人気ブログランキング |

タグ:テニス ( 25 ) タグの人気記事

めでたい大坂なおみ&嵐&最近のいろいろ

・祝!大坂なおみ、全豪優勝!

グランドスラム連続優勝です。
素晴らしいー。
よくあの第2セットの後立て直しました。
経験の差で負けると思ったけど、すごい精神力でした。
おめでとう!!



・ジャニーズの嵐、2020年をもって活動休止

ファンでない人間が見たって大野君と他の4人の熱の差ははっきりしてましたもんね。
割と納得の事情でしたね。
三十も半ばの男5人の十分話し合った上での結論です。
ジャニーズは近年いろいろありますが、嵐の5人はきちんとしてるなと思わされたし、期限いっぱいまで嵐として頑張って駆け抜けてほしいと思います。



・町田総合高校の暴力と炎上の話

先生を煽った生徒の名前や親の情報がネットに流れてるそうですが、周囲の大人はこんな事態の予測は全然できなかったのかなあ。
これまでもいじめ加害者の個人情報流出とか、「卑怯で悪質なのに罰から逃れてる」と思われた生徒はネットでさんざん晒されて叩かれるのに、なぜ校長は当該生徒をお咎めなしにしたんだろう。
後から言える話ではあるけど、世間から生徒を守りたければ学校内で生徒にも適切な処分をするべきだったよね。
仮に親のクレームがあったとしてもね。



・インフルエンザの異常行動

どんな異常行動をとるのかというのをテレビで実際の事例を再現してやってたんだけど、なんかもう「これはホラー?」って感じの異常さで、もしかしてキリスト教圏でよくある「悪魔に取り憑かれた」という現象はこのことだったんじゃないかと思われるほど。
実はホントにインフルエンザだったんじゃないの?
薬が原因じゃない、インフルエンザ自体が人をおかしくするのだとなると、もう絶対そうとしか。
まあ、映画「エクソシスト」とかの「首がぐるりと一回転」はインフルエンザじゃ無理だけど。

というわけで、大流行していますが、皆様インフルエンザにはお気をつけて。
異常行動が出ても外へ飛び出すのだけは阻止しましょう。




by teri-kan | 2019-01-28 11:00 | 事件・出来事 | Comments(0)

大相撲、テニス、サッカー

ここのところスポーツのニュースが花盛り。



・サッカーのアジアカップ

グループリーグは普通に力を出せば総合力で圧倒的に日本なんだけど、この時期の日本はいつも4年後に向けてのチーム作りの序盤段階なので、新顔が増えて連携不足とか経験不足とか、その辺の問題がここってところで出たりして、ストレスがたまることが多いんですよね。
今回も「えー」なところがあったし。

でも3勝だから結果は上々。
二試合目のオマーン戦なんて中東の笛がいい方に吹いてくれてラッキー。
言いたいこともあるけれど、とりあえず今のところは良し。
サウジ戦も頑張れ~。



・テニスは錦織も大坂もいい感じ

全豪オープンが盛り上がってます。
この二人が勝ち進むとやっぱり楽しいですね。
最初の二戦は錦織がかなりヤバかったですが、三回戦は快勝。
この調子で今度こそジョコビッチに……と願わずにはいられない。

マレーが引退を発表したのはショックでした。
残念ながら全豪は初戦敗退になってしまったけど、その分ウィンブルドンに少しでも良い状態で出られればと思います。

まさかビッグ4でマレーが一番先にいなくなってしまうとは。
本当に寂しい。



・さよなら稀勢の里

返す返すもあの怪我が口惜しい。
それしかない。
次の場所を休まなかったことも口惜しい。
もっと上手に休めば良かったのに。

強いけどノミの心臓、ここ一番で勝てない、とさんざん言われたけど、でも強いのは確かだった。
こんな負けてばかりの印象で終わってしまうのは残念すぎる。
もっと良い相撲人生があったはずだと思うのに。
相撲そのものよりも他のストーリーの方が印象に残る力士になりましたね。
それも含めて本人には重かったのかもしれないな……。

お疲れ様でした、よく頑張った、としか言えないような気がします。
優勝した時は楽しい思いをさせてもらいました。
ありがとう稀勢の里。




by teri-kan | 2019-01-21 01:00 | スポーツ | Comments(0)

最近のニュースいろいろ

デリケートな話題ばかりになってしまった……。
ついこないだの話からちょっと前の話まで、三件ほど。





More
by teri-kan | 2018-10-05 15:20 | 事件・出来事 | Comments(0)

八度目のウィンブルドン優勝!

