タグ:漫画 ( 172 ) タグの人気記事

さくらももこ死去

本当に驚きました。
ものすごくショック。

悲しい……。

「ちびまる子ちゃん」の生みの親が亡くなったというショックと、まだ若いのに亡くなったというショックと、感情はごちゃまぜ。

早すぎますよ。
本当に悲しい。




[PR]
by teri-kan | 2018-08-27 22:49 | 漫画 | Comments(0)

「SWAN」ドイツ編 その16

「SWAN MAGAZINE Vol.52 2018年 夏号」を読みました。
とうとう最終回です。





感謝
[PR]
by teri-kan | 2018-06-22 12:42 | 漫画(SWAN) | Comments(4)

「SWAN」ドイツ編 その15

「SWAN MAGAZINE Vol.51 2018年 春号」を読みました。
舞台は成功し、大団円ですね。





さらば青春の光
[PR]
by teri-kan | 2018-03-16 16:15 | 漫画(SWAN) | Comments(4)

「SWAN」ドイツ編 その14

「SWAN MAGAZINE Vol.50 2017年 冬号」を読みました。
前回に引き続き、まるで進んでいない……。



まあ、舞台で踊ってる最中なのでしょうがないんだけど。
でも「そろそろ最終回なのか?」と思いながら1年くらい過ぎたような気がする。

舞台が長く感じてしまうのは、ひとえに結末が決まってるからなのですが、これも大きいかなあと思うのが、もう真澄には驚くべき気付きや飛躍的な成長は見られないんだろうなということ。
既に下手くそな時代は過ぎてるから当然のことなんだけど、舞台の前と後でガラリと変わるような、そんな劇的なことはもうおそらく起こらない。

あ、周囲の評価は劇的に変わりますけどね。
クリスももしかしたら変わるかもしれない。



今の境地に達した真澄には正直言うことがなくて、「オテロ」の愛と赦しの解釈も、「オテロ」自体を見たことないし読んだこともないのでああだこうだ言えない。
ただ、あそこまで周囲に揺さぶられない状態でいられたら、心は平穏でいられるだろうなあと思う。
後の「まいあ」に見られる、全く動じない真澄の出来上がりです。

もともと強い人だったけど、子供が出来てますます強くなりました。
レオンも脱皮したし、この二人、もう恐いもんなしかも。
舞台の後はどうなるんでしょうね。
どこまで描いてくれるのかな。

とりあえず無事踊りきれたことは良かった。
身体にさえ何もなければもういいです。
まあ、何もないことも前から決まってるんですけどね。

やっぱり先の見えないお話が読みたいかなあ。
今となっては本編終了からのブランクが惜しすぎる。




[PR]
by teri-kan | 2017-12-18 13:53 | 漫画(SWAN) | Comments(2)

「SWAN」ドイツ編 その13

「SWAN MAGAZINE Vol.49 2017年 秋号」を読みました。
ま、まるで進んでいない……。



半分おさらいの回、な感じでしょうか。
ドイツ編だけでなく、本編からのおさらい。
個人的にはこういうのいらなかったけど、よく考えたら皆さんそこまで過去のこと覚えてないですよね。
私は死ぬほど本編を読んでたので、我ながら恐ろしいほど本編の記憶があるのですが、ほとんどの方は「軽く覚えてる」ってくらいかもしれませんし、「愛の伝説」やNYの頃の説明は、確かにあった方が理解の助けにはなるでしょう。
そういうことをふまえた上での今回の舞台だよと。
「オテロ」はバレエだけにとどまらない、彼らの人生の集大成なんですね。

好みとしてはあんな風に心情を一から十まで説明されるより、ストーリーの中でさりげなく表現してくれる方が好きなのですが、でももう最終回も見えてるし、こういう一気に種明かし、みたいなことも仕方ないのかもしれません。
欲を言えばもっと「オテロ」の舞台に絡ませてもらいたかったですが、それをすると「森の詩」並みのページ数になってしまうかな?

