タグ:日本代表 ( 139 ) タグの人気記事

新生サッカー日本代表の初陣は3-0

何気に世間は良きにつけ悪しきにつけスポーツの話題で花盛り。
大坂の全米オープン優勝は素晴らしく、セリーナの悪態は残念極まりなく、稀勢の里にはハラハラさせられつつ、カープの足踏みはどこまで続く。

体操界の揉め事はサイテーだが、ボクシングもサイテーだったし、レスリングもサイテーだったし、大相撲もサイテーだったし、日大はサイテーの下を掘り進んでた。
暴力指導者とパワハラ権力者は全て追放だー。
旧態依然の協会も刷新だー。
せっかくの地元五輪前の変革期。
全ての風を入れ替えろー!

……という風潮が強いですね、スポーツ界。
世代交代をこれを機にどんどん推し進めてくれといった雰囲気です。

で、サッカー日本代表。
こちらはこの度世代交代が一気に進みました。
会長はダメだけど、監督も選手も今が旬、これからが旬といった顔ぶれです。

まあ、若くなっても代表である限り年配者同様の結果が求められるわけで、その点この初陣は「どんなもんだろか」という不安感も最初はあったんだけど、いやー、とりあえず良かったんじゃないでしょうか。
相手の出来がイマイチだったとはいえ、上々の船出を飾れたのではないかと思います。

攻撃陣は連携がこなれてくればもっと良いものが見れると思う。
ここはタレントが揃っていて楽しみしかない。
ディフェンスはもうちょっとじっくり見てみたいかな。
吉田が入ったら全然違うはずなので。

コスタリカ相手にここまで出来たのならチリとやってたらどうだったのかと、中止になったことが改めて残念に思えてくるけど、これはしょうがない。
出来なかったことも含めてそれも力に変えていくしかない。
日本という国の代表ということは災害も込みで戦うということ。
嵐の中の船出だったことをこれからもしっかり意識していきましょう。



……とまあ、いい試合だったので景気よくいいことを言ってみましたが、ハリルだって初戦は素晴らしい出来だったんですよねえ。
ウズベキスタン戦だったっけ?
なんだか遠い昔のように思える……。
あの時も青山はいいパスを前線に送りまくってたんだよね。
でも守備はもうちょっとって感じで、青山は確か代表戦はあれ以来。
この間いろいろありましたねえ……。

といった感慨にもふけりたくなるようなコスタリカ戦でありました。

とりあえず勝って良かった。
イキのいい若者がたくさん見られて良かった。
新鮮で面白かったですね。
次の試合も楽しみです。




[PR]
by teri-kan | 2018-09-12 15:29 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

森保日本代表監督誕生

期待と課題と問題を多く含んだ決定だと思います。
なぜ早くから日本人に限定していたのか、協会の方向性に不信感です。





悩ましい
[PR]
by teri-kan | 2018-08-01 16:28 | スポーツ(サッカー) | Comments(0)

誰が名付けたおっさんジャパン

代表メンバーが発表された時、「おっさんジャパン」と揶揄されたロシア大会の日本代表。

三十代の選手が多いから、が理由だったようですが、サッカー選手で三十代とは後輩に率先して道を譲らなければならないほど高齢なのでしょうか。
「おっさんジャパン」の代表として長友はいろいろ語っていましたが、31歳の長友も「おっさん」に入ってしまうのでしょうか。
そもそも「おっさん」とはなんなのか。
ポジティブではなくネガティブなイメージだというのはわかるけど、三十代のサッカー選手とはそもそもどういうものなのか。
とても漠然としてるんですよね。

といったようなことを、これからつらつらと書きます。





日本人選手のピークはいつなのか
[PR]
by teri-kan | 2018-07-06 23:00 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

スウェーデンの8強進出から学ぶ

ある種ラッキーなゴールでスウェーデンはスイスを破り、ベスト8となりました。

スウェーデンは堅実というか出来ることを愚直にやるチームというか、華やかではないけど真面目さが感じられる好印象のチーム。
粘り強く守備をする。

そんな彼らが地道に1-0でベスト8に勝ち上がったのを見て、上に上がるってこういうことなのかもなあと、派手に散った日本と比べざるをえません。
今のところベスト8への道は、日本には険しいと言うしかない気がします。





ベスト8の目標と監督人事の話
[PR]
by teri-kan | 2018-07-04 16:07 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

