タグ:玉木宏 ( 6 ) タグの人気記事

玉木のヴァルモン

「危険な関係」
原作:ピエール・ショデルロ・ド・ラクロ
脚本:クリストファー・ハンプトン
演出:リチャード・トワイマン
主演:玉木宏

只今東京で上演中。
来月は大阪で上演予定。



見てないし見に行く予定もないのですが、できれば見たい気持ちはある。
玉木のヴァルモン。
いいじゃないですかー。
これぞ玉木の色気の正しい使い方。

玉木を「日本のジェラール・フィリップ」と勝手に思ってる身とすれば、ヴァルモンを玉木が演じるのは至って正しいことなのです。
なぜ玉木をジェラール・フィリップと言うのか?というのは、できれば以前の記事をご覧下さい。
そこでも書きましたが、玉木の色気は人々を幸福にするものなのです。
とても質が良いのです。
古典作品の男前を演ずるのにピッタリなのです。

もちろん玉木は現代日本人なので、ラクロの描いた18世紀末の貴族でもなければ、ジェラール・フィリップの演じた50年代のパリ上流社会の人間でもありません。
しかし現代風のエロさを表現しつつも(写真と映像をちらっと見たけど、かなりサービスよさそうだ)、確かな品があるのです。
ていうか、舞台を観てないので完全な憶測だけど、品があるはずなのです。
やってることは下品だけど品があるという男。
ヴァルモン玉木、きっと良いと思います。

映画はジェラール・フィリップとジャンヌ・モロー出演のものも、グレン・クローズとジョン・マルコビッチ出演のハリウッド版も観ましたが、昔すぎて内容を覚えていません。
原作も読んでません。
だから玉木がヴァルモンに合うはずだというのは、ホントに「ジェラール・フィリップがやってたから」という理由だけです。

で、今回改めて思ったんだけど、ジェラール・フィリップは玉木の今の年齢よりも前に亡くなっちゃってるんですよね。
ホントに早すぎる死でした。
「危険な関係」は亡くなったその年の作品なのです。
「ああ、この時はもう病気だったんだ、もう死は近いんだ」と思いながら映画を観た気がします。

それと比べると、玉木は公開ゲネプロの映像を見る限り元気いっぱい。
あの体で元気じゃないって言われた方が驚く。
健康なのはありがたいことです。
玉木の色気はありがたいものだから、観に行けない人のためにも津々浦々お届けしなければ。

というわけで、いつかテレビでやってくれないかなーとか思ってみてみたり。
無理を承知で言ってますけど、放送してくれたらうれしいな。

もちろん舞台自体がつまらなければダメですが。
肝心要はそこなので、好評だったらいいなあと、切に願っております。




[PR]
by teri-kan | 2017-10-16 11:55 | その他のエンターテイメント | Comments(2)

玉木がヤバい

大久保暗殺によるアレコレで盛り上がった先週金曜日の「あさが来た」。
まさかこの状態で正月休みに入るのか!?と思いきや、土曜日の15分で綺麗にまるっと解決。

あさと五代様はこれっぽっちも色っぽい雰囲気にならないんだなー。
まあ元々あさはそういう子で、新次郎さん投げ飛ばし事件を見てもお色気ムード感知アンテナが壊れてるというか、とことんすっきりさっぱりあっさりぽんなおなごはんなんですよね。
ある意味安心というか、うめもその辺結構承知してるというか、心配でたまらんのは新次郎さんだけってことなんだけど、その肝心の新次郎さんがですね、金曜日は良かったのですよー。

三味線弾いてる時の顔が絶品でしたね。
普段の柔和な新次郎マスクが剥がれて、内面丸出しの素の新次郎さん。
ふゆと亀助の前では自虐的で、素直に不安を表に出してるように見えたけど、不安は不安でも実際はそんなもんではないという、ドロドロがにじみ出んばかりの顔。
それでいて三味線を弾いているがゆえに抑制されていて。
うーん、たまらん。
あれはホントいい顔だったなー。