レオンの子供時代の心情は想像していた通りで、以前にも書きましたけど、自分の好きなものがママは大嫌いだったという、かわいそうな少年時代でした。
レオンが真澄の図太い強さを好きになるのは、なんとなくわかるかも。
真澄の図太さは妙な説得力を持ってるので、自己主張の強いレオンには合ってるというか、うーん、なんだか強烈な我が道を行くタイプの二人ですねえ。

今回実際に舞台が始まって思ったことなんだけど、レオンを主役とした「オテロ」をやるのだから、ドイツ編の主人公ってレオンなんですね。
デズデモーナも主役だけど、ストーリーの中心はオテロだし、オテロの内面をどう表現するかで全てが決まる。
レオンがドイツ編でどのような脱皮を遂げるかでお話が決まる。
ドイツ編ってもしかして蛇足だったのかな?と、実はちらほら思わないでもなかったんだけど、確かに必要なことではあったなあと、今回思いました。

ただ、イマイチ乗り切れないのはあって、で、その理由なんですが、今まで「ここで妊娠がくるのかー」とか、いろいろ書いてきたけど、今回改めて気付いたのは、どうやら自分、クリスが救われようがどうなろうが、かなりどうでもいいみたいなんですね。
真澄・レオンと同等の内面描写ページを与えられてるクリスを見て気付かされたんだけど、彼の子供時代の話とか、割とホントにどうでもいいのです。
イアーゴとクリスの心情がどうシンクロするかとか、そこまで詳しくやってくれなくてもいいというか、すごく薄情なこと言いますけど、ポッと出のクリスに思い入れって全然ないんだなー。
すみません、冷血で。

まあ、難しいところではあります。
クリスをしっかり描かないと、レオンと真澄になんでああも絡むのかわからないままになるから。
絡まなければレオンと真澄が抱える問題が表に出てこないし、クリスは必要で重要ではあるんですよね。

でも、やっぱり基本的にはどうでもいいんだ。
同じロイヤルでいうなら、シドニーがこれからどうなるのかは気になるけど、クリスはね、やっぱり思い入れの重さが違いますよね。
全然クリス本人に恨みはないんですけどね。



そんな感じの今号の感想でした。
次回で舞台は終わるのかな?
なんかもう終わったらすぐ入院みたいな、そんな雰囲気ですね。
無茶やってるよなあ……。




[PR]
by teri-kan | 2017-09-21 11:01 | 漫画(SWAN) | Comments(4)

「SWAN」ドイツ編 その12

「SWAN MAGAZINE Vol.48 2017年 夏号」を読みました。

うーん……仕上げ段階なのがアリアリと。
最終回が来るんだなあ。



なぜクリスの心がそこまで読めるのか!?というツッコミどころはあるけれど、母性のなせるわざと解釈すればいいのでしょう。
母の愛がクリスを救った、みたいな。
デズデモーナの愛の根源もそれで、真澄の今の踊りになってるとのことだし。

なんでこんな時に妊娠しちゃったんだと思ったけど、今このタイミングだからこそ究極の愛のデズデモーナが生まれた、みたいな感じでいいのかな。
ラウラを抑えて選ばれた理由としては説得力があると思います。

今回のレオンは「そりゃそうだよね」と、こっちも納得のレオンでした。
ストップかけるのが、まあ普通。
結局押し切られちゃうけど。
この二人はこれからずっとこうなんじゃないかな。
真澄に押し切られ続けるレオン。
昔は真澄の方が振り回されてましたけどねえ。
真澄の才能にレオンが惚れ込んじゃってるからしょうがないですね。



「終わりなんだなあ」ということばかりが心をよぎった回でした。
ノイマイヤーの評価は既に得てるし、無理して踊らなくてもいいんじゃない?と思うけど、華やかに踊って最終回、の方が綺麗ではあります。
何もかもが上手くいって大団円。
今となってはそれを望むかな。
ええ~?できすぎ~(笑)と思えるくらいのハッピーエンドが、心残りもなくて良いなあ。



