人気ブログランキング |

タグ:ジェラール・フィリップ ( 10 ) タグの人気記事

玉木のヴァルモン

「危険な関係」
原作:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ
脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:リチャード・トワイマン
主演:玉木宏

只今東京で上演中。
来月は大阪で上演予定。



見てないし見に行く予定もないのですが、できれば見たい気持ちはある。
玉木のヴァルモン。
いいじゃないですかー。
これぞ玉木の色気の正しい使い方。

玉木を「日本のジェラール・フィリップ」と勝手に思ってる身とすれば、ヴァルモンを玉木が演じるのは至って正しいことなのです。
なぜ玉木をジェラール・フィリップと言うのか?というのは、できれば以前の記事をご覧下さい。
そこでも書きましたが、玉木の色気は人々を幸福にするものなのです。
とても質が良いのです。
古典作品の男前を演ずるのにピッタリなのです。

もちろん玉木は現代日本人なので、ラクロの描いた18世紀末の貴族でもなければ、ジェラール・フィリップの演じた50年代のパリ上流社会の人間でもありません。
しかし現代風のエロさを表現しつつも(写真と映像をちらっと見たけど、かなりサービスよさそうだ)、確かな品があるのです。
ていうか、舞台を観てないので完全な憶測だけど、品があるはずなのです。
やってることは下品だけど品があるという男。
ヴァルモン玉木、きっと良いと思います。

映画はジェラール・フィリップとジャンヌ・モロー出演のものも、グレン・クローズとジョン・マルコビッチ出演のハリウッド版も観ましたが、昔すぎて内容を覚えていません。
原作も読んでません。
だから玉木がヴァルモンに合うはずだというのは、ホントに「ジェラール・フィリップがやってたから」という理由だけです。

で、今回改めて思ったんだけど、ジェラール・フィリップは玉木の今の年齢よりも前に亡くなっちゃってるんですよね。
ホントに早すぎる死でした。
「危険な関係」は亡くなったその年の作品なのです。
「ああ、この時はもう病気だったんだ、もう死は近いんだ」と思いながら映画を観た気がします。

それと比べると、玉木は公開ゲネプロの映像を見る限り元気いっぱい。
あの体で元気じゃないって言われた方が驚く。
健康なのはありがたいことです。
玉木の色気はありがたいものだから、観に行けない人のためにも津々浦々お届けしなければ。

というわけで、いつかテレビでやってくれないかなーとか思ってみてみたり。
無理を承知で言ってますけど、放送してくれたらうれしいな。

もちろん舞台自体がつまらなければダメですが。
肝心要はそこなので、好評だったらいいなあと、切に願っております。




by teri-kan | 2017-10-16 11:55 | その他のエンターテイメント | Comments(2)

玉木の色気

朝ドラ「あさが来た」の新次郎さんがすごいんです。
新次郎さんというより玉木宏なんだけど。

あの色気はいいねえ。
玉木の色気は視聴者を幸福にする色気だな。
王道で正統派の色気。
アウトロー系じゃない、品と安心感のある色気。

ロマンティック・コメディに向いてるんですねえ。
「のだめカンタービレ」の玉木も良かったけど、あの頃はまだそこまでは思わなかった。千秋先輩というキャラがいいんだと思ってた。
でも新次郎さん見てると玉木の良さがよくわかる。
大人で品良くて愛嬌があってほんのちょっと憂いがあるという、結構難しい役どころをあの色気で軽快に演技。
ホント素敵だわー。
毎日毎日楽しいねえ。

こういうタイプの俳優がもともと好きなもんで、かなり喜んでます。
日本人の役者でこういう人、今までいたかな?
あまりドラマ見てないんでわからないんだけど、嫌みなく王子様系の役ができる俳優さん、いたっけ?

