タグ:日本代表 ( 143 ) タグの人気記事

どこまで辛抱できるか

アジアカップは1-3でカタールの勝利。
日本は準優勝になりました。
シャビの予想恐るべし。

ゲームプランの失敗と修正の失敗。
敗因はたくさんあって、宿題ばかり山のように手にした感じです。
個人を指摘していたらキリがないのでしません。
ただ、どこまで辛抱できるかなあという懸念はある。

W杯南アフリカ大会からロシア大会まで、長く代表の中心を担ってきた選手がいなくなり、メンバーは急激に若返りました。
新鮮でイキがいいと言えばいいですが、未熟で圧倒的に経験不足です。
始動して半年で連携もまだまだです。
物足りなさにイライラすることはこの先もしばらく続きます。

吉田のキャプテンシーを疑問視する意見を見ましたが、長谷部と比べるのは酷で、ましてや近年の長谷部と比べてどうこう言うのはフェアではない。
監督の成長も待たなければいけません。
監督の評価は結果しかありませんが、最初から結果を求めるなら協会は森保監督ではなく国際経験豊富な監督を選んだはずで、この監督人事が行われた時点でこちらにも忍耐力が求められているのははっきりしています。
批判するのはいいとして、気を長く持つことも必要なのです。
監督人事そのものを批判して協会を糾弾するのはありだけど。

私はサンフレッチェ広島でずっと見てきたので、それなりに監督の長所も短所もわかっているつもりですが、決勝戦の成り行きは、「うーん、まあ、パターンではあるなあ」って感じで、なんとも微妙な気持ちでした。
ハリルなら失点した時点で即システムを変えるなり選手交代をするなりしたでしょうね。
ザックなら後半頭から選手二人を交代したでしょう。
森保監督はその点でハリルのような経験からくる引き出しもないし、ザックのようなバクチ的な勝負師でもない。
Jリーグの監督の中でも選手交代は遅めで慎重な方だと思う。

個人的には監督自身にこの辺を打破してもらいたいと思うけど、もしかしたら今回の決勝戦がその契機になるかもしれない。
というか、それが出来て初めてこの試合で負けた意義が出来ると思う。
やはり必要なのは長い目だと思います。

選手ももっとそれぞれ頑張らなければいけないです。
これまでは良くも悪くも本田が矢面に立って、批判もほとんど本田が引き受けていたような格好でしたけど、今はそういった絶対的存在がチームにはいない。
そもそもチーム作りがまだまだなんだけど、その辺も含めて一から作り上げていく過程を辛抱強く応援していこうという空気にできるかどうか。

この決勝戦が良い薬になってもらいたいものです。
監督を含め経験不足の未熟なチームが貴重な7試合を経験できた。
最低限のノルマは達成したし、最後の最後でこれ以上ない宿題も与えられた。
そう考えて良い方向へ向かってほしいです。
決勝戦を戦えて本当に良かったと思うので、絶対にこれを糧にしてほしい。




by teri-kan | 2019-02-04 00:00 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

ハンパないジャパーン、決勝進出!

アジアカップ準決勝、日本対イランは3-0で日本の勝利!
大迫半端ないは名実ともに半端ない日本のエースに!
まさかここまで頼りになる選手になるとはー!

いや、前から頼りにはしてましたよ。
ポストプレーができる選手が大迫しかいなかったし、戦術的にも、特に周りを生かすという意味では、いるといないとじゃこれまでも段違いでした。
が、残念ながら得点力がなかった。
これで点さえ決められれば完璧なのにってことがずーっとだった。

なのにどうでしょう。
ワールドカップのロシア大会も良かったけど、なにこのイラン戦。
攻撃が活性化しただけでなく、彼の得点はどちらもパーフェクト。
今こそ心から言わせてもらおう。
大迫半端ないー。

半端ないのはセンターバックの富安も。
まだ二十歳ですよ?
なのにあのわかってるプレー。
吉田の若い頃は相手FWに体を入れ替えられてGKと1対1にさせられてしまうことがよくあったけど、トミーはすごいわー。

一人一人褒めていけばキリがありません。
全得点に絡んだ南野の粘りも良かったし、一試合に一回は恐ろしいポカをする権田も止めるべきところは止めていた。
実際権田が止めなきゃ先制点はイランのものになってたし。
はい、みんなが力を出し切ったおかげの素晴らしい勝利だと思います。