悔しい

日本VSベルギーは2-0をひっくり返されて2-3で敗北。
最後の最後にカウンターをくらってしまいました。



悔しさを感じられる幸せ、とでも言えばいいでしょうか。
悔しいから不幸なんだけど、でも本気のベルギー相手に悔しく思えるのは幸せでしょう。

持ってる力は出し切れたと思う。
それでも負けたのはベルギーが強かったから。
「ああすればよかった」「こうすれば」という思いはあるけど、そう思えるのもまた収穫。
四年前はそんなことすら考えられませんでした。

全力を出し切れば世界との正確な差が測れる。
何が足りないのかクリアに理解できる。
四年たってやっとここまできたかといった心境です。

今大会で日本の課題ははっきりしましたが(前からわかっていたことをダメだしされたって感じですが)、大反省会と総括はまた後ほどするとして、今はまず選手に労いの言葉を。

本当にお疲れ様。
グループリーグからの四試合、今までにないような出来事ばかり起こったけど、日本代表を応援する者としていろいろ体験させてもらって面白かったです。
この四試合が今後の代表の糧となることを願ってやみません。
若い選手、涙を力に変えて頑張れ。

そしてベテラン選手、四年前の絶望からよくここまできました。
悔しさを飲み込んで晴れ晴れとしていた長友が一番わかりやすい。
彼らには感謝の気持ちも大きいです。



ホントにね、やっぱり悔しいんですけどね。
2点リードして夢を見てしまった分、スルリと手から抜け落ちた感は正直ある。
親善試合ならあのままいくんだろうけど。
でもワールドカップはそうはいかない。

本気のベルギーと戦えた。
そこまでは来た。
その部分では過去のラウンド16の試合よりも満足感はある。
でも宿題もたくさん。

次に強豪国とこんな本気の試合ができるのは四年後。
あ、コパ・アメリカが来年あるか。
よし、来年頑張ろう。
悔しさも抱えて前に進もう。

で、ベルギーはこのまま優勝までいってくれー。




[PR]
by teri-kan | 2018-07-03 14:16 | 2018ワールドカップ | Comments(2)

ありがとうコロンビア!!

物議を醸しています、日本VSポーランド。

グループリーグの3戦目でこういった手打ちをすることは結構あるのだけど、さすがにそれは両者で勝ち点1を分け合って、おたがい仲良く勝ち抜けようね、って場合がほとんどで、片方が負けていて、しかも他会場の成り行き次第では敗退危機もあるのに時間潰しというのは、さすがにちょっと例がない。

というか、こういう状況に置かれたパターンが過去に存在するのかどうかもわからない。
フェアプレーポイントが導入される前は、おそらく得失点差や総得点で決まらない場合は抽選をしてたと思うのだけど、さすがに抽選にゆだねるくらいならリスクを負って攻めに出たと思うから、今回のような状況で試合の終盤を殺した例は、ホントのホントに今回が初めてだと思います。

んー、まあ、フェアプレー万歳?
この件についてはイタリアの議論が面白くて、カードの枚数で決めるのは審判によってカードを出す出さないの判断が違ってくるからアンフェアだって論調があるらしいのだけど、日本とセネガルの場合は、確か第2戦の試合だけを見てもセネガルの方がイエローが多かったと思うから、とりあえずイエローの数で決めたことへの不公平さはなかったのではと思います。

個人的には結果が全てだと思ってるので、これでよし。
セネガルが追い付いて日本敗退なんてことになってたらボロクソに言いますけど、そうならなかったのでオーライ。
非難が起こるのはわかるけど。
でもこの作戦が失敗したら今以上の批判を浴びて史上最低監督の烙印を押されかねなかったですからねえ。
そんな目に合いたくないから普通あんな決断はしないと思うんだけど、まあそれをやっちゃったということで、結局腹をくくった西野監督の勝利ってことになるんでしょう。

そんなことよりも、スタメン6人替えが失敗だったと思います。
ベスト8を本気で目指してるからだと言われればそうだけど、機能してなかったもんなー。
ボールを持ってる選手にフォローに行かないし、武藤と宇佐美はボール持ち過ぎ。
ハンパない暑さを考慮するにしても、ポーランドがそこまでたいしたことなかったのを思えば、もっと出来が良くなければいけなかったと思います。

ただ、やはりこれも結果論だけど、多くの選手を休ませることができたのは良かった。
南アフリカ大会のパラグアイ戦は固定化されたメンバーがヘロヘロで戦ってたけど、今回はもう少し戦えそう。
パラグアイより今回のベルギーははるかに強いですが。

うーん、ベルギー……。
どっちかというとイングランドとやりたかったなあ。
ベルギーよりイングランドの方が弱いからというより、イングランドとやる方がなんとなくワールドカップのお祭りって感じがするから。
日本ってヨーロッパの優勝経験国とまだワールドカップで当たったことがないんですよね。
どうやら今回も当たれそうにないから、その夢はまた四年後ですね。