強いフェデラーを見れる幸せ。

惚れ惚れするほど美しかったですねえ。
全盛期の「どうやったらフェデラーに勝てるんだろう?」と思ってた頃のような、圧倒的な感じが戻ってきました。
全豪も驚いたけど、ウィンブルドンでまた優勝するところが見れるなんて、去年までは想像もできなかったですよ。
すごい人だなー。

決勝戦自体はチリッチのコンディションに問題があって、白熱したとはとても言えなかったけど、白熱しすぎたらこっちも胃が痛くなるので、まあいいか(苦笑)。

これで8度目のウィンブルドン優勝、19回目のグランドスラム制覇。
いつまでもこの調子で頑張ってもらいたいものです。

優勝おめでとう!



by teri-kan | 2017-07-17 01:15 | スポーツ | Comments(0)

壁の話

フェデラーが全豪で優勝してうれしい!
ボレーちょーカッコいい。
いつまでも綺麗で強くて、5年ぶり18回目のGS優勝ホントにおめでとう!



……とばかり言っていられない世の中なので、前から話題だったけど、最近さらに話題になっている壁について書いてみたいと思います。
今大騒ぎになっているのは空港ですが、国境もマズいですよね。




問題が根深すぎる
by teri-kan | 2017-01-30 12:45 | 事件・出来事 | Comments(2)

稀勢の里が初優勝、横綱へ

とうとうと言うか、やっとと言うか、稀勢の里が優勝しました。
千秋楽の白鵬との一番は優勝が決まった後とは言え、いや、決まった後だったからこそ、どんな相撲をするのか興味津々で見ていたのですが、素晴らしかったですね。

今場所の稀勢の里はツキにツイていて、横綱二人は休場するし、大関は照ノ富士と琴奨菊が絶不調、豪栄道にはまさかの不戦勝。
上位陣で当たったまともに強い相手と言えば白鵬だけというツキっぷりで、実はこれでは優勝しても白鵬に負けたらパッとしないにもほどがあるなあと思っていました。

でもそんな杞憂は今回はホントに杞憂でした。
これまでならこんな時こそ「やっぱり……」ってため息をついてたパターンでしたが、今回は違っていました。
大関陥落した琴奨菊に負けたのは「?」だったけど、精神的な安定感がすごかったと思います。

これで堂々と横綱になれますね。
優勝さえすればと言われて、何年?
実力は間違いないのに、ここまでホント長かったです。
期待してガッカリさせられるというのも、途中からはなんだかお約束みたいになって、それならそれでこのパターンをとことん楽しもうと、変な方向でしばらく盛り上がっていましたが、やはり強い力士は強いなりの結果を出してくれなきゃね。
言い方がおかしいかもしれませんが、長年の忘れ物が戻ってきたみたいな、そんな感覚にもなったりして、あるべき形にやっと納まったという、そんな気持ちで今はいます。

インタビューの際の涙にはもらい泣きしそうになりましたよ(笑)。
これまで悔しかったでしょうしね。
親御さんも苦しかっただろうなあ。
いやー、ホントによかったよかった。

今場所は琴奨菊が大関陥落とか、勢いのある若手力士の活躍とか、今後の勢力図が変わることを感じさせられた場所でした。
四横綱に二大関、となるわけで、かなり新鮮な感じです。
これからも楽しい大相撲でいてくれたらいいですね。
稀勢の里には横綱らしい横綱になってもらいたいものです。



で、ここからテニスの話。

この日曜日はスポーツ中継がいろいろ盛り沢山だったのですが、残念だったのは錦織。
修造の言ってたことは当たってるんでしょうね。
フェデラーをリスペクトしすぎっていうの。
好きすぎて尊敬しすぎて、っていうのは、そうそう抜けないものなのかなあ。

ただ、そうは言ってもフェデラーはやっぱりすごすぎで、何あの強さ。
あの年齢であれは何?
ていうか、プレーを見てると年齢のことなんか忘れちゃいますよ。
画面にアップになったら、「やっぱり年とってきてるよな」って思うんだけど、そうじゃなければ相も変わらず華麗なフェデラー。
ホント綺麗だよねえ。

ここまできたら優勝してもらいたいなあ。
是非グランドスラム最多優勝数を伸ばしてくれー!




by teri-kan | 2017-01-23 14:56 | スポーツ | Comments(2)

ATPツアーファイナル、錦織VSフェデラー

惜しかったーーーー!