まあ、終わってみれば3-0ですが、実はそう簡単なゲームではありませんでした。
イランはやはり強かったし、何が勝敗を分けたかとなると、最終的にはメンタルの部分が大きかったように思います。
一点目が全てだけど、あれは日本にとってのドーハの悲劇のように、イランにとっては後々まで教訓にするべき事例にしなきゃいけないでしょうね。
セルフジャッジで勝手にプレーを止めてはいけない。
何に対して集中してプレーするかという点で、イランは本当に大きな課題を与えられたのではないかと思います。

ていうか、それについては中東全体に言える話なんだけど、やたら転んで時間稼ぎするとか、自分を有利にするためのファールをやたら仕掛けるとか、プレーとは関係ないところに意識を向けてると、やはりチーム全体の集中力の面で粗が出るのだと思います。
失点するごとにやる気を失ってラフプレーに走るところでも言えるけど、メンタルの面では少なくとも今回のイランと日本は差がありました。

イラン、ワールドカップでは決勝トーナメントに行けなかったけど、集中力を保った素晴らしい戦いぶりだったんですよねえ。
もしかしたら日本には案外楽に勝てるイメージがあったのかもしれませんね。
今大会の日本ってそれまでの試合がしょっぱすぎだったし。
下馬評もイラン優位だったろうし、こんなはずではって気持ちが大きかったのかもしれません。

日本もチームとしてはまだまだですが、切れることなく粘り強く戦えてるのは素晴らしいと思います。
細かいところで手を抜くことを最も嫌う監督なので、その辺が徹底できてるのはいいなと。

負傷者だらけですが、決勝戦も頑張ってもらいたい。
選手も監督も皆で成長しよう!




by teri-kan | 2019-01-30 00:00 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

大相撲、テニス、サッカー

ここのところスポーツのニュースが花盛り。



・サッカーのアジアカップ

グループリーグは普通に力を出せば総合力で圧倒的に日本なんだけど、この時期の日本はいつも4年後に向けてのチーム作りの序盤段階なので、新顔が増えて連携不足とか経験不足とか、その辺の問題がここってところで出たりして、ストレスがたまることが多いんですよね。
今回も「えー」なところがあったし。

でも3勝だから結果は上々。
二試合目のオマーン戦なんて中東の笛がいい方に吹いてくれてラッキー。
言いたいこともあるけれど、とりあえず今のところは良し。
サウジ戦も頑張れ~。



・テニスは錦織も大坂もいい感じ

全豪オープンが盛り上がってます。
この二人が勝ち進むとやっぱり楽しいですね。
最初の二戦は錦織がかなりヤバかったですが、三回戦は快勝。
この調子で今度こそジョコビッチに……と願わずにはいられない。

マレーが引退を発表したのはショックでした。
残念ながら全豪は初戦敗退になってしまったけど、その分ウィンブルドンに少しでも良い状態で出られればと思います。

まさかビッグ4でマレーが一番先にいなくなってしまうとは。
本当に寂しい。



・さよなら稀勢の里

返す返すもあの怪我が口惜しい。
それしかない。
次の場所を休まなかったことも口惜しい。
もっと上手に休めば良かったのに。

強いけどノミの心臓、ここ一番で勝てない、とさんざん言われたけど、でも強いのは確かだった。
こんな負けてばかりの印象で終わってしまうのは残念すぎる。
もっと良い相撲人生があったはずだと思うのに。
相撲そのものよりも他のストーリーの方が印象に残る力士になりましたね。
それも含めて本人には重かったのかもしれないな……。

お疲れ様でした、よく頑張った、としか言えないような気がします。
優勝した時は楽しい思いをさせてもらいました。
ありがとう稀勢の里。




by teri-kan | 2019-01-21 01:00 | スポーツ | Comments(0)

日本対ウルグアイは4-3

打ち勝ったって感じでしたね。
スアレス抜きだけどカバーニはいるウルグアイに、森保ジャパン、見事勝利しました。

「どうせ親善試合、どうせホーム」と言うことなかれ、同じ条件で戦った4年前はウルグアイに1点も取れずに負けているのです。
今回勝ったことで彼らより強いとは言いませんが、4年前の日本よりは強くなったと言っていいでしょう。
少なくとも得点力はアップしている。
攻撃陣は素晴らしかった。
ここは素直に喜んだらいいのではと思います。