誰も見てなければこんな表情で弾くんだなあ。
唯一その場で聴いてるよのさんは後ろに座ってますからね、正面から顔を見てる人は誰もいないわけですよ。
そうした時に表れる素の感情があれというのは、なんつーか、こう、見てはいけないものを見てしまったような気にさせられて、テレビの前だと言うのにハラハラドキドキ。
何度も言うけど、ホントいい顔だったなー。

……マズい。
このままでは玉木のファンになってしまう。
いや、なればいいんだけどさ。
にしても玉木の新次郎さんには絶えずワクワクドキドキさせられるなあ。
表情の一つ一つが何を語っているかまるわかりで目が離せない。
人の気持ちがわかる優しい人だから人当たりがよいけど、人の気持ちとは別に自分の気持ちだって当然あるわけで、そこの内心のせめぎ合いが見ていてホント面白い。

玉木、演技上手かったんだなあ……。
前にも書いたけど、ロマンティックコメディをどんどんやってくれないかな。

というより、これから一週間「あさが来た」がないのが寂しい。
来年はどういう展開になるんだろう。
加野屋もお父さんが亡くなりはって雰囲気が変わったし、古き良き太平の江戸時代はすっかり遠くなりにけり。

どういう展開になっても新次郎さんとあさが仲良くやってくれたらいいなあ。
んで、新次郎さんはいつまでも男前で。
できれば感情をそのまま誰かにぶつけてみて。
いろんな新次郎さんが見たいから、いろいろやってくれたらうれしい。

玉木、がんばれ。
よろしく玉木。
最後まで素敵な新次郎さんでお願いします。




[PR]
by teri-kan | 2015-12-28 01:17 | 朝ドラ | Comments(0)

玉木の色気

朝ドラ「あさが来た」の新次郎さんがすごいんです。
新次郎さんというより玉木宏なんだけど。

あの色気はいいねえ。
玉木の色気は視聴者を幸福にする色気だな。
王道で正統派の色気。
アウトロー系じゃない、品と安心感のある色気。

ロマンティック・コメディに向いてるんですねえ。
「のだめカンタービレ」の玉木も良かったけど、あの頃はまだそこまでは思わなかった。千秋先輩というキャラがいいんだと思ってた。
でも新次郎さん見てると玉木の良さがよくわかる。
大人で品良くて愛嬌があってほんのちょっと憂いがあるという、結構難しい役どころをあの色気で軽快に演技。
ホント素敵だわー。
毎日毎日楽しいねえ。

こういうタイプの俳優がもともと好きなもんで、かなり喜んでます。
日本人の役者でこういう人、今までいたかな?
あまりドラマ見てないんでわからないんだけど、嫌みなく王子様系の役ができる俳優さん、いたっけ?

外国人だったら、もう断然ジェラール・フィリップとかヒュー・グラントなんだけど、ああいった幸福感を与えてくれる陽性の王子様系俳優の系統に玉木は入ってるんだなあと、今回の朝ドラは感じさせてくれました。
品が大事なんだよね。
新次郎さんは所作が綺麗だし、それが玉木はさまになってるし、とても目に良いです。

本人はイヤかもしれないけど、こういったドラマに定期的に出てくれたら嬉しいかも。
良質なロマンティック・コメディがどんどん増えてくれればと思います。
負を強調するようなドラマじゃなくて、見ていて幸福になれるようなもの。
玉木の色気は大変有り難いもののような気がするので、できるだけ有効活用してほしいなあと、新次郎さん見ていて思いました。



ドラマ自体は良いテンポで進んでて、藩士からではなく町人から見た幕末を楽しんでいます。
大河ドラマでは長州とか薩摩とかを中心に、政治の変化から幕末を見てばかりだったけど、町人の生活から社会の変化を見るというのは面白い。
とても新鮮です。