外国人だったら、もう断然ジェラール・フィリップとかヒュー・グラントなんだけど、ああいった幸福感を与えてくれる陽性の王子様系俳優の系統に玉木は入ってるんだなあと、今回の朝ドラは感じさせてくれました。
品が大事なんだよね。
新次郎さんは所作が綺麗だし、それが玉木はさまになってるし、とても目に良いです。

本人はイヤかもしれないけど、こういったドラマに定期的に出てくれたら嬉しいかも。
良質なロマンティック・コメディがどんどん増えてくれればと思います。
負を強調するようなドラマじゃなくて、見ていて幸福になれるようなもの。
玉木の色気は大変有り難いもののような気がするので、できるだけ有効活用してほしいなあと、新次郎さん見ていて思いました。



ドラマ自体は良いテンポで進んでて、藩士からではなく町人から見た幕末を楽しんでいます。
大河ドラマでは長州とか薩摩とかを中心に、政治の変化から幕末を見てばかりだったけど、町人の生活から社会の変化を見るというのは面白い。
とても新鮮です。

あさと新次郎さんがどんな夫婦になるのか、これからとても楽しみですが、あさはあの調子で真っすぐ時代の荒波を泳いでいくんだろうと想像つくけど、新次郎さんはちょっとまだ謎。
ゆらりひらりかわしながら波に乗っていくのかなー。
できればあの調子で色気振りまきながら乗っていってほしいなあと思いますが、どちらにしろ毎日新次郎さんを見れるのは間違いないし、これから3月まで毎日楽しくていいですね。
by teri-kan | 2015-10-19 01:41 | 朝ドラ | Comments(2)

「パルムの僧院」(1947)

スタンダールの原作をもとに作られた文芸映画。

故郷パルムに戻った美青年が、とある事件を起こして塔に幽閉されるも、愛の力で脱出するという物語。
……とまあ、こう書くとあまりにおおざっぱだけど、細かいことを説明しても仕方なかろう。この映画は出てくる人物みな愛ゆえに動かされ、愛ゆえに己の行く道を決めている。

主人公の青年はジェラール・フィリップ。
大変美しい。
ストーリー自体はなんてことない本作も、ジェラール本位で見れば楽しめることウケアイ。
見目麗しく、本作ではアクションもこなす肉体派。キレイー、ステキー、と溜息つきながら観ればそれでOK。

彼の伯母の公爵夫人が印象的です。大人ーって感じ。
甥の養母でありながら、甥を本気で男として愛しちゃって、なんかいろいろ大変。ていうか皆いろいろ大変。

フランス人(イタリア人?)にとって(肉欲とセットの)愛は大事なんだなーという映画ですね、はい。
by teri-kan | 2010-12-01 01:12 | フランス映画 | Comments(2)

美形の俳優

突然ですが「猿の惑星」の話。

私は「猿の惑星」を観たことがないのですが、ティム・バートン版を観た友人の感想は、今でも私の頭に残っています。
「もうね、どんないいストーリーでも、どんないいことしゃべってても、目に映ってるのは猿なんだよ。つらかったー」

猿に失礼な話といえばそうですが、「アバター」でも似たようなコメントを書いてる人がいたので、「やっぱりそんなもんなんだな」と思ったりしたのでした。基本的に見慣れてるものの方が目に優しいし、より綺麗なものの方が目に良いんですよね。

そういう意味でやっぱり「美形」は大事です。圧倒的に美しい美男美女。
私を最も幸福にしてくれる美男はジェラール・フィリップですが、彼がスクリーンに映っているだけで脳内が幸福物質であふれるのだから、彼の美はやはり貴重です。
女優も同じ。ビビアン・リーとかグレース・ケリーとか、最も美しい時期の彼女達はまったくもって宝石です。
エリザベス・テイラーもすごい。何気にTVをつけて偶然彼女の映画なんてものをやってたら、もう画面に釘付けでチャンネルが変えられません。真に美しい人の人を引き付ける力というのは、本当にとてつもないのです。