二列目の三人のゴールに向かう姿勢とシュートは良かったですね。
あのポジションは日本は激戦区ですが、三人の素晴らしさに今は文句のつけようがない。
一方大迫のところは次がいない。
若い選手であの位置でボールをおさめられる選手、出てきてほしいですね。

大迫、ホントにシュート以外は素晴らしいんですよねえ。
昔からそうなんだけど今もやっぱりシュートが決まらない。
1点は取ったけどでかい外し方も何個かやってるから、あそこのポジションは大迫のシュート力を上げることと大迫の次を見つけることが課題かなあ。

ボランチは誰を軸にしていくか試行錯誤して、ディフェンダーは若手にどんどん経験積ませるって感じ?
カバーニに2点目を取られたところはあまりにミスがハッキリしすぎて、「まあ、ドンマイ」としか言いようがないのだけど、これも経験といえば経験。
ああいうところ世界の点取り屋は見逃してくれませんね。

失点シーンや危険だったシーンを振り返るとあっさりやられてるところが多くて、特にセットプレーのマークの付き方は改善が必要でした。
ウルグアイのセットプレーは世界でもトップクラスなので、日本以外でもそうそう簡単に抑えられるものではないんだけど、ああやってやられちゃうのを見てしまうとやはりどうにかせずにはいられません。
今の代表はそれこそ魅惑の攻撃陣が揃って小っちゃいので、頑張って策を練ってほしいと思います。



森保ジャパン、実は上手くいきすぎて正直気持ち悪くて、完成形が必要なのは4年後なのに仕上がりが早すぎたらどうしよう、なんて変な心配しそうになってます。
そんな思いが杞憂になるくらい良い選手がどんどん出て、いろんな選手、いろんな戦術をどんどん試せたらいいですね。

若い選手の台頭に期待したいです。
血のめぐりが急速によくなってるので、この流れに我こそはと皆乗ってほしい。




by teri-kan | 2018-10-17 16:20 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

新生サッカー日本代表の初陣は3-0

何気に世間は良きにつけ悪しきにつけスポーツの話題で花盛り。
大坂の全米オープン優勝は素晴らしく、セリーナの悪態は残念極まりなく、稀勢の里にはハラハラさせられつつ、カープの足踏みはどこまで続く。

体操界の揉め事はサイテーだが、ボクシングもサイテーだったし、レスリングもサイテーだったし、大相撲もサイテーだったし、日大はサイテーの下を掘り進んでた。
暴力指導者とパワハラ権力者は全て追放だー。
旧態依然の協会も刷新だー。
せっかくの地元五輪前の変革期。
全ての風を入れ替えろー!

……という風潮が強いですね、スポーツ界。
世代交代をこれを機にどんどん推し進めてくれといった雰囲気です。

で、サッカー日本代表。
こちらはこの度世代交代が一気に進みました。
会長はダメだけど、監督も選手も今が旬、これからが旬といった顔ぶれです。

まあ、若くなっても代表である限り年配者同様の結果が求められるわけで、その点この初陣は「どんなもんだろか」という不安感も最初はあったんだけど、いやー、とりあえず良かったんじゃないでしょうか。
相手の出来がイマイチだったとはいえ、上々の船出を飾れたのではないかと思います。

攻撃陣は連携がこなれてくればもっと良いものが見れると思う。
ここはタレントが揃っていて楽しみしかない。
ディフェンスはもうちょっとじっくり見てみたいかな。
吉田が入ったら全然違うはずなので。

コスタリカ相手にここまで出来たのならチリとやってたらどうだったのかと、中止になったことが改めて残念に思えてくるけど、これはしょうがない。
出来なかったことも含めてそれも力に変えていくしかない。
日本という国の代表ということは災害も込みで戦うということ。
嵐の中の船出だったことをこれからもしっかり意識していきましょう。