スコアは5-7、6-4、4-6。
あと一歩だったんだけど、その一歩が大きい。
フェデラー、崩れきれなかったな。

負けたから満足しちゃいけないんだけど、久々に良いプレーをしたので、気分は悪くないと思います。
来年に希望を持てた敗退と言ってよいのでは。
全米オープン以来イマイチな感じが続いていたし、ツアーファイナル出れたのはいいけど大丈夫かいね?と思っていたので、この試合内容には盛り上がったと同時に安心しました。
ジョコビッチ戦は打ちのめされただけだったですもんねえ。
1勝はしたし、フェデラー相手に良いプレーしたし、精神的に良い状態でお休みに入れそうで良かったです

にしても、第二セットはすごかったなあ。
このままもうダメかと思っていたところからの大逆襲。
ワクワクのウキウキな展開で、これよこれこれ!な錦織が見れた。
フェデラーと錦織の試合は本当に面白くて好きなんだけど、こういう試合をこれからも見れたらいいなあ。
で、錦織が勝つ。
来年はこれでよろしくです。



2015年の錦織は後半失速した感がどうしても否めないけど、ツアーファイナルに出れてるんだからやっぱりすごいんですよね。
去年はいよいよ世代交代かと言われるほど錦織世代が躍進したけど、今年はいつもの御四方が盤石の強さを発揮していて、まだマレーはこの時点では準決勝進出確定してないけど、マレーじゃなければバブリンカだし、どうやらビッグ4、その次にバブリンカといった構造は結局動いてないようです。

ビッグ4の方々は皆さん今年更に進化してらっしゃいますもんねえ。
終わりかと思われたナダルも復活してるし。
彼ら以上の進化を見せなければ錦織もその他の若い選手も彼らに追い付くことはできないわけで、追いつくのはもちろん抜くとかどうとか、本当に本当に難しそうです。

なんなんですかねえ、あの人達。
今のジョコビッチはバケモンだし、あの歳であれだけやってるフェデラーもバケモンだし、ナダルもこの調子でいけばバケモンに戻るんだろうし、ううーん、恐ろしい。

まだまだ彼らの時代が続くのかなあ
なんとか牙城を崩したいものです。
ていうか、ジョコビッチだよジョコビッチ。
来年も圧倒されたらつまらないので、皆頑張って下さい。
by teri-kan | 2015-11-20 12:12 | スポーツ | Comments(0)

最近のいろいろ

・カープの幻のホームラン

審判は目が良い人がなるもんだと思ってたけど、ビデオ見てもダメなのならダメだよねー。
カープがこのままズルズルと4位定着すれば問題は大きくならないけど、ここに来て調子が上がってるし、状況によっては後々まで禍根を残しそうです。
僅差で4位に終われば、「ホームランになってれば3位になれた」。
僅差で3位に終われば、「ホームランになってれば2位になれた」。
僅差で2位に終われば、「ホームランになってれば、……ゆ、優勝!?」ってな感じになる予感。
まあその前に地獄の十二連戦ですけどね。



・「花燃ゆ」はとんでもなく微妙

悪いドラマじゃないんだけど、これなら大河ドラマじゃなくてもいいよねって感じなのが辛い。
大金かけて作るようなものじゃないよね。
幕末から維新にかけての長州を描くのは結構なのだけど、文さんを中心に据えるのはやはりきつかったかなあ。
幕末男子云々っていうのはどこにいったのか、いつの頃からか奥のドロドロがメインになって、まあ長州内のゴタゴタはいいとして、鳥羽伏見の戦いから版籍奉還までが超アッサリだったのがすごいなあって印象です。
「花燃ゆ」のテーマってなんなのかなと、そもそも大河ドラマってなんなのかと、ちょっと考えさせられました。



・全米オープンのまさか

錦織がまさかの一回戦負けで、少々暇な二週間でした。
その分フェデラー全力応援でしたが、またもや決勝でジョコビッチに勝てず。
それまでずっと調子が良かったからいけるかなーと思ったけど、残念な結果に終わりました。
でも数年前の「これからもうあまりフェデラーを見れなくなるのかもしれない」といった不安ははるか遠くへ。
やはり次元の違う選手です。
いつまでも現役でいてほしい。
で、錦織は気持ちを入れ替えて頑張ろう。



・行方不明者は無事だった

鬼怒川決壊による常総市の行方不明者、もとい連絡のとれなかった生存者の件は、とにかく皆さん無事だったということで良かったです。
現地の方々も安堵されたことでしょう。
まあ連絡が遅くなったとか、情報伝達のあり方がどうとか、課題はたくさんありますけど、とにかく不明と言われていた方々が無事だったことを喜びたいと思います。
そして亡くなられた方にはご冥福のお祈りを。
家を失った方、水道電気の復旧がまだで不自由をしていらっしゃる方、そういった方々の生活が一日も早く良くなりますように。
寒くなる前に、できるだけ早く!



