タグ:邦楽 ( 32 ) タグの人気記事

最近のニュースいろいろ

スポーツ、政治、芸能。
毎日いろんなことが起こってます。





アメフトと北とヒデキ
[PR]
by teri-kan | 2018-05-18 09:59 | 事件・出来事 | Comments(4)

小室哲哉引退

不倫疑惑が出ていましたが、本日謝罪会見の場で引退を発表したそうです。





More
[PR]
by teri-kan | 2018-01-19 16:35 | 音楽 | Comments(0)

紅白歌合戦だけのせいじゃない

今年もよろしくお願い致します。

大晦日。
案外普通の紅白でしたね。
司会も安定してました。
前回の相葉君に比べたら二宮君の負担は減っていて、ウッチャンに全てがかかっていた感じ。

前半は日本の景気の良さを感じました。
バブリーなダンスはもちろんだけど、他の曲も演出というか歌自体が、なんだかここ最近と比べると明るくなってた印象。
でも好景気とは無関係な人も日本にはいるわけで、社会の一体感という意味では、上手くいってない方が案外共感しあえるものなのかもしれないと思いました。
経済が好調だからこそ取り残されてる感が強まり、分断が深まるというのは、もしかしたらあるかもしれない。








続き
[PR]
by teri-kan | 2018-01-09 15:31 | 音楽 | Comments(2)

安室奈美恵のNHK特番

他人事とはいえ、引退後に何をするのか、ちょっと気になる。

「とにかく歌(とダンス)が好きなんだろうなあ」と思いながらずっと見てたので、それをやめてしまうというのが、いまいちピンときません。
歌わなくても平気なんですかねえ。
もう十分歌い切ったってことなのかな。

休止じゃなくて引退ですから、今後公の場で歌うことはないとみていいんでしょう。
もったいないというか、うーん、ステージで歌うこと自体は彼女にとってそこまで生き甲斐ではなかったというか、生きることそのものではなかった?
歌うために生まれてきた、みたいな感じで見てたけど、どうやらそうではなかったようです。

稀有な才能を与えられた人だと思うんですよね。
ここまでスター性と実力を兼ね備えてる女性アーティストは、日本にはそうはいない。
女性で珍しく息の長いアーティストになれるだろうと思ってたので(演歌歌手の息の長さは別)、やはり残念ですね。

特番を見てて思ったんだけど、あまり芸能界向きの性格ではないんですね。
幼少期に苦労しただけあって根性はとてつもないですが、もしかしたらホントにその根性だけで芸能界を渡ってきたのかもしれない。
となると、適当なところで引退を考えるというのは、あり得るかなあ。
ただ、個人的にはそれでもステージで歌いたいという気持ちの方が勝るだろうと思ってました。
こういう才能って、個人の意思とは別のところで個人の心を動かしてしまうものだと考えてたので。

そういう才能を与えられたアーティストだと思ってたのだけど、うーん、繰り返すけど、そうじゃなかったんだなあ。
いやホント、引退後は何をやって生きていくんですかねえ。



番組自体は懐かしい歌がたくさん流れて楽しかったです。
見ててつくづく思ったんだけど、昔からスタイルがちょうどいいんですよね。
普通の子よりも手足が長く格好良く、モデルほど人外ではない。
憧れて真似るのにちょうどいい。

思えばアンチって昔からあまりいなかったような気が。
たくさんいてもおかしくないほど売れまくりましたが、その辺は本人の人柄ですかね。
結婚についてはいろいろ言われたような記憶があるけど、「この絶頂期に妊娠かい!?」っていうのはあっても、別に不祥事というわけじゃなかったし、全体的には「ま、いいんじゃない?」的だったような気が。

相手がSAMだったのもそんな雰囲気にしてた要因だったような気が。
ていうか、個人的にはSAMに対して「何やってんだよ!」だったですね。
妊娠させてんじゃねーよ、みたいに思った人は多かったと思います。
でも安室は超幸せそうだったので何も言えない。

おお、なんか古い記憶が呼び起こされていく~。
今と違って昔は安室もいろんな話題がありましたね。
最近はスキャンダルもなく、安定的に活動してるというイメージでしたが、そういえば昔はホントにいろいろあったのでした。



小室プロデュースの曲を歌うことになった時、「他の人は売れてるのにもし売れなかったらどうしよう」って心配してたという話が、個人的には面白かったです。
上り調子の安室人気に(言い方悪いけど)小室から寄ってったと、当時は勝手に考えてたので、売れないわけないって思ってました。
ずっといい曲を提供され続けてたと思います。
今から思えば当時はウソみたいに売れまくってましたねえ。

やっぱりもったいないな。
でも本人の意思は固いし、なんだか表情もスッキリしてたし、心残りは全くないんでしょう。
番組の中の彼女はとても素直で謙虚な、誠実な女性に見えました。
残りの活動期間、悔いなく務め上げてもらいたいです。




[PR]
by teri-kan | 2017-11-24 15:30 | 音楽 | Comments(0)

B'z の思い出

以前「Eat The Rich」について書いてから、エアロスミスの曲を聴いてたんだけど、聴いてるうちにB'zを思い出したので、ちょっとつらつら綴ってみる。





More
[PR]
by teri-kan | 2017-07-03 13:33 | 音楽 | Comments(0)

