タグ:スケート ( 41 ) タグの人気記事

スケートのこととか

・トリプルアクセルの紀平

いや、この子はトリプルアクセルだけじゃないのですが、これがまずすごいので触れないわけにはいきません。
失敗もあるけど基本安定していて、とてもクリーン。
ロシア勢に勝てる選手は貴重です。

特にジャンプがそうなんだけど、えらく動きにキレがあるというか、普通の女子の選手とちょっと体が違うなと思っていたら、なるほど納得の筋肉でしたね。
腕にも芯がきちんと通ってるような動きなんです。
あれだけ体がしっかりしてたら確かに安定するだろうなって感じ。
運動神経がかなりいいみたいだし、アスリート風味が強いフィギュア選手といえばいいのかな?

とても将来が楽しみな選手です。
グランプリファイナル優勝おめでとう。



・宇野はこのままではシルバーコレクターに

毎回銀メダルもすごいことなのですが、さすがに優勝したいですよね。
ネイサン・チェンも万全といった感じではなかったので、ミスなく滑れば機会はあったと思うのですが、ちょっと残念なグランプリファイナルでした。
試合に調子が合わないというのは辛いですね。

難しいプログラムなんだろうけど、ミスが多かったなあ。
個人的なイメージとしては宇野はあまりミスしない選手だったんだけど、きちんと全部揃えるというのは大変なんですねえ。

世界選手権は頑張ってほしいな。
ていうか、銀でも素晴らしいんだけど、金を取れる実力はあると思うので頑張ってほしい。



・月はソ

そういえば今年の宇野のフリーはベートーヴェンの「月光」ですが、先日「らららクラシック」でやってた月の曲特集が面白かったです。

月がテーマの曲は「ソ」の音が多用されているということ。
大地っぽい音の「ド」は主音、「ド」に対して「ソ」は属音。
地球は「ド」、地球の衛星である月は「ソ」。
へええええ~でした。

そう言われてみれば「ソ」の音は遠くへ抜ける感じがします。
なんとなくだけど。
多くの作曲家が月とくれば「ソ」という話は興味深かった。
解析すれば絶対何かあるんでしょうね。

月はソ。
音って面白いですねー。




[PR]
by teri-kan | 2018-12-12 00:00 | スポーツ | Comments(0)

また右足首が!

羽生のグランプリファイナルと全日本の出場は厳しいようで、またまた今年も残念なことになりそうです。
フィンランド大会の優勝に続きロシア大会のSPがとても素晴らしかったので、フリーも大変楽しみにしていたのですが、ああああ~。
羽生に試練の時は続く……。

まあ、既にあれだけの実績と評価を得ている選手なので、無理することなく治療に専念してくれればいいのだけど、やっぱり残念だなあ。
宇野と対決できるのは、となると世界選手権か。(出られればの話だけど。)
この二人の揃い踏みって最近あまり見られなくなりましたねえ。(オリンピック除く。)

今年の羽生のプログラムはSPとフリー、それぞれジョニー・ウィアーとプルシェンコに敬意を捧げたもので、どちらも長いこと好きで聴き込んでいただけあってか、既にプログラムがすっかり体に馴染んでいるように見えます。
身体が奏でる一つ一つの音の表現がいいですねえ。
技術の高さゆえだけど、特にこういう綺麗な曲だと音と体の一体感に感動する。
ロック系でもきっちりリズムを取ってて素晴らしかったけど、今回の曲は本当に羽生に合ってるなあと思います。

以前に羽生にはまたショパンを滑ってもらいたいと書いたことがあったけど、ちょっと毛色の変わった曲も見てみたい気がしてきました。
なんだかどのタイプでもいけそうな感じがしてきて、いろいろと見てみたい気持ちがむくむくと。
まあ、やたら陽気なのはダメかもしれないし、これからどういう男性になっていくかってのにも関わってくるけど、いろんなプログラムを見てみたいなあという気に、今年もさっそくさせられています。

毎年進化した羽生結弦を見せられるので、自然とそういう気持ちになっちゃうんですよね。
いつまでたってものびしろが先に伸びているように感じる。

稀有な選手だと思います。
是非しっかり怪我を治して、万全の状態で復活した姿を見せてもらいたい!
ファイナルに向けて治療するって言ってるみたいだけど、決して無理はしないでほしいです。




[PR]
by teri-kan | 2018-11-19 00:00 | スポーツ | Comments(0)

最近のスポーツニュースいろいろ

毎日いろいろありますねえ。





3件ほど
[PR]
by teri-kan | 2018-10-31 11:50 | スポーツ | Comments(0)

7月の出来事

ワールドカップ、豪雨災害、サルベーション。
私の7月はこれで回ってたようなものですが、もちろん世の中はそれだけではありませんでした。





More
[PR]
by teri-kan | 2018-07-30 12:40 | 事件・出来事 | Comments(2)