今と昔を比べるのはナンセンスだけど、最近はそういった「圧倒的な美」を誇る俳優がすごく少なくなったように思います。皆もっと親しみやすくて、もっとカジュアル。美の定義もいろいろで、個性が命です。
昔の俳優がまとっていたようなオーラは、今は必要ないってことなんですかねえ。

でも美形は大事にしなきゃいけない。人を幸福にできる美形は。
ということをですね、実は「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウを見ながら思ったのでした。
それは多分に「ワトソンは美男ではないはずなのに美男だった」というギャップが生み出した賜物なのだけど、やっぱり顔はいいに越したことはないよなあと改めて思ったのです。

美しい人を鑑賞するのは芸術鑑賞と一緒ですからね。
まあ演技がへたくそじゃ話になりませんが、やっぱり綺麗な人は貴重です。
もう圧倒的に美しい、夢の中にいる気分にさせてくれる美に、もっとスクリーンでお目にかかりたいものです。
by teri-kan | 2010-03-19 12:46 | アメリカ映画 | Comments(0)

「肉体の悪魔」(1947)

戦時下のパリ郊外の町での、新婚の人妻と高校生との不倫物語。

ラディケの原作はもっとすごいらしいのですが、タイトル通り「肉体」に支配された男と女の話なんでしょうか。

映画の内容と「肉体の悪魔」というタイトルは、ちょっと合わないですね。映画の二人は肉体に突き動かされているというより魂が求め合っているという印象の方が強いですから。
でもそれは綺麗すぎる主演二人のせいかもしれません。ミシェリーヌ・プレーヌはとにかく可憐だし、ジェラール・フィリップは年上殺しの可愛さ爆発させてました。


この作品を観て驚いたのは周囲の反応&当事者二人の振る舞い。
アパートの大家さんは陰口叩いてるし、双方の親も苦々しい思いでいっぱいなのだけど、とりあえず黙認してるというのがすごい。少なくとも日本じゃありえない。
夫のいる女の母親に向かって怒鳴って張り合っちゃう愛人高校生ってどうですか。堂々と青空の下で、しかも近所でベタベタデートするってどうですか。

不思議といえば子供が出来て喜ぶ男子高校生というのも不思議すぎる。相手は人妻ですよ?彼女の立場どうするの?それを言うなら17歳の愛人の子供を妊娠して喜ぶ人妻も人妻なんだが、あの辺の感覚があまりにかけ離れすぎて驚く以外にない。
もしかしてカトリックだからかなあ。子供を授かるのはその愛を神が祝福しているからとか。
にしても今後あんた達どうするのよって聞きたくなるような展開なんですよねえ。

恋愛に勝るものはないんですかね、フランスでは。
大家さんも文句言いながら「戦争が終わってダンナが帰ってくるまでのこと」って割り切ってるようだし、ダンナに告げ口する様子もないようだし、なんだかんだいって基本的に寛容なんですよね。

すごいわ、フランスって。
by teri-kan | 2009-03-05 10:13 | フランス映画 | Comments(2)

「奥様ご用心」(1957)

ジェラール・フィリップは女たらし役を「しのび逢い」「夜の騎士道」「危険な関係」etc.と数多く演じているが、一番彼らしい女たらしは「奥様ご用心」ではないかと思う。女たらしは女の敵だが、彼はどの映画でも「彼なら仕方ない」と思わせるようなものを持っており、その魅力が最もあふれているのが(私が見た中では)この映画だと思う。

とにかくカッコいい。彼の映画を見慣れていた私も、これを初めて見た時は彼の女性キラーぶりに改めてヤラれてしまった。
どうすれば女がうっとりするか、どういう動きが女を虜にするか、計算されているとしか思えない目線や手の使い方が、全く計算高くなくスマートにこなされていて、まさに絶品の女たらしなのである。
フランス男万歳!と言えばいいのか(笑)。まあそれに片っ端からメロメロになっていく奥様方も奥様方だが、この辺は「フランスはアムールの国だから」で済ませるしかないのかもしれない。