80年代のバンド

先週スマステで80年代のバンドランキングをやってました。

スマステの音楽関係のランキングって時々見るけど、いつも突っ込みどころ満載で、今回もかなり謎な結果に。
一体どういった形で票を集めてるんだろう……。




More
[PR]
by teri-kan | 2017-05-12 09:16 | 音楽 | Comments(8)

「Get Wild Renewal」

こんな記事が出てました。

TM NETWORKファン感涙! 新アルバム「GET WILD」だけ33曲

すごいですね。
内容を見るとライブ・バージョンが数を稼いでて、なるほど、確かにそれなら30くらいいくかなと思いました。
小室のライブアレンジはカッコいいので、個人的にはオススメなんですが、さすがに「GetWild」ばかり続けて聴くのは苦行かなあ。
よほど好きなら別ですが、今までさんざん流れた曲を繰り返して聴くというのは、結構悩ましい。
飽きて嫌いになったら残念すぎるし、聴き方を工夫しないといけません。

この曲は青春の曲(笑)と言いますか、当時TMがとても好きだったし、すごくヒットしてたし、部屋でも聴くし居間でもビデオを流すし、親から「死ぬほど聞いた。100回は聞いた」と言われたほど聴いていました。
親が100回はともかく、親の100倍は聴いた自覚は確かにあります。
といっても、TMで一番好きだったというわけではない。
彼らには外せない曲で、何かあればお色直しされて演奏されるため、必然的に聴く回数が多くなったという感じです。

オリジナルはTMの中で特に好きというわけではなかったのですが、多々アレンジされた「GetWild」の中に一つとても好きなバージョンがありまして、それは本当によく聴きました。
「GetWild」の視聴回数ははっきり言ってそれで稼いでる。
でも今回のアルバムにはどうやら入らない模様。

というわけで、「Get Wild Renewal」という、そのバージョンを今回はご紹介したいと思います。
ただ、結構特殊と言いますか、万人にウケる曲ではない。
アルバムから洩れるのも当然。
でもある種の方々にはとてもオススメな曲と言っていいのではと思います。

ある種の方というのは、まずは小室節がとても好きな人。
そしてシンセサイザーが好きな人。
TMが好きでも木根氏と宇都宮氏のファンはダメかもしれない。
なんといってもヴォーカルなし、ギターもなしの「GetWild」です。
シンセ音だけが鳴り響く「GetWild」。

なので興味のある方、そういえばこんなのあったねと懐かしく思われた方にしかオススメできないのですが、できれば聴いてくれたらうれしいなあ~ということで、さり気なくご紹介。
気が向いたらでいいので、気が向いた時にでも聴いてみてやって下さい。
当時小室がイメージキャラクターを務め、長く使用していたシンセサイザー、EOSで作られています。

Get Wild Renewal (EOS Version) です。

うーん、懐かしい(笑)。



にしても、いつまでも「GetWild」で稼ぐなあ。
まあいいんだけど。
「シティハンター」のエンディングテーマだったのが効いてるんでしょうねえ。
好きな方が結局多いってことなんだろうなあ。




[PR]
by teri-kan | 2017-02-13 16:52 | 音楽 | Comments(0)

大転換の紅白歌合戦

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



年の初めは紅白歌合戦の話から、というのがだんだん定番化していて、今年もやはりこの話題から。
今回の紅白はネタに事欠かないスゴイものだったので、ちょっと真面目に書いてみます。




ホントにいろいろありました
[PR]
by teri-kan | 2017-01-05 15:32 | 音楽 | Comments(2)

宇多田のうた

この「うた」は、歌、唄、唱、詩……全て含む。
宇多田はやはり良いソングライターで、良い歌い手なんだなあ。

4月から始まった朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」は、宇多田ヒカルが歌ってるんですが、これがすごく良い歌なんですよ。
良い歌すぎて、変な話、朝ドラの主題歌にはもったいないんじゃないかと思うくらい。
朝から泣きそうになって困るんだよね。
前のAKBは下手で、正直どうにかならんもんかと思ったけど、上手すぎるのも参るなあ。
悲しいのに優しい歌だから、ホントに参る。

愛しい人、愛しい人、の繰り返しが困るんだ。
言葉の強さ、声の強さ、届けたい思いの強さ、それらの強さを表すのに、大きな音声や過度な修飾は必要ないんですね。
ここまで優しさと慈愛に満ちてる歌は、ちょっと久しく聞いてなかったかもしれない。

いやー、この歌がこの時期に毎日流れているというのがねえ。
朝ドラなのに悲しいなあと思って聞いていたけど、九州で被災された方には、もしかしたらとことん優しい曲かもしれない。
実際はまだゆっくり音楽を聞いたりできる状況ではないだろうけど、宇多田のこの歌には人の心を包んでくれる愛がある。
早くドラマを普通に見られる日々が帰ってくるように願わずにはいられません。

これまで宇多田は好きでもなんでもなかった自分でも、今回の復活ソングには「やっぱりすごい人なのかも」と思いました。
個人的に宇多田で一番好きなのは「Beautiful World」だけど、「花束を君に」は「Automatic」に並ぶ宇多田の新たな代表曲になるような気が。

ホント上手い人なんですねえ。
今更だよとバカにされそうですが、才能あるんだなあ。




[PR]
by teri-kan | 2016-04-20 00:01 | 音楽 | Comments(6)

ジャニーズとSMAP

芸能界って恐ろしいところだよね……。





魔窟ジャニーズ
[PR]
by teri-kan | 2016-01-20 12:31 | 音楽 | Comments(0)