[PR]
by teri-kan | 2017-06-16 22:07 | 漫画(SWAN) | Comments(2)

「SWAN」ドイツ編 その11

「SWAN MAGAZINE Vol.47 2017年 春号」を読みました。

もう少し続きそう?
前号を読んだ時はこのままサクサク進んでサーッとメデタシで終わるのかなあと思ったのですが、どうもそういうことにはならないような。
二人大丈夫だろうか。
踊れないってことになりそうな空気がぷんぷんと。
かといって代わりと言ってもラウラはともかくフレッドですよ。
なんかもう、舞台大丈夫?な雰囲気ですねえ。
バタバタしすぎです。

クリスはまだ悩みの中なのかー。
レオンがオテロをやると見込んでイアーゴ頑張ってたというのが、すごいのかどうなのかわけわからん。
一筋縄ではいかない子ですねえ。
精神状態で踊りが変わるというのは納得です。

簡単に大団円にはならないということで、そりゃそうだよねと納得したんだけど、別に真澄達に不幸になってほしいわけじゃないから複雑な気分です。
でもあまりに順調にいくのもね。
ここに辿りつくまで大変だったのはわかるけど、どうしてもぬぐえないご都合的なトントン拍子。
才能があるってそういうことだと言われればそうなんだけど、成功へのプロセスにどこか落ち着かない気持ちになっています。

早く舞台が始まってくれないかなあ。
(一応まだ二人が踊れると思ってます。)
この二人が踊ったらプラスアルファですごいことになるということを、もうさっさと広く世に知らしめてしまえ~。

ダメならダメで、ラウラとフレッド頑張れ。
そうだ!
真澄とはイマイチだったけど、ラウラと踊ったらフレッドもあら素敵、になればいいんだ。
今更な展開だけど、相手を上手に見せるリリアナパターン再び。
正反対の天才タイプって主人公の対極に必要だよね!

なんにしろ来号です。
今回はとりあえず穏やか。
(フレッドとクリス除く。)



[PR]
by teri-kan | 2017-03-22 00:25 | 漫画(SWAN) | Comments(0)

「SWAN」ドイツ編 その10

「SWAN MAGAZINE Vol.46 2016年 冬号」を読みました。
次回が最終回でもおかしくないような、そんな展開。
盛り沢山で、話が一気に進んだ感があります。
予想はしていたけど、やはりこうなるのかーと、残念なような納得なような、なんとも言い難い感慨が起こっています。

エドがこんな悲しいことになるとは(涙)って感じなんだけど、やっぱり真澄が主人公だから、真澄のお相手がお話の中で優遇されるのはしょうがないんだな。
まあレオンも既に主役のようなものだけどさ。

ノイマイヤーに合うのはエドじゃなくレオンの方だったってことで、そりゃレオンはノイマイヤーに心酔してたからそうであって然るべきなんだけど、うーん、この残念な感じ、どうしてくれよう。
私は結構本気でエドと真澄の踊りを楽しみにしてたんだ。

別にレオンと踊るのはいいんだけど、たまには新鮮な気分になってみたかったな。
レオンとの結婚が前提のドイツ編で、他の男性と踊って新鮮な気分に、というのは変だけど、でもエドと踊ってほしかった。
でもエドだって完全無欠ではない。
合う合わないがあってもしょうがないよね……。

なんだかエドはすっかり良い人なんだなー。
やさしくて良い人。
NYの頃の印象は、口数少なくて己に厳しく、他人にもちょっと厳しい、だけど誠実な人、だったんだけど、今は本当に本当にただ優しい。
うーん、やっぱり草壁さん化してるよね。
普通に優しい良い人です。



