演奏すれば存在感のあるオーケストラになるじゃないか、オーケストラが弱いってどういうことだ、指揮者と楽団の怠慢ではないのか、なーんて考えたりもしたけれど、ツィメルマンの方が例外的なようなので、あっさり薄味の方が正しいんでしょうね。

この曲の冒頭のオーケストラの弦の響きって大河の流れのようなんですが、ツィメルマン弾き振りのはホント濃厚で、大河は大河でも水深がえらく深い大河なんですよね。水量が豊かで、重くて、流れもゆるやか。
それと比べると他の演奏は川幅はあるものの水深の浅い河。サラサラ流れて、その流れは結構速い。
だからそれぞれを聴くと全く印象が変わります。
ショパン自身はサラサラの方が好みだったんじゃないかなあという気はするけど。
ホント、なんとなくだけど。
でも芳醇濃厚に慣れてくると他が薄味すぎるようにも感じちゃうんですよね。
うーん。
ていうか、他に芳醇濃厚な演奏ってないのでしょうか。
ツィメルマンが特殊なだけなのだろうか。
[PR]
by teri-kan | 2014-06-10 10:52 | 音楽 | Comments(0)

ショパンのワルツ集

十代の頃はショパンのワルツはあまり好きではありませんでした。
父所有のレコードに「ワルツ集」もあったけど、聴くのはもっぱら「前奏曲集」かバラード2番が収録されてる「ショパン・リサイタル」。
「ワルツ集」は数回程度しか聴かなかったんじゃないかな。
特にドラマチックなわけじゃないし、どれも同じに聞こえるし、綺麗は綺麗だけど、ちょっと退屈だなあと思っていたように記憶しています。

そんな私も今では年のせいかどうなのか、「ワルツいいねえ」なんて思いながらショパンのワルツ集を楽しんでいます。
ドラマチックじゃないのが精神的に良いというか、テンションが上がらなくて済むので平和。
ワルツって基本幸せな音楽なんですよね。
ショパンのワルツは短調のものはアンニュイだったりしますが、やっぱり幸せな音楽です。

どれも好きだけど、しいてあげるなら、
第2番変イ長調op.34-1「華麗なる円舞曲」
第5番変イ長調op.42「大円舞曲」
第8番変イ長調op.64-3
この3曲かな。

2番は優雅で優美。華やかです。
序奏が個人的にはちょっと笑えて、いかにも「さあ、ワルツの始まり始まり~」って感じなんですよね。寄ってらっしゃい見てらっしゃい的な。
でもすぐに優雅になって、貴族的というかサロン的というか、シルクとレースの世界になります。
この2番はコーダも良いです。
確か「トムとジェリー」でも使われていたような。
とても美しいです。

5番は流麗、かつ軽快。
緩急の妙が面白い曲で、これは当時の社交界のご婦人方も聴いてて楽しかっただろうと想像します。
ウキウキしながら聴いてたんじゃないかなあ。
とても美しいのにこんなに楽しいのだからすごいと思います。

8番は洒落た気怠さが好き。
イメージとしては当時のパリの街角。オシャレというか、センスがいいといった印象。
中間部に至る前がこれまた素敵で、私の好きなとりとめのないショパンが現れます。
ちょっと幻想っぽいかな。ワルツはワルツなんですけどね。

あ、第17番の変ホ長調もかなり好きです。
懐かしい感じがします。
メロディは子供向けピアノ曲のように平易でシンプルですが、だからこそ優しい。本当に「懐かしい」という感覚がピッタリ合います。
こういった系統の曲が自分は好きなのだなと理解した曲でもあります。
うたたね音楽というかお眠り音楽というか、昼寝に合う曲。

ちなみに聴いてるCDはカツァリス。
何度聴いても飽きません。
いい演奏だと思います。
[PR]
by teri-kan | 2014-05-19 14:53 | 音楽 | Comments(0)