高い技術の上に芸術性は成り立つと言うけれど

先月下旬から世間と時間の感覚がズレてて、いまだにオリンピックのフィギュアスケートのことを考えてたりするのですが、ぼんやり考えているうちに、世界ジュニア選手権で女子が四回転を2種類決めた!なんてニュースが入ってきたりして、なんかもういろいろとついていくのが大変、なことになっております。

ロシアの女子は恐ろしいですねえ。





More
[PR]
by teri-kan | 2018-03-12 17:00 | スポーツ | Comments(8)

ウィンタースポーツ初の国民栄誉賞

フィギュアスケートで連覇した偉業を称え、羽生に国民栄誉賞が贈られるという話が出ています。





感想
[PR]
by teri-kan | 2018-03-05 15:38 | スポーツ | Comments(2)

羽生とショパン

羽生の「バラード1番」はショートプログラムなので、フリーの「SEIMEI」ほどテレビで流れることは今後ないかもしれないけど、個人的には最も好きなプログラムです。
短い時間にギュッと濃縮されてる分、ミスのない演技の時は美が結晶化したかのような完璧な美しさです。
ほぼパーフェクトだった今回のオリンピックは、だから本当に素晴らしくて、「ボレロといったらトーヴィル&ディーン組」のように、「ショパンといったら羽生」と言ったっていいのではないかと、個人的にはそれくらい思っています。

男性なのに重さから解放されてるかのような羽生の滑りは、ジャンプすら羽のように軽やで、繊細なショパンのピアノの音とピッタリ合っています。
それでいて力強さも感じられる。
繊細さと美しさと、内に秘めた情熱と力強さ。
羽生はまんまショパンです。

思えば二人は遠い異国から困難に喘ぐ故郷を思っているところも同じです。
身体があまり強くないことも共通してる。
一見線が細く、根性や力強さからは遠くみえる彼らですが、困難を抱えているからこそ、燃える心を持っていますよね。
確かにテクニックに秀でた羽生がショパンのピアノを一音一音表現することは可能なことだと思いますが、ショパンの内面まで表現できる状況に羽生は十分あったのだと、今回のオリンピックで気付かされました。
SP「バラード1番」の素晴らしさは、そういった背景も無視できないように思います。

ピアニストの中には「ショパン弾き」と言われる方達がいますが、個人的には羽生には「ショパン・スケーター」と言いたいというか、今度は是非フリーでショパンを滑ってくれ!とお願いしたい気持ちです。
あれだけ「バラード1番」を掘り下げて滑った本人にしてみれば、「もうショパンは勘弁」って気分かもしれませんが、個人的には見てみたいなあ。
できれば「幻想曲」で。
「バラード1番」はツィメルマンの演奏のものが好きだとネットの記事に出てたけど、ツィメルマンは「幻想曲」も素晴らしいのです。
「バラード1番」よりも多分カッコいいです。
ショパンの男らしさがあふれてるので、繊細さというより「盛り上がるううう」って感じの曲。
羽生が滑ったら絶対カッコいいと思うんだよね。
めくるめく難しい曲なので大変だと思うけど、羽生なら平気でこなせそうな気がするし。



……といったアホなことを、ここ数日つらつら考えていたのでありました。
怪我を治すのが先なのに。
とりあえず本人まだ競技者として頑張るつもりのようだし、羽生を見れる幸せはもうしばらく続くよう。
しっかり完治させて、滑りたいように滑る羽生が見られる日を、とりあえず気長に待っていましょう。




[PR]
by teri-kan | 2018-02-19 16:47 | スポーツ | Comments(4)

羽生が金!宇野は銀!羽生が金!

素晴らしい!としか言いようがない。
二人とも本当に素晴らしい。
特に羽生は「まるでマンガ」というか「ほとんどマンガ」というか「映画化決定」?
そのくらいすごかった。

ショートプログラムは神。
フリーは人間羽生のド根性を見た。
本当に面白い選手。
これだけ応援に値する選手もいない。
ていうか、応援なんて飛び越えたところに存在していて、こっちはついていくのが大変。
本当に底の知れない、面白い選手。
どれだけこの人は楽しませてくれるんだろう。

フリーの後半はさすがに体力的にきつそうで、ジャンプのたびにハラハラした。
もともとSPが良い時はフリーはダメ、みたいな試合がこれまで多かったので、その分もあってフリーはホントにドキドキ。
よくまああれだけまとめられたよね。
ホントにしんどかったと思うんですけどね。

いやあ、本当にすごいなあ。
とことん美しくて、とんでもなく強かった。
文句なしの連覇。オリンピック絶対王者。
どれだけ賛辞を重ねても足りないです。



というわけで、羽生が涙の二大会連続金メダリストとなったわけですが、オリンピックの妙というか、ネイサン・チェンがSPで失敗したのって大きかったですねえ。
彼がSPで上位にいたらフリーは違った展開になってたはずだし、団体の時もイマイチだったけど、羽生がSPで圧巻の演技を見せたことも効いたかなあ。