・もう彼岸花が咲いた

お彼岸までまだあるのに、昨日近所で彼岸花が咲きました。
今年は残暑がゆるいからかな。
もう結構涼しいし、秋が早くやってきそうです。
でもこの気候は服に悩む……。
ネコにも中途半端な気温らしく、「寒い~」人間の上に乗る、「暑い~」床に下りてダラーン、これを何度も繰り返しています。
でも過ごしやすい季節なのには変わりない。
できればこれがなるべく冬ギリギリまで続きますように。
で、台風はもういらない。
渇水の年にまた来ておくれ。
20号はさっさと東に行くように。
日本はもう十分水は足りてるよ。



国際情勢ではEUの難民問題、国内では安保法案、中国の景気減速による下がり気味の経済、いろいろニュースはあるけれど、これらは軽々に書けることじゃないのでとりあえず置いておきます。
世界の不安定化、流動化、なんと言えばいいのか難しいですが、激動する時代に入ったことは覚悟して、頭を柔らかくしておきたいものです。
今すぐどうにかなるとは思わないけど、日本にはこの先何が起こっても柔軟に対処できるよう、備えを万全にしておいてもらいたいですね。




by teri-kan | 2015-09-16 14:40 | 事件・出来事 | Comments(0)

ジョコビッチ強いねえ

ウィンブルドンはジョコビッチが連覇。
フェデラーの8度目の優勝はまたしてもなりませんでした。

まあ33歳で2年連続準優勝ってのもすごすぎなんだけど、私は断然フェデラー応援なので、優勝できなかったのが残念でしょうがないです。

マレーには完勝だったんですけどねえ。
ジョコビッチはホント強いなー。

勝とうと思うなら、全仏のバブリンカのように試合中ずっと冴えわたったプレーをするしかないんだろうなあ。
あの時のバブリンカは素晴らしかったけど、あれを常時ジョコビッチ相手に出来るかとなると、それは難しいのかな。
全盛期フェデラーもそうだけど、こういうずば抜けた人の全盛期ってホント穴がないというか、強さが安定しまくってますよね。
ジョコビッチ、ホント強すぎて参ります……。

今年はアレだったけど、来年は全仏取って生涯グランドスラム達成するんでしょうねえ。
いやあ、どこまでこの強さ続くんだろう。
個人的にはもう一度(と言わず二度でも三度でも)フェデラーの四大大会優勝の姿を見てみたいのだけど、ジョコビッチが強すぎて無理な希望になってるような気がしてしょうがないです……。
by teri-kan | 2015-07-13 14:07 | スポーツ | Comments(0)

ATPツアーファイナル準決勝 錦織VSジョコビッチ

1-6、6-3、0-6。
うーん。
気持ちは複雑だ。
よくやったと言っていいのか、惜しかったと言っていいのか、どっちなんだろう。

第1セットは鬼ジョコビッチ。
こんなのどうすりゃいいのさって感じ。

第2セットは途中から完全な錦織ペース。
というか、第2ゲーム、ジョコビッチに何が起こったのだ?
あれが謎。今も理解不能。

逆に第3セットの錦織。
第1ゲームの大チャンスを逃してからは、ズルズルズルズル……。
錦織にもジョコビッチにも、なんだかよくわからん最終セットになったような印象でした。
それでも勝ってるジョコビッチはやっぱり「さすが世界王者」なんだけどさ。

チャンスがあっただけに惜しいですよねえ。
第1セットの鬼ジョコビッチから鬼でないジョコビッチに引きずり下ろすところまではできたけど、その後がもったいなかったなあ。
本当に惜しいなあ。
でもこれさえなんとかできれば、今後はジョコビッチにだって普通に勝っておかしくないってことになるよね?
錦織にはまだまだ成長の余地があると考えれば、未来は更に明るい!?

にしても、ジョコビッチとのラリーは緊張しますねえ。
フェデラーの時とはまた違った緊張感。
フェデラーの場合はワクワク感の方が勝るんだけど、ジョコビッチのは緊張する。
神経すり減る感じです。

それも含めて楽しませてもらいました。
素晴らしいベスト4でした。
錦織ありがとう。
ゆっくり休んで、手首をお大事に。




by teri-kan | 2014-11-16 02:07 | スポーツ | Comments(0)