あさと新次郎さんがどんな夫婦になるのか、これからとても楽しみですが、あさはあの調子で真っすぐ時代の荒波を泳いでいくんだろうと想像つくけど、新次郎さんはちょっとまだ謎。
ゆらりひらりかわしながら波に乗っていくのかなー。
できればあの調子で色気振りまきながら乗っていってほしいなあと思いますが、どちらにしろ毎日新次郎さんを見れるのは間違いないし、これから3月まで毎日楽しくていいですね。
[PR]
by teri-kan | 2015-10-19 01:41 | 朝ドラ | Comments(2)

永遠に不滅です!

大河ドラマ「平清盛」はとうとう源平の戦いに突入。
賀茂川での対決は大量の矢が映画並みに降ってきて、「ちょっとこれは大げさすぎるんじゃ」と思わないでもなかったですが、圧倒的な戦力差はよくわかりました。

源氏側のまんまとしてやられた感、悲しいものがありましたね。
まあ、焦らし作戦にはまったり帝を奪われたり、空回りな雰囲気プンプンだったのですが、所詮義のない信頼一派、分裂も絵に描いたように無様でした。

二条帝派のお公家パートはギャグ丸出しだったなあ。
あれはあれで面白いけど、なんだか無性に摂関家がなつかしいぞ。
威厳が足りないというか、個人的に威厳渇望症ですよ。
白河院のような重石が欲しい。重々しさプリーズ!

だけどそんな重石がないからこそ乱が起こるわけで、この重石のなさゆえの世の定まらなさがなんか気持ち悪いというか、この時代はどうしようもないねって感じです。

当時生きてたら不安でしょうがなかっただろうなあ。
仏門に入って救いを求めたくなるのもわかるというか、まだまだ平治の乱は序の口だけど、「方丈記」の冒頭がなんか身に沁みますわ。

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」

妙に悟るしかなくなっちゃいますよねえ。
お公家ギャグパートを見ながら「方丈記」に思いを馳せるのも変な感じですけどね。



宮廷工作は義朝より清盛の方が上手でした。
信頼があまりに浅かったのが敗因ですが、結局義朝は戦う才しかなかったって感じですかね。
でも信頼を罵倒し、鎧を押し付けるところは良かったです。
兜かぶってべそかいてる信頼の姿はいい感じでした。(史実は残酷ですけどね。)

帝救出作戦はちょっとモヤモヤが残る。
中を覗かれた時に「あれぇ」くらい言ってくれたらよかったのに。
なんのためにあの声の持ち主を二条帝役に起用したんだ。
せっかくの女声が無駄になってるじゃないか。

源氏の息子は3人とも良かったと思います。みんな頑張って戦ってました。
平家の息子も良かったです。
宗盛はまあ……あれはあれとして、重盛はさすが。今から「惜しい出来のいい嫡男」のオーラが漂っています。
息子達の一騎打ちはなかなかだったのではないでしょうか。特に長男同士の戦いは良かったです。
名乗りのあげ方もよいですね。変な言い方だけどバカには戦は出来ないな。

父親達の一騎打ちは、戦い自体はあれで良いと思うけど、終わらせ方があんなんでいいのだろーかって感じ。
本来なら義朝が負けそうなところで家臣の邪魔が入るのがお約束だと思うんだけど、清盛が完全に勝っちゃいましたからね。戦略で負けて、個人の武でも負けて、義朝のプライド木っ端微塵になっちゃって、それ以上追い詰めることが出来なかったってところがもしかしたら清盛の甘さで、これが頼朝助命の流れになっていくのだとしたら「源氏を滅ぼす!」と言ってたのはなんだったんだって感じだけど、まあ仕方ないのかな。なんだかんだでこの清盛は甘い人だし。