……とまあ、いい試合だったので景気よくいいことを言ってみましたが、ハリルだって初戦は素晴らしい出来だったんですよねえ。
ウズベキスタン戦だったっけ?
なんだか遠い昔のように思える……。
あの時も青山はいいパスを前線に送りまくってたんだよね。
でも守備はもうちょっとって感じで、青山は確か代表戦はあれ以来。
この間いろいろありましたねえ……。

といった感慨にもふけりたくなるようなコスタリカ戦でありました。

とりあえず勝って良かった。
イキのいい若者がたくさん見られて良かった。
新鮮で面白かったですね。
次の試合も楽しみです。




by teri-kan | 2018-09-12 15:29 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

森保日本代表監督誕生

期待と課題と問題を多く含んだ決定だと思います。
なぜ早くから日本人に限定していたのか、協会の方向性に不信感です。





悩ましい
by teri-kan | 2018-08-01 16:28 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

誰が名付けたおっさんジャパン

代表メンバーが発表された時、「おっさんジャパン」と揶揄されたロシア大会の日本代表。

三十代の選手が多いから、が理由だったようですが、サッカー選手で三十代とは後輩に率先して道を譲らなければならないほど高齢なのでしょうか。
「おっさんジャパン」の代表として長友はいろいろ語っていましたが、31歳の長友も「おっさん」に入ってしまうのでしょうか。
そもそも「おっさん」とはなんなのか。
ポジティブではなくネガティブなイメージだというのはわかるけど、三十代のサッカー選手とはそもそもどういうものなのか。
とても漠然としてるんですよね。

といったようなことを、これからつらつらと書きます。





日本人選手のピークはいつなのか
by teri-kan | 2018-07-06 23:00 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

スウェーデンの8強進出から学ぶ

ある種ラッキーなゴールでスウェーデンはスイスを破り、ベスト8となりました。

スウェーデンは堅実というか出来ることを愚直にやるチームというか、華やかではないけど真面目さが感じられる好印象のチーム。
粘り強く守備をする。

そんな彼らが地道に1-0でベスト8に勝ち上がったのを見て、上に上がるってこういうことなのかもなあと、派手に散った日本と比べざるをえません。
今のところベスト8への道は、日本には険しいと言うしかない気がします。





ベスト8の目標と監督人事の話
by teri-kan | 2018-07-04 16:07 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

悔しい

日本VSベルギーは2-0をひっくり返されて2-3で敗北。
最後の最後にカウンターをくらってしまいました。



悔しさを感じられる幸せ、とでも言えばいいでしょうか。
悔しいから不幸なんだけど、でも本気のベルギー相手に悔しく思えるのは幸せでしょう。

持ってる力は出し切れたと思う。
それでも負けたのはベルギーが強かったから。
「ああすればよかった」「こうすれば」という思いはあるけど、そう思えるのもまた収穫。
四年前はそんなことすら考えられませんでした。

全力を出し切れば世界との正確な差が測れる。
何が足りないのかクリアに理解できる。
四年たってやっとここまできたかといった心境です。

今大会で日本の課題ははっきりしましたが(前からわかっていたことをダメだしされたって感じですが)、大反省会と総括はまた後ほどするとして、今はまず選手に労いの言葉を。

本当にお疲れ様。
グループリーグからの四試合、今までにないような出来事ばかり起こったけど、日本代表を応援する者としていろいろ体験させてもらって面白かったです。
この四試合が今後の代表の糧となることを願ってやみません。
若い選手、涙を力に変えて頑張れ。

そしてベテラン選手、四年前の絶望からよくここまできました。
悔しさを飲み込んで晴れ晴れとしていた長友が一番わかりやすい。
彼らには感謝の気持ちも大きいです。



ホントにね、やっぱり悔しいんですけどね。
2点リードして夢を見てしまった分、スルリと手から抜け落ちた感は正直ある。
親善試合ならあのままいくんだろうけど。
でもワールドカップはそうはいかない。

本気のベルギーと戦えた。
そこまでは来た。
その部分では過去のラウンド16の試合よりも満足感はある。
でも宿題もたくさん。

次に強豪国とこんな本気の試合ができるのは四年後。
あ、コパ・アメリカが来年あるか。
よし、来年頑張ろう。
悔しさも抱えて前に進もう。

で、ベルギーはこのまま優勝までいってくれー。




by teri-kan | 2018-07-03 14:16 | 2018ワールドカップ | Comments(2)

ありがとうコロンビア!!