次回はまだ大丈夫かなと思うけど、その次くらいは最終回を覚悟しないといけない雰囲気になってきました。
ホントにあともう少しなんでしょうね。
終わったら寂しくなります。
なので次はセルゲイエフ先生の話が読みたいな。
近況を知らせてくれるだけでもいいので、せめてどこかで登場してくれればと思っています。




[PR]
by teri-kan | 2016-12-21 08:56 | 漫画(SWAN) | Comments(2)

「VSルパン」3巻

さいとうちほのアルセーヌルパン漫画第三弾。
「カリオストロ伯爵夫人」が完結し、短編の「結婚指輪」他が収められています。

「カリオストロ伯爵夫人」は普通に面白かったですね。
うまい具合に良いところで一旦終わらせています。
ナイスだなと思ったのはその次の「結婚指輪」と、「カリオストロ伯爵夫人」のエピローグ的な「ルパン誕生」。
この2つは素晴らしい。
ルパンを少女漫画にするならこれくらいの改編脚色をしてくれなきゃね! と言いたいくらいの出来栄えです。

クラリスがいいんですよね。
自分の意志と感情をきちんと持ってる素敵な女性です。
原作のクラリスはここでも書きましたが、ルブランの記述が少なすぎて、ちょっととらえどころがないんですよね。
でも「VSルパン」のクラリスは可愛らしくて素敵で、ちゃんと結婚生活してて、ホント微笑ましい若奥様。
でもだからこそ最後のあれが一層悲しかったりする……。

とはいえ、それも含めて良く出来たストーリーでした。
面白かったな。
「結婚指輪」であんな風にルパンがそもそものところから関わっていた、という設定も良かった。
ちょっと本人ビックリ。
いやー、色男はつらいね!

そして何より、奇厳城にルパンが辿りつく物語を作ったことに拍手!
この発想はなかった。
ホント面白かったです。
これを「カリオストロ伯爵夫人」のエピローグ部分と合体させた技も良かった。
まさしく「ルパン誕生」。
ルパンの精神的な部分と、超人的な力の源の部分と、どちらも手に入れてこその「ルパン」だということ、きちんと押さえてて満足できました。

次はどのストーリーでいくんでしょうね。
少女漫画ですからやっぱりそれっぽいお話をチョイスしていくことになるのかな。
年齢でいったらネリーやソニアだけど、この際順番は抜きにして、オーレリーとか出てきてくれたら嬉しいな。
「緑の目の令嬢」自体が洒落たお話なので、このマンガの雰囲気にも合ってると思うし、結構いいんじゃないかな。
オーレリー、好きなんですよねえ。
まあみんな好きだから誰がきてもいいんですけどね。



ところで、奇厳城の謎ってルイ14世が関わってて、このマンガでもチラッとルイ14世が出てくるんだけど、「マスケティアーズ」を見て以来ルイ14世がどうも他人に思えなくて、「まあまあこんなに立派になって」とか「ひどい政治はするなよ」とか、いちいち思ってしまって由々しき状態です。
うーん……親戚の子くらいの感覚はあるかなあ(笑)。

あれだけ赤ちゃん時代を見させてもらったらやっぱりねえ。
高熱が出た時はこっちも心配したもんだよと、なんとなくしみじみしてしまうんだから恐ろしい。
なんかもうホントに親戚のおばちゃん状態だわ……。




[PR]
by teri-kan | 2016-10-19 10:40 | 漫画 | Comments(2)

「クリスタル・ドラゴン」その9

なんと、27巻が出ました。

雑誌の連載を時々立ち読みしてるのですが、ホントに毎月の進みがちょっぴりで、「こんな亀の歩みで一体いつになったら終わるのやら~」な気持ちにさせられるのだけど、亀でも何でもとにかく歩いていたらいつかは目的地に到達する、中継地点に到達する、ということで、この度めでたく最新刊の発売となったのでした。
いやー、めでたい。





感想
[PR]
by teri-kan | 2016-10-03 10:56 | 漫画 | Comments(0)