ただ、そろそろ厳しさが欲しいかなあ。
それは松山ケンイチの演技的にってこともあるんだけど、若年の清盛では許せたところが、そろそろ完全に合わなくなってきていて、特にしゃべり方はどうにかした方がいいと思うんだよね。
基本的に朴訥とした声で、洗練された感じが薄いんだ。言い方変だけど玉木義朝の方が都会的というか、清盛にはイマイチ都会っ子らしさがない。

もうちょっと声で演技できないものかなと思います。
これからは重々しさも必要になるし、なんとか頑張ってもらいたい。



「源氏は不滅」と言われて「巨人軍は永遠に不滅です」を思い出した私は古い人間なんでしょう。別にリアルタイムで聞いたわけじゃないけど、不滅と言われたらなんとなく長嶋さんが浮かぶ。
でも「方丈記」じゃないけれど、不滅なんてものはありゃしないんだよ義朝、と言ってやりたいかな。あれがあの場で振り絞った最後のプライドだったとしても。

まあ「不滅だ」という強い念があったからこそ後の大逆転につながったと言えるのかもしれないし、鎌倉将軍家は絶えても源氏の名はありがたがられるところまで地位が上がったし、口に出して言った甲斐はあったのかもしれない。
親兄弟を殺し、息子も家臣も多く死なせて、ある意味義朝は独りよがりだったけど、徹頭徹尾、源氏のプライドだけは揺るがなかったなあと、振り返って思います。
プライドのある男はいいですね。玉木義朝は見ていてとても清々しかったです。
[PR]
by teri-kan | 2012-07-10 10:43 | 大河ドラマ | Comments(0)

エキセントリックもののけ

今週の「平清盛」は「もののけの涙」でした。

「もののけ」と一言で言っても意味はいろいろ。
そのためイメージは漠然としていて、でもそれが何を指しているかはわかる。
かつての璋子は鳥羽院にとってもののけで、かつての白河院は信西(阿部サダヲ)にとってもののけで、自分と違う思考回路を持つ理解しがたい不気味な人だったり、自分の感情のままに振る舞って災いを振りまく人のことだったりしました。

このドラマではもののけの根は白河院にあって、その血を清盛もひいているというのが物語の根底にずっと流れてるのですが、愛に対してあそこまでエキセントリックになる清盛は、うん、確かに王家の血筋かも。
天皇のお仕事は、乱暴な言い方してしまえば結局「愛」で、誰を寵愛し、誰に子を生ませ、誰を立太子させるか、それらが極めて重要で、その仕事はどうしても「愛」に左右されるものだから、院や帝が過剰に愛に支配されても無理からぬことではあるのです。
そして清盛は確実にその血をひいている。
家の繁栄のために結婚した忠盛や家盛には、ここまでの破壊衝動は理解できないかもしれないですね。

忠盛の目が怖かった……。
それまで舞子の子であったはずの清盛が、あの瞬間に白河院の子になってしまったか。
叔父・忠正の危惧は大当たりだったかもしれないという展開ですね。

璋子の方は愛を知ってもののけじゃなくなったんだけどな。
白河院の呪縛から抜け出せてやっと人間になれたのに。
時既に遅しだったけれど。



今回も出てくる子供が皆よかったですね。
近衛帝、超カワイかったー。
なごめたのはお子様が出てきたシーンくらいかな。あとはもういくつもの小さな川が合流地点に向かって速度を増してる感じで、王家も平家も源氏も摂関家も、荒れる急流の川下り開始間近です。

義朝……立派なヤクザになって……(感涙)。
でもそれでいい。家来の邸は自分のもの。家来の娘は自分のもの。源氏は兄弟仲の悪い子だくさんのイメージがあるけど、それもさもありなんという種のばらまきぶりだ(笑)。
純愛一直線、妻一筋の清盛とは大違いで、ワイルド玉木の「愛?和歌?ナンだそれ。食えねーし」的な即物的行動はよかったですね。