奥様は豪華絢爛な女優陣です。ダニエル・ダリュー、ダニー・カレル、アヌーク・エーメetc。
次々と食っちゃうジェラール・フィリップは本当にトンデモナイですね。でも観ていて幸せになれる映画です。

本当にカッコいい人ですよ。
もっともっと長生きしてほしかったなあ。
by teri-kan | 2008-12-13 11:52 | フランス映画 | Comments(0)

「夜ごとの美女」(1952)

ジェラール・フィリップ扮する貧乏音楽教師が主人公のオシャレなコメディ。いかにもおフランスな洒落た映画で、説明しすぎると野暮になるので是非観て欲しいとしか言えない作品。

「プッ」とか「クス」とか、微笑ましい笑いが自然とこぼれてきます。とても軽い映画で、正直中身も軽いのですが、脚本は非常によく出来ていて、観終わった時「映画って面白いなあ」ってしみじみ思えます。

これを観てコメディが出来る二枚目俳優を特別視するようになりました。ゲラゲラ笑うようなものじゃなくて品のある上質なコメディを演じられる美男子さん。
でも美形な上にノーブルな陽性の俳優となるとあまりいないように思います。現在ならヒュー・グラントぐらいですかね。
あ、ジュード・ロウはどうなんだろう。好きなタイプの美男でないのであまり出演作を見てないのだけれど、彼はスマートな演技の出来る人なのかな。

フランス史の流れを大雑把にでも掴んでいたらより楽しめる作品です。でも知らなくてもなんとかなるかもしれません。めくるめく夢と音楽の世界へとにかくGOです。
by teri-kan | 2008-12-12 13:09 | フランス映画 | Comments(0)

「花咲ける騎士道」(1952)

個人的に最もジェラール・フィリップの魅力が発揮されていると思う作品。彼の良さを知ってもらうなら間違いなくこの映画をすすめる。

ルイ15世時代のフランスが舞台の、陽気なチャンバラが繰り広げられる大冒険活劇。主人公のファンファンは明るく無邪気な美男子であり、夢を追いかける少年のような青年であり、チャーミングでセクシーな色男であり、母性本能をくすぐる放っておけない子供のような騎士である。
ジェラール・フィリップはこのファンファンを見事に体現しており、正直いって観客は最初から最後まで彼の姿を追ってしまうだけの有様だ。この映画のジェラール・フィリップはそれほど美しく魅力的で、とにかく陽気で楽しい。
ストーリーは結構ハチャメチャでかなりなトンデモ展開をみせるのだが、そんなものはあまり気にならない。とにかくジェラール・フィリップなのである、この映画は。

彼はシリアスな役も多く演じているが、個人的にはファンファンのように陽気な役柄の方が似合っていると思う。彼に本来具わっている明るさがそのように見せているのだと思うのだけれど、悲劇にしろ喜劇にしろ彼からにじみでる甘い優しさは一貫しており、死後なお衰えない女性人気の高さはその辺に由来しているんだと思う。

相手役はジーナ・ロロブリジータ。ある年齢以上のおじさま方にとっては懐かしの銀幕セクシー美女。
彼女もそうだがジェラール・フィリップの作品は相手役の女優が皆素敵。画面から美しさがほとばしっています。
by teri-kan | 2008-12-11 11:00 | フランス映画 | Comments(0)

「モンパルナスの灯」(1958)

世紀の美男子ジェラール・フィリップの代表作。
若くして亡くなった画家モジリアニを描いた作品で、同じく早世したジェラール・フィリップとは美男であることを含めて重なる面も多く、観ていて無性に残念にも悲しくもなる映画である。

モジリアニの人生は有名だが、これを観た当時彼についての知識は乏しく、あの特徴的な絵を覚えているという程度であったため、クライマックスから最後のシーンに至る過程は結構こたえた。
あの画商、あれは悪魔の所業でしょ。
しかもエンディングがいかにもフランス映画的というか……上手いよね、終わらせ方が。
ああジャンヌ、かわいそうに。