物議を醸しています、日本VSポーランド。

グループリーグの3戦目でこういった手打ちをすることは結構あるのだけど、さすがにそれは両者で勝ち点1を分け合って、おたがい仲良く勝ち抜けようね、って場合がほとんどで、片方が負けていて、しかも他会場の成り行き次第では敗退危機もあるのに時間潰しというのは、さすがにちょっと例がない。

というか、こういう状況に置かれたパターンが過去に存在するのかどうかもわからない。
フェアプレーポイントが導入される前は、おそらく得失点差や総得点で決まらない場合は抽選をしてたと思うのだけど、さすがに抽選にゆだねるくらいならリスクを負って攻めに出たと思うから、今回のような状況で試合の終盤を殺した例は、ホントのホントに今回が初めてだと思います。

んー、まあ、フェアプレー万歳?
この件についてはイタリアの議論が面白くて、カードの枚数で決めるのは審判によってカードを出す出さないの判断が違ってくるからアンフェアだって論調があるらしいのだけど、日本とセネガルの場合は、確か第2戦の試合だけを見てもセネガルの方がイエローが多かったと思うから、とりあえずイエローの数で決めたことへの不公平さはなかったのではと思います。

個人的には結果が全てだと思ってるので、これでよし。
セネガルが追い付いて日本敗退なんてことになってたらボロクソに言いますけど、そうならなかったのでオーライ。
非難が起こるのはわかるけど。
でもこの作戦が失敗したら今以上の批判を浴びて史上最低監督の烙印を押されかねなかったですからねえ。
そんな目に合いたくないから普通あんな決断はしないと思うんだけど、まあそれをやっちゃったということで、結局腹をくくった西野監督の勝利ってことになるんでしょう。

そんなことよりも、スタメン6人替えが失敗だったと思います。
ベスト8を本気で目指してるからだと言われればそうだけど、機能してなかったもんなー。
ボールを持ってる選手にフォローに行かないし、武藤と宇佐美はボール持ち過ぎ。
ハンパない暑さを考慮するにしても、ポーランドがそこまでたいしたことなかったのを思えば、もっと出来が良くなければいけなかったと思います。

ただ、やはりこれも結果論だけど、多くの選手を休ませることができたのは良かった。
南アフリカ大会のパラグアイ戦は固定化されたメンバーがヘロヘロで戦ってたけど、今回はもう少し戦えそう。
パラグアイより今回のベルギーははるかに強いですが。

うーん、ベルギー……。
どっちかというとイングランドとやりたかったなあ。
ベルギーよりイングランドの方が弱いからというより、イングランドとやる方がなんとなくワールドカップのお祭りって感じがするから。
日本ってヨーロッパの優勝経験国とまだワールドカップで当たったことがないんですよね。
どうやら今回も当たれそうにないから、その夢はまた四年後ですね。



ま、そんなこんなの日本のグループリーグでした。
初戦と第2戦で褒められてた分、第3戦で世界中からボロクソに言われるのが切ないっていや切ないけど、別に対戦相手を怪我させたり審判を欺いたりしたわけじゃないんだから、普通に堂々としてればいいと思います。
それまでに稼いだ勝ち点4をめいっぱい活用した戦いぶりと思えばいいのです。

代表の成績は国の歴史として残るので、本当に結果なのです。
30年後、あるいは50年後に過去のデータ表を見た時、2018年の結果がGL敗退で終わってるか、はたまたベスト16、ベスト8と刻まれているのかで、確かに大きく違いは出てくるのです。

みっともなかったけど結果オーライ。
当たって砕け散るなら決勝トーナメントでよろしく。

そして、ありがとうコロンビア。
コロンビアが日本戦で早々に退場になってくれたからあの試合でコロンビアに押し込まれなかったし、押し込まれなかったからファールで止めたりカードをたくさん出されたりなんてこともなかった。
勝ち点3もきっと取れなかった。
コロンビアは日本にとって鍵というだけでは足りないほどのチームでしたね。

イングランド戦で良い戦いをしてくれることを願ってます。
ハンドをしちゃった選手もこれで安泰でしょう。
よかったよかった。




by teri-kan | 2018-06-29 23:33 | 2018ワールドカップ | Comments(2)