崇徳院は……もうお気の毒としか言いようのない境遇で、ほんの少しかいまみせたアグレッシブ崇徳院がかえって哀れを誘うくらいの騙されっぷり。
コケちゃうんだよ、御簾の内とはいえ臣下の前で(涙)。無様にすっ転んで、口惜しさに身を震わせて、「なーーりーーこーーおおおお」(涙)。
しかもこんなのまだ序の口で、これからもっとお辛い目に合われるという……。
ああ、もう、お可哀想にねえ。
どうすりゃいいんだか、本当に。
ナンマイダブナンマイダブ。



というわけで、今週で明子退場。
残された子供達と清盛が可哀想な回でした。
清盛と明子、いい夫婦だったし、好きだったな。
明子といる時の清盛の好き好き幸せオーラがほとばしってる様が好きでした。

来週はいよいよ璋子かあ。
白河院が死して尚存在感を際立たせていたのは、ひとえに彼女の存在があったせいですが、これでまた情勢が変わりますかね。
政治的に変化はなくても、鳥羽院はどうなってしまうのか。
なんかますます権力の権化になりそうで怖いなあ。
[PR]
by teri-kan | 2012-03-19 15:18 | 大河ドラマ | Comments(0)

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(2009) その2

ドラマしか観ていなくても十分楽しめる映画ですが、ドラマ同様原作ファンが存分に楽しめる作りになっていますね。要求が多いであろう原作ファンも、これなら満足できたのではないかと思います。
特に前半は漫画の良い所てんこ盛りで、あまりにピッタリだったニッサン・トヨタ君とか、ヤギの目をするのだめとか、スカートめくれてパンツ丸出しとか、笑える場面の連続でした。
私はバソンのポールが大好きなんだけど、なぜ彼が関西弁なのか、漫画を読んでる人にはちゃんとわかって、その辺の細かさもいい。カレー事件も毒々しい感じが上手く出ていて、ああいった一つ一つが期待を全く裏切ってませんでした。

変態の森も良かった。さすが映画! 大画面で変態の森が味わえるなんて素晴らしい。
マングースは「トルコ行進曲」でも白目むいて大活躍で、ああいうのだめの脳内世界がきちんと表現されていたのも良かったです。

とはいえ一番印象的だったのはのだめの可愛らしさで、とにかくすることなすこと魅力的で驚きました。
上野樹里はすごいですね。玉木は想像通りで普通にカッコよかったけど、彼女には今回感心し通しでした。
あ、松田様もよかったなあ。「ぼろボレロ」を聴いて笑ってる顔が最高でした。あの顔だけで彼はOK。

バソンとファゴットの違いをきちんと説明するところなんかは音楽に対する敬意を感じて好印象。
あれはカットされても仕方ないと思うんですよ。ストーリーの筋からは本来外れてるものだし、実はあれを映画で説明してくれるとは思っていませんでした。
まあポールを出すならバソンについて触れないわけにはいかないのだろうけど、でもポールをチャド・マレーンが演じるなら「ヤキトリオ」も見てみたかったなあと贅沢な望みを抱いたりもします。
原作ファンの欲求は限りがないですね。でもこの映画はそれを可能な限りかなえてくれているので文句は言えないな。



一つ残念なところは、のだめと距離を置くべきだと千秋が決心した理由がちょっと曖昧なこと。
原作では離れる理由が大きく千秋側にあって、だからこそ千秋から出て行くことになるのだけど、映画ではのだめ側の離れなければならない理由に重点が置かれているので、千秋の決心が唐突に映るのです。
もうちょっとそこに至るまでの過程を丁寧に描けてたらよかったかなー。そうすればもっと説得力が持てたと思う。

まあ千秋の心については後編のお楽しみといったところでしょうか。
全体的には大満足の前編だったし、後編も期待しています。
[PR]
by teri-kan | 2010-01-14 10:59 | その他の映画 | Comments(0)