ま、そんなこんなの日本のグループリーグでした。
初戦と第2戦で褒められてた分、第3戦で世界中からボロクソに言われるのが切ないっていや切ないけど、別に対戦相手を怪我させたり審判を欺いたりしたわけじゃないんだから、普通に堂々としてればいいと思います。
それまでに稼いだ勝ち点4をめいっぱい活用した戦いぶりと思えばいいのです。

代表の成績は国の歴史として残るので、本当に結果なのです。
30年後、あるいは50年後に過去のデータ表を見た時、2018年の結果がGL敗退で終わってるか、はたまたベスト16、ベスト8と刻まれているのかで、確かに大きく違いは出てくるのです。

みっともなかったけど結果オーライ。
当たって砕け散るなら決勝トーナメントでよろしく。

そして、ありがとうコロンビア。
コロンビアが日本戦で早々に退場になってくれたからあの試合でコロンビアに押し込まれなかったし、押し込まれなかったからファールで止めたりカードをたくさん出されたりなんてこともなかった。
勝ち点3もきっと取れなかった。
コロンビアは日本にとって鍵というだけでは足りないほどのチームでしたね。

イングランド戦で良い戦いをしてくれることを願ってます。
ハンドをしちゃった選手もこれで安泰でしょう。
よかったよかった。




[PR]
by teri-kan | 2018-06-29 23:33 | 2018ワールドカップ | Comments(2)

取られては取り返し取られては取り返し

日本VSセネガルは2-2のドロー。
早い時間帯の失点のせいなのか、予想とは違ったゲーム展開になりました。

後から思えばあの1失点目が余計というか、後から考えなくても余計なんだけど、考えたら精神衛生上よくないことになるので、しょうがない、水に流すことにする。
いいことだけ考えよう。
こっちのゴールは二つとも素晴らしかったし、もう1点取れててもおかしくない内容だった。
勝ちきれなかったのは悔しいけど、それはセネガルも同じ。
むしろ二度とも追いつかれた向こうの方がガッカリ感は大きいはず。
日本としては前向きに結果を受け止めた方がきっと次に繋がる。
だっていい試合だった。
充足感は大きい。
正直こんな日本代表の試合がワールドカップで見られるとは!です。

充足感の最たるものは、日本がフィジカルで逃げてなかったこと。
ガシガシ当たってる姿は好ましかった。
ちゃんとやり合えてたし勝てた時もあったし、空中戦でも負けてなかったし、スピードでもそこまで振り切られてなかった。
セネガル速かったですけどね。
でもこれに関しては長友ご苦労さん!
なんとかついてたし、カバーもきちんとしてたと思います。

セネガルはシセが監督をしてて、思えば彼が選手として日韓大会に出て世界を沸かせた時も、セネガルはきちんと組織だったチームでした。
それまでのアフリカのイメージを変えた国って感じだったかな?
今回もフィジカルだけじゃないんですよね。
ムラのない、規律あるチームといった印象。
出来としてはポーランド戦の素晴らしさに比べたら、日本戦はちょっとイマイチだったかもしれないけど、やりにくくさせたのは日本のせいもあると思うので、やはり良い試合だったと思います。

にしても、やっぱり肉体改造だよなー。
大迫も原口も以前のまま一見ひょろっとしてるけど、全然強い。
日本はデュエルも向上してる。
良い傾向だと思います。

やっぱり強い体があってナンボだよね。
そりゃアフリカンの選手の方が比較にならないほど強いんだけど、でもなんとか昨日はやれてた。
それが見れただけで良い試合だった。
身体の強さに比例してるのかわからないけど、メンタルも強くなってるよね。
選手個々の能力はちょっとずつでもレベルアップしてるのだと、嬉しく思ったセネガル戦でした。




[PR]
by teri-kan | 2018-06-25 22:47 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

勝った!

日本VSコロンビアはまさかの2-1。
大迫半端ないは半端なさをここぞと発揮。
決定的なシュートブロックも入れたら2得点分の働きしてる。
ホントに効いてた。
ていうかみんなよく頑張った!
原口と乾はよく走った!
お疲れさん!