ジャンヌ役は「男と女」で有名なアヌーク・エーメ。ジェラール・フィリップともども非常に目に良い美貌の持ち主で、こうまで完璧な美男美女が揃った映画もそうはないだろうというほど。
何年か前この映画を初めてスクリーンで見た時、背景の一部と化しているかのように小さいジェラールの顔さえはっきりと映っていたのには感動したものだが、いい顔は大スクリーンで見るべきだと痛感した作品の一つである。

TV画面じゃやっぱり限界あるよ。
夢のように美しい顔は是非スクリーンで。
by teri-kan | 2008-12-10 10:40 | フランス映画 | Comments(0)

「悪魔の美しさ」(1949)

BS放送されたものをDVDに録って鑑賞。昔一度見たことがあったが細部は完全に忘れていたので結構楽しめた。

いろいろな見方のできる映画だと思う。
「ファウスト」に親しんでいる人から見るとまた別の感想を持つのかもしれないが、「ファウスト? なんだったっけ、ゲーテ?」くらいの知識しかない自分にとっては「名前だけ知ってる有名人」というだけの主人公だ。
「メフィストフェレス」も同様。「悪魔」というだけで何をしたかはよく知らない。

だから最後天使(?)の像がクローズアップされ妙に心洗われる音楽が流れてくるに至って「ああそうか、これは神様も存在する映画なんだ」と理解するのである。ちょっと遅すぎるのだが、それがわかって映画を思い返すとなかなか面白い。

科学と信仰の比較、最高の頭脳と文盲のジプシー娘との交流。悪魔との契約は軍事産業の発展を推し進め、しかし悪魔の為すこととペテンは全く同質のものでもある。
魔王は手下の悪魔を救わず見殺しにする。じゃあ神は人を救うのか?
アンリが救われたのは彼を愛する女のおかげだ。彼女は聖母マリアを信じるが、しかし祈りではなく彼女のとった行動が実際には彼の魂を救うことに繋がっている。
何かを成すのは人であり神でも悪魔でもない。映画では一見科学は悪いもののような描き方をされているが、よく考えればそうではなく、人の手に余る科学の暴走を警告しているといった方が正しいだろう。描かれているのはペテンをしかける悪魔と、それに嬉々として乗っかる人間達の欲望であり、ただ1人純粋な人物として描かれている女があわや魔女として処刑されそうになってしまうという、人の判断一つでどちらにも転びうる状況の危うさだ。


あの公国はもう破綻するしかないんじゃないかな。「悪貨は良貨を駆逐する」じゃないけれど、まともなお金残ってないでしょ。
国が混乱して人の心が乱れれば、悪魔はつけ入る隙ありまくりで人間の魂狩り放題になるんじゃないかと思ったけど、よく考えたら彼らが好むのは「善い魂」なんだよね。善い魂が堕落する様を彼らは何より楽しんでるようなので、ファウストの魂に狙いを定めたのは、彼の魂が騙されやすい「無垢さ」を持っていたからではないかと、逆に思ったりもする。

結局学者バカって感じだったんですかね。でも錬金術に手を出してるんだからまともじゃないのは確かだ。
金が欲しかった?それとも名声か。欲望を押し殺してストイックに生きてきたことが自身の生涯を後悔する原因でもあり、悪魔につけ込まれた原因でもあったんだろなあ。
教授はどういう人生を送っていたらよかったんだろうね。結果的に若返って愛を得て、彼の魂は大いに救われたんだけどさ。


ジェラール・フィリップとミシェル・シモンが素晴らしい。だんだんドツボにはまっていくアンリと、小憎たらしくもあり愛嬌もある悪魔の関係がGOODです。

登場時の美しいジェラール・フィリップも魅力的。
あの笑い声、ありゃ本当に悪魔だ(笑)。
by teri-kan | 2008-12-08 17:30 | フランス映画 | Comments(0)