羽生の「バラード1番」は素人が言うのもなんだけど、高度な技術も含めて完璧な美しさで、あれを圧倒的なパフォーマンスで滑られたら、後の選手は本当に大変だと思う。
というか、あそこまで怪我以前と変わらない演技をするなんて誰も思ってなかったかも。
滑走順も含めていろいろな要素が絡んだのかなと思わされました。



ところで、宇野ってつくづく面白いというか、ジュニアの頃から動じない性格が頼もしい子だったけど、本当に動じない性格のようで、オリンピックでさえあの冷静さは思わず笑いが出るくらいだった。
本人冒頭の四回転で失敗した時に笑っちゃったそうだけど、そのメンタルにこっちが笑っちゃうわ。
羽生も常人離れしたメンタルの持ち主だけど、宇野も大概だ。
変り者と言ってはなんだけど、とんでもない二人が同時期に揃ったものだと感心します。

いやー、堪能しました、フィギュアの男子シングル。
銅のフェルナンデスを含め、台に乗った三人はSPもフリーも素晴らしかった。
みんなフリーはちょっとずつミスしちゃったけど、それも含めてオリンピック。
ギリギリの戦いはホントに楽しかったです。
それを制した羽生に拍手~。
王者が王者らしくオリンピックを戦った。
ホントのホントに素晴らしい快挙でした。

おめでとう!




[PR]
by teri-kan | 2018-02-17 17:45 | スポーツ | Comments(0)

いっぺんにメダル3つに!

いやー、よかったよかった。
メダルが1個も取れないままだと、日を追うごとにどんどん雰囲気が重くなっていくので、なるべく早く第一号が出ないものかと思ってたけど、昨日一気に3個獲得できました。

どれも素晴らしいメダルでした。
本当におめでとう!

特に高梨は良かったというか、正直言って安心しました。
今回メダルが取れなかったら、ホントにどうなっちゃうんだろうと心配してたので。
プレッシャー、ものすごかったと思います。
よく乗り越えましたね。

高木は金じゃなくて残念だったけど、でも十分すごくて、高木が割って入らなければまたまたオランダメダル独占だったということで、オランダのすごさと高木のすごさの両方を思い知らされた感じでした。

モーグルの原は渋谷の子なんですね。
早くから海外留学をしてたということで、いろんな経歴の選手がいるなあと感心しました。
今は冬のスポーツだからって北国出身の子ばかりじゃないけど、にしても都会っ子もいいところ。
最終滑走者で、見てるこっちが緊張したけど、本人は案外そうでもなくて、メンタルの強さも印象的でした。



モーグルの男子って面白いですよね。
男子滑降とか男子モーグルとか、普段は見てないけどオリンピックでは見たいと思ってる競技っていくつかあるんですが、日本の有力選手がいなければテレビでスルーされたり、大々的にコマーシャルされなくて、これまで中継を見逃すことが多かったのです。

今回久々にじっくり見て、やっぱり面白いと思いました。
笑えるくらいすごいよね。
ホントすごいわー。
冬のスポーツは人間技じゃない!と思うしかないような競技ばかりです。

4年に一度だけ真面目に見るというと、実はフィギュアスケートもそうです。
真剣なファン以外は日本では普段はシングルしかテレビで見れないので、ペアとアイスダンスはしっかり見るのは本当に4年に一度って感じになります。

で、今回団体戦を見て、ロシアのペアの演技に感動したのでした。
SPで登場したタラソワ・モロゾフペア。
これぞロシア、ていうか、ソ連。

ソ連の頃のペア、好きだったんですよね。
研ぎ澄まされた、あの凛とした感じ。
冷たい氷の世界と一体化したようなロシアは、ペアの緊張感と相性がいいのかもしれません。
同じ北国でもカジュアルな雰囲気のカナダとは違う。
調べてみるとこのペアは大崩れする時もあるそうだけど、それも含めて、個人戦が楽しみになりました。

団体戦は、うん、まあ、日本は残念だった。
稼ぎどころのシングルで男女とも決勝で最下位の5位だったのが痛かった。
SPはみんな良かったと思うんですけどね。
アイスダンスもペアも。

個人戦では頑張ってもらいたいなあ。
宇野以外はみんなちょっとずつ心配なところがあるので、とにかく全力を出し切ってもらえたらと、それだけ願ってます。



今日も期待の競技がありますね。
ガンバレニッポン!




[PR]
by teri-kan | 2018-02-13 13:55 | スポーツ | Comments(0)

フィギュアスケート選手の華

無事オリンピック代表が決まりました。
女子シングルの代表枠は二つ、男子はエース羽生が欠場ということで、なんだか異様な緊張感漂う全日本選手権でしたが、選ばれた選手の顔ぶれは納得。





だらだらと感想
[PR]
by teri-kan | 2017-12-27 15:18 | スポーツ | Comments(5)