西野監督はもってるんだなあ。
マイアミの奇跡に次ぐアップセットですよ。
あれもありえないブラジルのミスから得点したけど、今日もありえない時間帯でのハンド→一発レッド。
誰が予想したよ?この展開。
ワールドカップって恐いわー。
サッカーってやってみないとわからないものですねえ。

正直、勝ちはしたけどこの試合で日本を評価するのは難しい。
アディショナルタイムを入れてほぼ90分を10人で戦ったコロンビアは、日本に対してプレスなんて全くかけれなかった。
プレッシャーゼロの中でのパス回しですからねえ。
この試合をもってして次戦もいける!と能天気には、ちょっと思えない。
ミスは多かったし、コロンビア選手を二人三人で囲んでも相手にパスを出されてしまうとか、局面での争いでは残念なところがあった。
この試合はこの試合として、新たな気持ちででセネガル戦にのぞんでもらいたいです。

セネガル、今ポーランドとやってるけど、普通に強い。
フィジカルすごいよね。
4年前にコートジボワールに圧力かけられて簡単にズルズル下がったことが思い出されます。
コロンビアへのリベンジは成し遂げることができたので、できればアフリカ勢へのリベンジも出来たらいいですね。
もうズルズルいくのは見たくない。
今日は相手が少なかったおかげであまり見ずにすんだから、次もよろしく。



にしても、コロンビアにしてみれば自滅以外のなにものでもない試合だろうなあ。
日本に負けたというより自分に負けたといった感じかもしれない。
安易に手を伸ばしちゃったですねえ。
この国はアメリカ大会のエスコバルの件があるので、人ごとながら心配になってしまいますよ。
とはいえ、イライラハメスとシミュレーションファルカオが勝つのも如何なものかって感じだったのでしょうがない。
コロンビアは次がんばってくれ。

日本もこの一勝を生かすためにも、まずは今日ゆっくり休んで、明日からまたがんばってくれ。
良い波に乗れることを願ってます。




[PR]
by teri-kan | 2018-06-20 01:36 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

サッカー日本代表のこと

壮行試合となるガーナ戦を終え、代表メンバー23人が決まりました。
評価するにも批判するにも見なければ話にならないので一応試合は見ましたが、書く気力がわいてきません。
一度萎えた心はなかなか戻らないです。

ハリル解任によるメリット・デメリットはそれぞれありますが、個人的にはそれで得られる目先のメリットよりも、後々まで響くであろうデメリットの方が大きいと思っていたので、それを個人的にまとめておきたかったのですが、残念ながら気力が本当に出てこない。
でも自分の思いをはるかに上手にまとめて、更にいろいろと気付かせてくれたコラムを見つけたので、それを代わりにここに貼り付けておく。

ハリル解任の真の悲劇はW杯以後。日本代表は「解任基準」を失った

いつかまた代表について考えたくなった時に読んでみたいものです。



にしても、ロシア大会、どこを応援すればいいものか。
日本以外ではずっとイタリアだったけど、今回はあろうことか出れないし、南米ではチリが割とお気に入りだったけど、こっちもあろうことか出れてないし、悩むわ。
大会中に驚くような躍進を見せてくれたチームですかねえ、やっぱり。
たいていそういう国がいくつか出てくるのでそこかな。

それよりも、サッカーで楽しい話題といったらイニエスタですよ。
Jリーグの再開は楽しみ。
ガラパゴスを楽しむなら代表じゃなくてJリーグだよねえ。
代表の方が内向きだなんて、これ如何に。




[PR]
by teri-kan | 2018-06-01 10:46 | 2018ワールドカップ | Comments(0)

ハリル解任

ありえない。
協会にはほとほと愛想が尽きた。
最低だ。

また誰も責任とらずに、挑戦しなければいけないことから目をそむけて、楽な方に流れるのか。
いい加減ドイツ大会失敗の落とし前をつけてくれ。
あの時から代表の課題ははっきりしている。
ブラジル大会で打ちひしがれたのはなんだったんだ。

何が西野監督を全力で支えるだ。
先にハリルを支えとけばいいものを。
ハリル招聘に尽力した霜田氏を外しといてどのツラ下げてオールジャパンだ。
ロシア大会が終わったら成績に関わらず協会は一度解体した方がいい。

ハリルの真骨頂は本大会にあった。
彼の就任時からその時を楽しみにしていた。
その期待を思えばテストマッチの不具合など所詮テストマッチだった。
楽しみを奪われて、今は脱力しかない。



……書けば文句しか出てこないですよ……。
代表はもうどうでもいいや。
そりゃ日本だから応援するけど、こんなにも萎えた気分は初めて。
このくされ協会、どうしてくれよう。

結局自分達のやりたいようにしかやらないのか。
がっかりだ。




[PR]
by teri-kan | 2018-04-11 00:01 | 2018ワールドカップ | Comments(0)